ビットコインから先の『通貨の未来』を偉そうに語るよ

2017年12月、かねてから一部で大騒ぎだったビットコインがおかしなことになってます。
数日前まで1BTC = 100万円だったものがひと月も経たずに一気に200万を突破しました。一体何が起こっているのか?この先何が起こるのか?

2004年に人類の幸せな未来が見えて妄想が爆発し、一週間寝ないで色々考えた挙句、最後は気が狂って救急車で運ばれた無知な男が、それから13年間今の社会問題の根幹である(と思っている)通貨システムの事を考えて調べてきました。
この視点で今回起こっている事の概要と、これから起こる世界の変化についての予想を、既存の知識や学問に後ろ足で砂をかける勢いで好き勝手書きます。なのでつまり妄想です。本気にしたり怒ったりしないでください。でも明らかな事実誤認のご指摘は大歓迎です。

あと、後半の有料部分では一応どの通貨を買っておけばいいか的な話もしてますが、固有の銘柄は出していませんし、あくまで個人の予想なので、信じるも信じないも自己責任で判断してこの文章も暗号通貨も買ってください。

コンセプト
・一日で仕上げる
・誤字脱字気にしない
・自分視点でOK
・リンクを多く張って読んでもらった人に検証してもらえる様に
・現実に即した妄想で架空の国やシステム、人物は出さない
・特定の人物はぼやかす 〇ランプ > 米大統領 等
・特定の人たちに向けてわかる奴だけわかれ、でOK!
・特定の出来事の年代、数値、名称等は速度優先なのであいまいなままです。気が向いたらリンク張るので詳しく見てください。
・文言統一 引用部以外は 仮想通貨 → 暗号通貨

■序文 何がおこるのか?

現在の状況が続けばビットコインをはじめとした暗号通貨と呼ばれるものに世界のお金が飲み込まれます。
お金が飲み込まれると、国の財政が立ち行かなくなり、下手を打つと金融危機に見舞われる国が出ます。
一番危険を感じているのは、私自身が住んでる国、日本です。(妄想ですよ!いいですか!本気にしないでくださいね!)
それと同時に、暗号通貨にも色々ある亜種(イーサリウム、モナーコイン等)の価値も上昇します。
いくつかの暗号通貨はシステムが崩壊するか、価値が暴落します。またそれとは逆に新たな暗号通貨がどんどん生まれ、次々に価値が上昇してゆくでしょう。しかし、通貨の世界全体で見れば、世界中の法定通貨が、様々な国に紐づかない暗号通貨に飲み込まれてゆきます。
もしかしたら北欧諸国のいくつかの国、エストニア、フィンランド、デンマーク等は独自の暗号通貨を発行し、この危機をなんだかよくわからない方法でいち早く免れるでしょう。

■日本の1/7のお金が暗号通貨になっているかも。(たぶん計算間違い)

でもビットコインなんてまだまだ一部の人だけがやっている博打みたいなもんじゃね?と思っている方。
既に数億儲けた人が何人もいるそうですよ。
https://zuuonline.com/archives/181789

また既にビットコインは世界の流通量だけ見れば第6位の通貨になってます。
M0ベースってやつかな。日本銀行券発行高+貨幣流通量 そんなやつ。
https://smallbusinessprices.co.uk/bitcoin-vs-currencies/
ビットコインは 今だいたい$180 billion. billion= 十億の180倍のドルなので? 1800億ドル 日本円で約20兆円!?マジか?

そして、現在日本ではビットコインをはじめとした暗号通貨を日本円で買える取引所サービスが沢山あります。
実は私も試しに入ってみました。それで気付いた事が沢山あったのでこの文章を書いてます。
この取引所、どうもものすごい勢いで会員が増えているようです。
ここ一週間、サービスの画面表示が遅く、かなりの人がアクセスしているようです。
また、こんなデータもあります。

イケダハヤトなる人のブログでは
bitFlyer(国内大手取引所)2017年5月で会員60万人突破の情報が残ってます。
http://www.ikedahayato.com/20170822/71885898.html

取引所は少なくとも14社あります
http://investor-a.com/2527

おそらく、今まで個人で株取引やFXをやっていた人のほとんどはこちらに飛びついている筈でしょう。
長期的に見て現在まで価値は上がる一方ですから。

で、今どの位の日本円がビットコインに流れているかというとこんな感じです。
2017年10月現在世界ビットコイン取引量の60.42%が日本から
http://coinpost.jp/?p=6364
つまりさっきの棒グラフビットコインの〇一つが日本円が変換して生まれた価値です。ビットコインの価値20兆円の内6割つまり約12兆円が日本円を変えて資産になっています。
データを取った時点のタイムラグがあって正確な値じゃないですが。

ごく単純に考えてもここにある日本円のグラフの〇1個分の資産がビットコインに流れていると考える事が出来ます。
https://smallbusinessprices.co.uk/bitcoin-vs-currencies/
つまりものすごーく単純に考えると、日本円約の1/7の通貨が吸われてビットコインに変換されてます。この辺はざっくりで怪しい計算なので、良かったら誰か追従してください。そっちでまとめてくれたらここにリンク張ります。

本当はもっと少ない筈でしょうが、問題はその比率じゃなく、この流れは止める事が出来きずどんどん続くであろうという事です。

よく新しいものが世に出回るのを表す山のグラフがあります。
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwi6w8i0jvrXAhUIXLwKHfdzDXYQsAQIMw&biw=1439&bih=943
最初は、12月でアーリーアダプターと言われる全体の2.5%位の人が今暗号通貨に資本を預け始めているかも。と思ってましたが、もっと先まで、もしかしたらキャズムを超えているかもしれないですね。

------

■暗号通貨で儲けたお金はどこへ行く

さて、じゃあ、もうすぐ年末です。確定申告ですよね。ビットコイン等で得た利益はどうなるのか?

先日国税庁から仮想通貨に関する納税方法についての通知がありました。
仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf

また、
実務対応報告公開草案第53号
「資金決済法における仮想通貨の会計処理等に関する当面の取扱い(案)」の公表
https://www.asb.or.jp/jp/accounting_standards/exposure_draft/y2017/2017-1206.html

という資料もでました、こっちはまだ見てないですが、要約すると。仮想通貨、コレどうすんの?
全然出遅れてるし、このままじゃどうしようも無いよ。といった内容です。

実はこの資料を見ると取り引きのたんびに所得の計算しなくちゃいけない、とかになってます。
でも仮想通貨取引って、かなり売ったり買ったりこまめにしますよね。あと色々読んでみるとヤバい穴が沢山空いていて要するにこの計算を税理士さんや税務署がいちいち詳細にまとめてたら、税務署も税理士さんもパンクするよ。って事です。そんなブラックな状況になるなら国税局の人も、税務署の人も今すぐ廃業して、暗号通貨の投資家になった方が楽で将来得かもしれません。

そうならない為に国はどうするかっていうと、多分来年あたりに国税局がものすごい恐怖を与えてしっかり自己申告させる流れになるでしょう。この人たちは第二次世界大戦中の日本でいうと特高とか憲兵さんですね。経済という戦争の世界で不正を働いたもの、疑いのあるもの、既存の経済活動を妨害するような人には容赦ありません。
『仮想通貨で偉い儲かった!』と有名になっている人は、いくら経費をかけてもちゃんと納税した方が良いと思います。
ものすごく悪い人だ!って感じで報道されて大騒ぎされて暗号通貨怖い!って思わせる感じの情報がマスメディアでばんばん流れるかもしれないですよ。

じゃあそこそこ儲かった、お小遣いになった、という人の税金、特にサラリーマンの皆さんの設けたお金に対して、消えた日本円の税金はどこに行くのでしょうか?たぶんかなりの量の日本円は、本来の税収が取れなくなる事態になるんじゃないでしょうか?
まったくのざっくりとした所感ですが、来年発表される日本の税収はいつもより少なくなっていると思います。もしかしたら水増ししたり、へんな計算方法で発表されるかもしれません。(大本営発表ですね)

そしてこの動きは残念ながら年々顕著になるでしょう、あと数年もすれば皆、自分の財産の一部は暗号通貨として保持するようになっているのではないでしょうか?なぜなら、きちんと税金を納めたとしても、価値が上がり続けて自分にとって得な投資だからです。

■ニホンオワタ(妄想)

さて、ではビットコイン等の暗号通貨に法定通貨を吸われた国家はどうなるか?たぶんどの国も概ねこんな感じの流れになると思います。
日本を例に妄想を膨らませてみましょう。

日本政府は税金で上がった予算を元に国債を発行するんだっけ?とにかくやることいっぱいあるのに国に金が集まりません。日本政府は中央銀行である日本銀行に追加のお金の発行を依頼しますが、日本銀行はきっとお金の発行を渋ります。なぜならむやみにお金を発行すると、日本円の価値が下がるからです。やり過ぎるとインフレってなってお金はいっぱいあるけど、物の値段がアホみたいに高くなります。
例えば日本で考えるとアメリカに旅行に行った際、 1ドル = 120円 だったものが 1ドル = 1,000円とかになって、アメリカでビックマック買うと5,000円必要!?とかそんな感じになっちゃいます。

税収が上がらない国は仕方ないので赤字国債っていうのを発行して(将来我々国民が頑張って働いて税金納めてがんばりますので!)っていう約束を担保に、税金で足りない部分を補てんしてます。赤字国債は中央銀行に収められて、ひとまず新しい銀行券、日本円(という名の金融システム上の数字)を発行してもらいます。が、よく考えると根拠のない数字なのが、ついに他の国にバレてしまい。通貨の価値が暴落するかもしれません。でも実は日本はこれをもう20年位やってるんでしたっけ?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%AD%97%E5%9B%BD%E5%82%B5
http://toyokeizai.net/articles/-/199535

つまりこの状態のまま、今よりもっと税収は下がり、日本という国の赤字は膨らみます。いつか他の国が「いい加減にしろよ」とか「あいつ将来性無いからそろそろ見切り付けるか」みたいなムードになったら世界中の国や個人が持っている日本円が「これは今後価値が下がる紙屑になるから(正確には金融システム上の数字)今の内に売ってしまえ!」ってなると、ますます日本円の価値は下がります。

ちなみに日本という国は、江戸時代が終わって文明開化をした直後に幕府の財政がひっ迫して、それまで使っていた、小判とかの両、文、銭、というお金の単位や、藩札というものを文字通りご破算にして 1両 = 1円 = 1ドル といういわゆるデノミというかデフォルトみたいな事をやりました。つまりみーんな大損しています。
あと太平洋戦争後にも金融封鎖といって銀行に預けた一定以上のお金は国だか銀行だかのものになって、新しい札や硬貨?に切り替えたそうです。(新円切り替え)つまりみーんな大損しています。
つまり日本は近代で既に二度、お金に関してご破算をやらかしています。
ジンバブエとかでものすごいインフレになってげらげら笑っちゃいましたが実はあまり笑えません。

さて、国は信頼に足りる財源が減少します。日経平均株価はここの所上がってますが、正直中はガタガタな気がします。ほとんどの株は外国に買われており、日本の需要な肉や骨の部分を食い荒らされているという見方もできます。それでも一部の大企業の人は定時で帰れて年収も上がって(?)ますが、それを支える為に多くの中手企業の人は安い仕事を下請けて、低収入で残業続きのブラック企業で疲弊しています、それに支えられていた大企業もいずれ危うくなるでしょう。事実日本の大企業での長年にわたる不祥事の相次ぐ発覚は、末期症状を表しているようです。
今は、ちょうど第二次世界大戦末期で補給もロクにないままジャングルで沢山の日本兵の方が亡くなった状態と似ていると思ってます。上司は残業残業と兵隊に頭を使わせずひたすら突撃ばかりをさせます。神風特攻は月曜日の電車遅延です。政府はトリクルダウン政策というのを行ったそうですが、それこそ大艦巨砲主義で大量の飛行機に沈められました。全体を見通した経済政策、経済効果が出ていないのは、年収が低く家計の苦しい人ほど実感できていると思います。それでも株価が上がった事で大本営発表はこういうでしょう。『我キシュウニ成功セリ、ダイショウリヲオサメル』
さて、円安が極端にすすみ石油等の輸入品の価格が上がると、当然物価は上昇します。ガソリンは1L= 500円とかそういう感じになるかもしれません。電気台も跳ね上がらざるを得ません。節電が美徳となり、テレビの視聴率は下がり、消費はますます冷え込みます。皆の貯金は貧しくなるか、お金で溢れますが、いくら札束を並べても二束三文でコーヒーを買うのに札束の山が必要かもしれません。
http://www.2oceansvibe.com/2011/02/07/zimbabwean-monopoly-%E2%80%93-a-game-of-too-many-players/

さらにここで日本の箪笥貯金(78兆円)がここぞとばかりに放出されます。おそらく戦後まもなくの預金封鎖を経験していた世代の人たち、そしてそれを聞いて育った世代の人たちは、しばらくはこれで生きながらえる事ができるでしょう。おそらく聖徳太子の一万札もかなり市場に流通するかもしれません。

すると日本円での消費は冷え込む?売り買いですごい額のお金が回るから景気が良いと見える?その時の皆のフトコロ次第ですね。賃金も社会保障も安定して価格が上がれば大丈夫ですが、でもここまでの流れでそんなことにはなりそうもないですよね?、ますます国の財政も私たちの懐もひっ迫するかもしれません。

と こ ろ が です

■ニホンハジマッタ?(妄想)

さて、やっっっと本題(まじか!)
しかし日本人は結構したたかで、うまく次の波に乗れていくんじゃないか?というのが今回の妄想のキモです。

たぶんこの頃には、皆さん一人一人のスマホの中には複数の暗号通貨の数字が沢山入っていると思います。
そして同様に一部の企業には価値ある莫大な数の暗号通貨と、多数の企業にはあまり価値の無い暗号通貨のより莫大な数値を保持しているかもしれません。

金融危機の起こった日本では貿易赤字がとんでもない事になって、石油を買うのも今までの何倍もの日本円が必要になります。しかし、いくつかの先を見通せる日本の企業は暗号通貨にかなりの額を投資しており、暗号通貨で貿易を行う様になるかもしれませんが、この辺は正直まだわかりません。時代の流れをいち早く読んで、組織として投資しておければいいのですが、古い思考の人が組織の上部にいる事で、時代の流れに対応できないのではないか?といった懸念の方が大きいです。
また、価格が上昇し続ける一方の暗号通貨は資産としては価値があるのかもしれませんが、取り引きの為に使う通貨としては、使うのをためらう人が多いでしょう、なぜならその場で交換するモノより、渡す暗号通貨の方が将来的に価値が出るかもしれないので。
例えば、現在のビットコインで物を買おうと思いますか?爆上げ状態なのに?もったいないですよね。そういう事です。

この頃いくつかの日本の新興ベンチャー企業は暗号通貨で莫大な利益を上げているでしょう。日本の経済の主役が一気に交代するかもしれません。しかし、しかしこの企業は日本に税金をどれだけ納める事になるでしょうか?もしかしたら取り引きは全て暗号通貨で行っており、本社はタックスヘイブンであるケイマン諸島等にある国際的な企業。とかになっていたら税金ってあまりとれないですよね?
しかし、そんな企業ってもうすでに日本にたくさん上陸してます。google,amazon,apple,Microsoft,facebook 日本の企業が暗号通貨で利益を上げるのと同様に、これらの企業も同じ方法で、私たちよりも早くその流れに乗り、それ以上に莫大な利益を上げるであろうことは火を見るよりあきらかです。

その一方で国が国民に行うサービスはどんどん雑になります。道路は荒れ、耐用年数を超えた橋は放置され、公共事業を起こそうにも、予算が付きません。介護や福祉、教育に費用については大幅削減されるかもしれません。保育園落ちた日本死ねというのはこの事かもしれません。介護や福祉の世界の実情はひとすら面倒な手続きとルールで縛られ、低賃金でも理念だけでなんとかふぎりぎり頑張っている人たちばかりです。

当然公務員も有無を言わさず削減でしょうか?無駄な書類を山ほど書いて不効率極まりない状況はかなりシンプルに改善されるかもしれませんが、市役所の職員は減り、本当に優秀な人だけを残さざるを得なくなるかもしれません。
もしくは高い費用を払って一般企業に勤めていた優秀な人材が、少数で超効率化を進めるかもしれません。で、エストニアみたいになれたらいいですよね。
http://koremaji.com/2016/08/e-estonia/

しかし国の最大の課題は税金をどうやって回収させるかです。
従来の大手ITベンダーがIT下請けを奴隷の様に使って高いお金で何年もかけて税金回収システムを作るのでしょうか?
たぶんうまく行かないのではないでしょうか。そこの頃に兵隊は殆どいなくなっている(暗号通貨に資産を変えるのが遅れ完全な社蓄となった人々)か、優秀で超高額な傭兵の様な少数のエンジニアしか残っていないかもしれません。
政府や企業がもうちょっとしっかりしていれば、早い段階で暗号通貨でも税金を効率的に回収できるシステムを作るでしょう。しかし、現在の大きな停滞した流れで考えれば、それも無駄な努力かもしれません。とある銀行のシステムがぐだぐだなのをみれば色々悟ることも多いです。

そんなグタグタを続けることで優秀な人材や暗号通貨でひと財産築いた人は、より住みやすい海外に移住してしまうかもしれません。その頃にはスマートスピーカーがさらに進化して携帯化され、同時翻訳装置もかなり精度が上がっているでしょうね。国が恐怖政治を発動して締め付ければ締め付ける程、優秀な人材やお金はどんどん海外に逃げてしまう可能性が高いでしょう。

つまり、国は税収を上げられないが、暗号通貨による経済でそこそこ回っている社会、というのが到来するかもしれません。ただ、この辺は世界のどこかでの戦争なども懸念され変化する要素が多すぎて私の中でも確度が低いです。

■世界の通貨の流れはどうなっているか?
では、もうちょっと未来の世界中の通貨に関する変化はどんな風になっているでしょうか?
実はどこも似たり寄ったりで暗号通貨の影響である程度、財政は圧迫され景気が良いのは中国とインド、そしてアフリカの中国資本が投入された一部の国あたりなのではないでしょうか?
あと、暗号通貨ですね。今は価値がどんどん上がるので、資産としては使えるが、通貨としては誰も使いたがらない、という話があります。これは将来的にはどうなるか?です。さっきの話との矛盾する部分があるので、この辺についてです。ビットコインの仕様も含めた話です。

暗号通貨ですが、現在大本命は始祖であるビットコインだと思いますが、これは通貨としてはとても出来が悪いものです。って、元日銀の早稲田教授である方がいってました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140311/260891/

私も同感で、決済に時間がかかり過ぎますので、街の買い物等の少額決済には使えませんし、馬鹿みたいに電気を消費する仕組みなのは全く地球にやさしくないです。中央集権的な通貨システムからの脱却としてのブロックチェーンを使ったP2P通貨というコンセプトは素晴らしいのですが、実はこれ太古の金貨というシステムとあまり変わらない訳です。良く言われますよね。ビットコインはデジタルゴールドだって。
このままだと暗号通貨のマイニングと決済で温暖化がすすんで人類絶滅とかアホな未来にまっしぐらじゃないですか?だからこれ一過性のもんだと私は思ってますし、そうしないと滅ぶよ人類。

---------------------------------------------------------
じゃあこっから強気の有料にしちゃおうっかなー
(ちょっと言い回しもリミッター外し気味になります。)
---------------------------------------------------------

仮想通貨のマイニングに使用された電力、すでに世界(下位)159カ国の年間使用量を上回る
https://www.businessinsider.jp/post-107870

この続きをみるには

この続き:6,609文字/画像1枚

ビットコインから先の『通貨の未来』を偉そうに語るよ

sakamata

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

新しい通貨概念をデザインするHappy Projectの人。WebアプリHappyを作ってます。 喜び、賞賛、応援を誰にでも贈与できるシステムを目指してます。 『お金』のしんどいシステムを変えて、多くの人と発展させたいです。http://happy-project.org
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。