見出し画像

特別なアメリカじゃなくアメリカならどこにでもあるアメリカの日常

気軽なアメリカに触れたくなった。ちょうど東京駅に用事があって、ついでに「バビーズヤエチカ」に来る。

画像1

ランチがちょうどはじまる時間。お店の中はもうにぎやかで、遅い朝食を終えた人たち、これから昼食をとる人たちと、食卓の様子さまざま。
パイの並んだ入り口脇のショーケースを見る。
あった、あった。ボクの好きなピーカンパイも、タナカくんが好きだったバナナクリームパイもある。さてさて、食後に何をどちらを食べようと思いながら、まずその前にお腹をほどよく満たす。

画像2

まずはシーザーサラダのハーフサイズを選んでたのむ。
そう言えばずっとテーブルの上に置かれていたケチャップとマスタードのボトルがなくなっていた。感染予防のこともあってかと聞いてみると、パンケーキを召し上がられるお客様が多くて…、ということ。なるほどたしかにそうかもしれない。

画像3

ここのシーザーサラダはボクの好きな仕上がり。ちぎったレタスの葉っぱにほんの少しのオリーブオイル。塩とにんにく、おろしたばかりのチーズをまとわせそれからクルトン。塩とチーズをまとってレタスの葉っぱが汗をうっすらかいて、そこにチーズがこびりついて味が整う。
ザクザク、パリパリ。耳の近くでレタスが壊れる音がして、口の中が潤っていく。

画像4

酸味がほとんどないコーヒー。苦味はしっかりしていてたっぷりミルクを混ぜると味わいなめらかでゴクゴク飲める。そのためミルクがステンレスのピッチャーにたっぷりやってくるのがありがたい。
シーザーサラダを平らげて、ミルクでぬるくしたコーヒーで口の準備をしたとこでメインが到着。

画像5

マカロニチーズを選びました。
アメリカ的には「マッカンチーズ」。マカロニ&チーズを勢いつけて言うとそうなる。

画像6

グズグズのマカロニにチェダーチーズをあわせて焼けばできる簡単料理だけれど、ここのはちょっと上等でコンキリエのパスタにチーズ。
オーブンで焼きチーズを焦がして仕上げるグラタンタイプ。
チーズが伸びます。伸びて伸びてマカロニに絡みついたまま口の中へとやってきて、口の中でもしばらく伸びる。

画像7

サイドにフレンチフライを添えてもらったら、このフレンチフライがまた上出来。焦げる寸前まで揚げこまれていて、ザクザクサクサク。噛みごたえが軽やかで、噛んでるうちにじゃがいも自体の持ち味の甘みが広がる。
ねっとりとろけるマカロニチーズとザクザクサクサクのフレンチフライの食感、味の間を気持ちが行ったり来たり。どちらも体に悪い奴に違いなく、でもおいしいんだからしょうがないや…、って思ってパクパク。

画像8

マッカンチーズを食べた器にケチャッププチュリ。フレンチフライですくい取るようにたっぷりのっけて一緒に食べる。
ケチャップってなんておいしい食べ物なんだろう…、ってしみじみ思う。そして〆。

画像9

パイのメニューを見たら季節のパイがレモンメレンゲパイで、心がすっかり奪われちゃった。たまには違ったパイを食べようとそれにしてみる。
実はレモンパイって大好きで、特にレモンカードの舌が震えるような強い酸味がオキニイリ。メレンゲのズブッととける儚さにやさしい甘みがレモンカードの酸味を包んで、それでもやっぱり酸っぱいのがいい。

画像10

この酸っぱさで今まで食べた炭水化物や油が中和されればなぁ…、なんて思って小さく笑う。オゴチソウ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
315