見出し画像

日本で1番贅沢なそうめん…、鯛そうめん

鯛そうめん。
瀬戸内地方を代表するおもてなし料理のひとつで、多分、日本で一番贅沢なおそうめん。

東京でそれを食べようと思えば、まず思い出すのが安芸路酔心。
広島に本店をもつ瀬戸内料理の専門店。
新宿の伊勢丹会館の中にある。

煮付けた鯛の煮汁で食べる冷たいそうめん。しかも別々に炊き上げたエビやしいたけ、錦糸卵やネギにみょうがと色とりどりのあしらいが彩り添えて、目にうるわしい。
煮汁を詰めて作ったタレをからめてズルンとひとくち。皮から出てきたゼラチン質で煮汁がちょっととろんとしてる。それがネットリと汁と一緒に極細の麺にからんで口の中にぽってり収まる。

そうめんってこんなに細いのにざくっと歯切れてちらかる感じは独特で、しかも麦の香りが力強い。その力強さにからんで負けずどっしりとした味や風味を与えてくれる煮汁のタレのおいしいコト。

砂糖に醤油、そして鯛の旨みを焦がさぬようにギリギリ煮詰めて仕上げた汁で、カラメルっぽい香りがおいしい。ちなみに鯛の分厚い皮と鱗は苦手。だから皮だけ残ってしまう。ごめんなちゃい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

30

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。