新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

モーションブルー横浜、ご来場ありがとうございました!

先日のモーションブルー横浜ライブ、たくさんの皆様のご来場ありがとうございました!
ソールドアウト御礼でした!

セットリストはこんな感じ。

セットリストはほぼほぼ前回の2019年9/6、つまりライブ盤収録日の曲目を踏襲したものにしましたが、
自粛中に新たに書き下ろした"First song"のためのプレリュード、から始まるコロナ禍での創作を経たバージョンでのオープニングとしました。

"海の彼方から、光が滲む。夜の帳が溶けてゆく"

これがインタールードの歌詞です。自粛中家で1人で色んな音楽的な実験をしていたのですが、これは「思いついた言葉を崩さず、そのまま言葉にメロディを載せる」、つまり普段自分の曲の作り方であるメロディ→歌詞、の順番ではなく、歌詞→メロディの順番で作る試みをしてた時の試作。
ほかにも自粛中はクラシックギターのエチュードを作ったり、色々やってました。ま、今も色々やってます。これはまた今度書こう。
インタールードの歌詞はシンプルな言葉だけど、窓から横浜の海の見えるモーションブルーにはぴったりだな、と思い、ライブの冒頭にもってきました。

改めてメンバーを紹介すると、ピアノに林正樹、ウッドベースに小美濃悠太、ドラムに斉藤良
このメンバーで演奏する時のえもいわれぬ安心感を何か言葉にできないか、と頭を捻っていたのですが、思いついたのは「完全無欠絶対安心カルテット」笑
なんというのかな、何が起こっても絶対大丈夫、例えハプニングが起こっても、ゼロからのスタートでも絶対的に形になる確信がある、というんでしょうか。


もしかしたらリハですらやってもやらなくても多分大丈夫。(もちろんやりましたがwむしろやりますw)リハが無いなら無いなりに、リハした時とは違うものが生まれそうで、それはそれで楽しみ、と思ってしまうようなワクワク感があるのです。


というわけで今回のライブでもステージ上でこのワクワク感を抑えられず、打ち合わせとは違うソロオーダー、展開の横溢でしたが(お前のせいじゃ😂)そこからまた音楽が立ち上がってゆくフレッシュさが、今回も出色だったと思います。何より僕自身がメンバーの音楽のファンなので、ステージ上で彼らの音楽を聴くのが楽しみでならないのです。


ライブ盤やこのカルテットを聴いた方によく言われるのは「めっちゃjazzだねえ!」そう。そうなんですよ。曲こそ自分のオリジナル曲ですが、メンバーの卓越した人間性と音楽性によって、音楽がjazzとしてのスピリットを獲得していく、というんでしょうか。
形としてのjazzではなく、精神としてのjazz。jazz以外の全ての音楽は全てjazz足り得る。でもそれは演者のスピリットによる。
でも自分はこのメンバーだからこそ、そのスピリットの中に入ることができる。ソロだと難しいんだけど、それは今後の課題だ。
お客さんにこのカルテットで海外のjazzフェスとか出ればいいのに!というありがたいお言葉を頂戴いたしましたが、ほんと!よんでー!
去年トリオで行った台湾もめちゃくちゃ盛り上がったしなあ。
あと、なんといってもお客さん!良かったなー。なんでしょう、切実に音楽を求めて来てくれている感じが、なんとも感動的でした。盛り上がったし、あたたかった!
いいお客さんに恵まれているなあ、としみじみしましたよ。
自粛期間のフラストレーションを音楽として昇華、共有できた気がします。音楽っていいよなあ、と改めて。
なんにせよバンドのライブは今年はおそらくこれで最後。寂しすぎる!😭という言葉をぐっと堪えて次の機会を待ちます。

またモーションブルーでやりたい!というのはメンバー全員の総意です。次回もよろしくお願いします!


p.sモーションブルーの翌日、もっといえば帰りの電車の中で45歳になりました。
健康に楽しく音楽を続けられていることに感謝です。むしろ奇跡的だわ、こんなん。
ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ミュージシャン。国内外でライブやってます。2020年5/13に二枚組ライブアルバムを発売!飲兵衛。 https://www.amazon.co.jp/Live-Compass-Future-Saigenji/dp/B0863S9J7H