見出し画像

2020年をふりかえります

大晦日です。
2020年をひとことは「どうした」です。

今年わたしは「どうした」「なんで」「やっぱり」「大きくなったね」「ついに」と会う人みんなに言われました。
それは、わたしが髪型をかえたからです。

散髪にいくと「前髪は眉に掛かるくらいで横と後ろは刈り上げて下さい」と30年ほど言い続けてきました。ふしぎなもので散髪やさんによってツーブロックになったり角刈りになったりタラちゃんになったりしました。
2019年11月の前眉横後刈上はこちらです。

画像1

この髪型にしてくれたのは、松陰神社前にある「106 men's salon」の高野さん。
前眉横後刈上でこんなにかっこよくなってご機嫌でした。遺影はこれで決まりとおもった程に大満足していたのです。

106はこんなお店です。かっこいい!

画像2

年明けて2月9日
友だちのオーケストラを聴きにいきました。
そして友だちと記念撮影の後に宣言しました。

画像3

おれはアフロになる!!

なんでそんなことをそこで言ったのかは忘れてしまいましたが、50歳の誕生日に決めたのです。死ぬまでにアフロになるって。いま56歳になりました。

アフロのパーマをあてられるように髪を伸ばしてる間に自粛期間が始まり散髪やさんはおやすみになり一時アフロ化は中断。明けた6月なって106の高野さんにアフロヘアーにしてほしいと相談しました。

画像4

ちょっとしょぼりしました。
でもなんかうれしくなりました。
リクエストしてから返信までに何日かあったのでいろいろ考えてくれていたんだなと、106で髪を切ってほんとによかった。

アフロのことはアフロのひとに聞くしかないなとアフロマンスさんにメッセージを送りました。何度かアフロマンスさんのイベントに遊びにいっただけなのに図々しいごめんなさい。
アフロマンスで検索してね。

画像5

思い返すとスゴイ勢いでヘアサロンの予約をとっていましたね。勢い大事。

6月18日、広尾のLOOPにいってアフロヘアーになりました。時間がかかると聞いていましたが巻いて液浸けて出来上がりまで4時間。つらかった。もういかないとその時はおもいました。LOOPさんはこんなお店でした。いまは広尾駅ちかくにお引越しされています。

画像6

へろへろな施術末期

画像7

パーラー大箸のプリンを食べて復活

画像8

6月19日会社にいきました。
かなりどきどきでした。
56歳男性既婚中間管理職息子は受験生借金はあるが貯金はない。
そんなわたしがアフロです。

絶賛の嵐!

「どうしたいいじゃん」
「どうしたもふもふ」

こんなに褒められたのはじめてかも。
ちょびっと泣いてしまいました。

2020年のスーパーマーケットは消費税増税とオリンピックで暇になるはずでした。
ところがトイレットペーパーはなくなりマスクは取り合いになり、緊急事態宣言でお店から食べ物がきえました。
ずーと忙しさが途切れず、重たい気持ちが広がっていました。どんなふうに気晴らしをしたらいいかわからなくなっていました。

そんななかでも、わたしをるみて笑ってくれて声をかけて貰う回数を増やしてくれたアフロに感謝しかありません。
アドバイスや施術して頂いた106さんLOOPさんアフロマンスさんありがとうございます。
こんなに大きく育ちました。

画像9

それではみなさんよいお年をお迎え下さい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
おいしいオキーフのキャロットケーキ
29
日記を書いています。 世界が平和になりますように