見出し画像

noteをはじめました。

ピースオブケイク代表の加藤貞顕です。こんにちは。

ピースオブケイクは、cakes(ケイクス)というウェブサービスを運営しています。キャッチコピーは「クリエイターと読者をつなぐ」。これまでに、多くのクリエイターと、読者のみなさんにご利用いただきました。

本日、新サービスnote(ノート)をはじめます。noteは、個人のクリエイターが、自分のメディアとしてコンテンツを発表するためのプラットフォームです。

noteとはなんなのか? 簡単に説明させてください。

すこしだけ歴史の話をします。

その昔、菊池寛というクリエイターが、クリエイターによるクリエイターのためのメディアがほしいということで「文藝春秋」という雑誌を立ち上げました。そして、たくさんのクリエイターが集い、作品を発表しました。

雑誌を続けていくと、作家ごとの作品がたまっていきます。それらをまとめたのが単行本、つまり「本」です。「文藝春秋」からは、すばらしい本がたくさん生まれました。紙の時代は、クリエイターを集めたメディアとして雑誌があり、個人のためのメディアとして単行本があったのです。

同時期に、たくさんの出版社が生まれました。「雑誌」+「本」というビジネスモデルは最強で、印刷所、取次、書店という仕組みもくっついて、100年もの間、利益を生み出し続けました。ちょうどいまのIT企業のようなもので、情報を束ねることで莫大な利益を生み出していたのです。

しかし、デジタル化の波が来てしまいました。雑誌が、本が、みるみるうちに売れなくなりつつあります。作り手のレベルが下がったのではなく、デジタル時代にあったコンテンツのうまい売り方が見つかっていないことが大きな理由です。ピースオブケイクは、そこを解決するための会社です。

cakesが目指しているのは、デジタル時代における、あたらしい雑誌のかたちです。大勢のクリエイターが、同じ場所で作品を書いたり、対談をしたりして、読者はそれをまとめて購読する。雑誌でやるようなことを、デジタル時代にどうかたちにしたらいいのかを提案しています。

noteは、デジタル時代の本、つまり、個人メディアはどうなるのかを考えてつくったサービスです。単行本をデジタルで、というと、まず電子書籍が頭に浮かぶかもしれません。しかしぼくらは、デジタルをうまく生かすと、もっと自由な新しい場所が生まれるのではないかと思ったのです。

デジタルのよさは、一言でいうと、オープンでインタラクティブなところです。noteは、そこに課金を組み合わせるという新しいチャレンジをしました。文章だけでなく、写真やイラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、無料で見せるだけでなく、販売することもできます。フォロー機能で、ファンとつながることも可能です。

クリエイター側から見たnoteは、日常の活動報告、ファンとのコミュニケーション、作品づくり、そしてビジネスまで、すべてのクリエイティブ活動がワンストップで実行できる場所となります。あらゆる分野のクリエイターの、いちばん基本的な活動の場所となることを目指しています。

ここは、コミュニケーションとマーケティングとクリエイティブが一体化した場所です。もしかすると、これこそが、未来の「本」のかたちなのではないでしょうか? 

プロのクリエイターも、アマチュアのかたも、ぜひ気軽に体験してみてください。おもしろいことをすることこそが、人間の生きる意味だとぼくは信じています。そこに少しでも貢献できれば幸いです。

2014年4月7日 白みはじめた空を見ながら渋谷のオフィスにて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。サポートいただいたお金は、noteの他のクリエイターのサポートに使わせていただきますね。

スキを押したときのメッセージは押すたびに変わるのでまたぜひ。
358
noteやcakesを運営する会社、ピースオブケイクの代表です。

コメント19件

これからのnoteの盛り上がりに期待しつつ、自分もその一助になれたらいいなと思っています!ところで、よろしければ僕のこのノートを泣かの人に読んで頂ければと思いました。 https://note.mu/aoki_yasunori/n/n5b5d9bf586a0-
いつもお世話になってます。ここでいろいろな方々と出会えて楽しんでいますが、スマホ用のアプリってないんでしょうか?
たのしそうなあぷりありがとうございます。
貧乏だからメッセージしか出せない。キンドルは文字しかない。ノートには映像も音もある。まだまだある。おまけに何故かインクの臭いがする。文字もかたちがいい。偏屈な植字職人がいた。滲むインクの色と臭いが好きだった。もう故人である。よかった。長生きしなくて。ノート見ないで済んだ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。