見出し画像

今日のnote

たいへんおまたせしていた、マガジン機能をリリースしました。

マガジン機能はノートを束ねる機能です。自分のノートをまとめると、カテゴリとして使うこともできますし、売り物だけまとめてショーケースのように使うこともできます。他の人のノートをまとめることもできるので、そうするとキュレーションになりますね。

マガジンのもうひとつの特長は、フォローできることです。マガジンをフォローすると、そのマガジンにノートが追加されたときに、タイムラインに表示されるようになります。

つまり、マガジンは、だれでもかんたんに、メディアをつくれるようになる機能なのです。

シンプルなしくみなのですが、かなり幅広い使いかたが広がっていると思います。写真と文章を組み合わせて雑誌的に使うのもいいですし、サウンドノートを12曲分入れて音楽のアルバムを公開することもできます。フォローができるから、イベントや会合の企画、運営などをすべて行うこともできます。

もうすこしすると、マガジンに課金する機能がつきます。その後は、継続課金も予定しています。そうなると、オンライン雑誌やファンクラブなど、さまざまな応用が可能になります。そのあたりもふまえて、まずは使ってみていただければと思います。

ぼくらはこれからも、クリエイティブからインターネットに攻め込むためのしくみをどんどん作っていきます。ご期待ください。

6月4日 水曜日

ぼくのトップページに行くとマガジンがいくつかあるので見てみてください。
http://note.mu/sadaaki

マガジンの使いかたはこちらです。
https://note.mu/help/n/n6f379e88a23a

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
加藤貞顕

読んでくださってありがとうございます。サポートいただいたお金は、noteの他のクリエイターのサポートに使わせていただきますね。