SAC about YODAN

125

オレストーリーは突然に

数年間かけて歩いてきた道が、だんだん道幅が広くなってきて、気がつくと、いま目の前には、広大な荒地がひろがっている。 いつのまにかそれは道ではな…

過去がかわるとき(『マチネの終わりに』を読んで)

「マチネの終わりに」平野啓一郎 著 を読み終えて、あたまの中に、ある考えがあふれてきたので、ちょっと書いておこうと思う。 「過去は変えられる」と…

花よりダンゴ、夢よりムチュウ

4月特有のにおいがする。 新しいことがはじまるにおいだ。 某チョコレートショップではたらいていたときは、毎年新入社員が入ってきて、そのキラキラ…