見出し画像

新卒入社後初の転職前後で感じたことメモ

※ここに書いてある話はフィンクションかもしれません。

まえがき

・ビ●リーチを利用したハイクラスな転職、とかではなく昨今流行り(?)の新卒から数年経過して転職…というパターン

・自分に都合の良いイメージで入社した人間の末路。

・自分は凡人スペックなので、職務経歴を見て「ぜひ来てください!」と引く手数多ではないタイプ。(いわゆるソルジャー枠)

転職エージェントのクロージング怖すぎ

エージェント数社を利用した転職活動を実施した。

入社までは親身に話を聞いてくれたし、悩んでいる時も結構親身だったが。内定が出た後から急に態度が豹変して「なんで決められないんですか?」「こっちも結構待ったんですけど?」といった感じでクロージングされた。

怖すぎてそのエージェントに内定辞退してそのまま関わるのをやめた。エージェントもノルマとか厳しいから仕方ないけど、人を信じすぎるの良くないなぁ(カタカタ)となった。もちろんそうじゃないエージェントが大半だったけど…

募集要項に書いてある内容と実情のズレ・・・

・フレックスではなく裁量労働制

入社初日の制度説明で発覚した。「え…」となったが、そこで話して「じゃあ退社します」からの転職活動をするお金等々の余裕がなく、そっと飲み込んだ。転職エージェント経由で応募したので、いま思えばエージェントに言えばよかった。どんなに残業しても残業代出なかったな…ハハハ…よかった点もあったけど…

・マッサージチェアあると書いてあったのに実際はない

これは聞けばいいだけなのだけども。直近の転職活動で、この手のちょっといいなと思う福利厚生がある点をさりげなく質問すると「えー書いてあるんですか?」と言われる事案に遭遇したから、期待しすぎないほうが良さげ。

大きな企業がお客様→大規模でやりがいのある仕事ができる

これはちゃんと面接とかで聞けばよかった点。

大手企業がお客様であっても、大きな規模の仕事であるとは限らない。仮に大きな仕事を行う場合であっても、新入りは大きな作業の1歯車になる場合が多い。自分の入社する会社の状態と、自分のスキルの冷静な判断が必要。

ここで言うやりがいは言外に「お客様と接する事ができる!感謝される!(キラキラ)」という事だと思うが、いきなりお客様と話す仕事を任されるかどうかは会社によるので聞く必要がある。また、お客様から感謝される立場であるという事は、裏返すと何かトラブった時に真っ先にクレームが入り「どうなってるんですか?」と詰められる事もある立場となる。

大手企業が親会社なので安心

親会社にとってメリットがない会社の場合、捨てられる可能性があるので安心できない。戦略的に親会社が作成した子会社とかなら安心かもしれないけど…この辺は入社しないと実情が分からない場合もありそう。情報収集ができるなら行っておくと良い。

どんなキャリアパスもサポートする

将来どうなりたいかを固められないまま転職したので、この言葉がありがたいと思って入社したものの…自分の入った会社は、会社が望むキャリアパスというものが暗黙で存在していた。そこに沿った仕事ができないと評価されないし、お給料も上がらなかった。(そもそも自分が望むキャリアパスを辿った方々が会社にいなかった。自分で新しくキャリアを切り開いて自己PRするのは…自分には無理だった)

もちろん、会社によっては各人のキャリア形成をサポートしてくれるかもしれないから、ここでも見極めが必要なんだと思う。ただ、会社は学校ではなく利益を出す必要があるため、会社が欲しい人材にお金を払う点は仕方ないかなとも思う。会社に育ててもらうと、ある種受け身であっても色々してもらえるから楽といえば楽。

会社が評価するキャリアパス・能力=市場価値のあるキャリア・能力、となればいいけど実際そうとも限らないかも。自分が本当に望むキャリアと一致しなそうであることが明白である場合は、別の環境を見つけるほうが幸せかもしれない。

ただ、それだったら最初からそうだと書いてくれれば良かったのになと思う。あまりにあけすけに書くと、キラキラ感がなく少し修羅っぽく見えて、ヒヨって人が集まらないのかもしれない。

みなさん一緒に働きましょう!(キラキラ)

これは転職前後というより、入社してから感じたことなのでオマケ。

転職サイトとかで会社紹介のページが妙にキラキラしている会社…それでいて自分でも入れるかもと思う会社は怖い。

募集要項の紹介ページがどんどんキラキラになっていき、在職者インタビューでは本人が発言した覚えのない事が発言したことになっていた。あのキラキラっぷりを見て、第二新卒っぽい人や第二新卒が終わった若手が続々と入社していた。彼らは幸せそうに働いていたから良かったのだろう、1年に1人は鬱とかで潰れてたけど。

見てくれの綺麗さに胸を膨らませて入社したら、死んだ顔で詰められている人や「あそこのグループの人だけ出世が早いしウンタラカンタラ」「お給料がウンタラカンタラ」と文句たれたれの人がうじゃうじゃいて、仕事でのフォローがほぼ無くて孤独にで仕事させられるディストピアだと気づいたら…たまったもんじゃないよなぁ…

おわりに

耳障りよく何かをしてくれる募集要項等々には、つい惹かれてしまうよなぁ…ピノキオの物語を思い出す。みんな甘い言葉に吸い寄せられてどこに行くんですか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
4
会社を辞めたあとの心の動きを、とりとめとなく書いていく予定です。 むかしの自分に向けた記事が多いかも。 まったりできるカフェと自然が好き。