ショートスリーパー

 学びの時間を確保したいと、ずーっと思っていて、そのためには睡眠時間を減らすのがイチバンだと考えてたので、早起きにチャレンジしました。

んがしかし!
どーにも眠すぎて、使い物になりません…涙

そこで、

「ショートスリーパーメソッド」

というものの説明会があったので参加させていただきました。
今までの睡眠に対しての概念がひっくり返るような内容で面白かったです。

参加者の方は、ボクみたいなサラリーマン、学生、自営業の方、経営コンサルタントの方etc.色々な方が来てはりましたが、
皆さん、睡眠時間を短くすると、日中眠くなるというような悩みを持って参加されてました。

説明会が始まって、まず言われたのが、

「睡眠時間と眠気には因果関係がありませんよ。」

でした。(え?早起きしたら、昼間むっちゃ眠いんスけど…)

眠気のメカニズムについての説明があったんですけど、それは後で書きますね。

まず、睡眠とは。

1.入眠
2.睡眠(時間)
3.起床
4.覚醒

で成り立ってて、ショートスリーパーになるには、

1.で15min以内に寝る。
2.で起きようと思ってないのに起きてしまうことがない眠り。
3.で2度寝はしない。
4.睡魔に襲われない。

状態になることが必須らしいです。

"2度寝はしない"のくだりで個人的に面白いなと思ったんですけど、

起きる時には、起床のためのホルモンが分泌されるらしいんです。
2度寝をすると、体は起きようとしてホルモンを分泌してんのに、寝ようとするんで、このホルモンが分泌されなくなって起きるのがツラくなるそうなんです。

このホルモンは、2ヶ月ほど2度寝せずにいたら、まて分泌されるようになるそうです。

2ヶ月か…

トイレで目が覚めることってあるとおもうんですけど、
睡眠中は排泄の代謝もストップしてるので、
「トイレに行きたい!」
で起きてるわけではないそうなんです。

体が起きようとして、ホルモンが分泌されて目が覚めて、
「あっ、トイレ行きたい。」
ってロジックらしいんです。

なるほど。

「ガンバって2度寝せんとこ!」

と思いました。(笑)

また、起きたときに時計を見てしまうと、眠くなることもあるんで、枕元とかに時計を置かないようにすることも効果的らしいです。
目覚まし時計は、体を起こして歩いて止めにに行かないといけない場所に置くそうです。

次に、眠気とは。

眠気の原因なには、

1.アデノシン
2.脳波
3.本能
4.習慣

があるそうです。

1.人間は活動すると、体内で"ATPサイクル"という働きが起こり、このサイクルでアデノシンという物質が生成され、これが脳に行くと眠くなるということらしいです。(間違ってたらスイマセン…よそで話する時はちゃんと調べてから話してください(^^;;)

2.能動的か受動的かで脳波が変わり、能動的な行動をすることで、眠気は起きにくいそうです。

3.食後、性行為の後は生命維持、子孫繁栄する上で、寝た方がイイので眠くなるそうです。

4.運転中に眠くなる、会議中に眠くなるというのは、
運転→眠い
会議→眠い
という習慣になってるのが、原因だそうです。
運転中→目がバッチリ覚めてる
会議中→目がバッチリ覚めてる
という習慣にするとイイそうです。
ex).クルマで昼寝する時は、運転席ではなく、後部座席で寝るようにするとイイらしいです。

「睡眠とは」と「眠気とは」を知ることで、睡眠時間が足りないから眠くなるんじゃないですよ。ということです。
日中の活動の仕方で、睡眠時間が短くても眠気を感じず動けるかもな、と希望が持てました。

また、睡眠と疲労の関係についての話もありました。
が、長くなってきたんで、明日書きますm(__)m





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
40代会社員 労働によって収入を増やすことに限界を感じ、働き方のマインドをシフトチェンジ中。カリカリ仕事ばっかりしないで、遊ぶことにウェイトを置いた生活を送ってます。もっともっとゆるい生活を送りたい。