吉上亮

小説家、脚本家。主著に『泥の銃弾』(新潮社)、『PSYCHO-PASS GENESIS』(早川書房)。主な脚本作に『PSYCHO–PASS|SS Case.1 罪と罰』(劇場作品)『PSYCHO-PASS サイコパス3』。

2020年のこと

2020年もありがとうございました。吉上亮です。 twitterにも書いた通り、商業媒体で発表した仕事は、小説文庫が2冊とwebサイトで1冊分で、合計3冊になりました。 …

【SF小説新企画】制作記②

新作のSF長篇の制作記の第2回。 前回の投稿で書いた「切腹」にまつわる資料を近所の図書館で探し、ここ二週間、仕事の合間に読み込む。 日本において「切腹」の〈事実…

【SF小説新企画】制作記

小説(オリジナル)の執筆が長期化している(さらにしそう)なので、定期的に進捗を纏める連載を始めます。 しばらくは雑記なので無料公開ですが、いずれ有料公開(投稿モ…

【祝総選挙1位限定公開】北条加蓮小説『Ball of Fall Ⅰ』

『アイドルマスターシンデレラガールズ』総選挙で北条加蓮が1位になったので…。 これを祝して期間限定で、SF作家デレマス合同『CINDERELLA GIRLS TRIBUTE』に前後編で寄…

新刊『泥の銃弾』第一章全文公開!

 発売から一週間を迎えた吉上亮・最新長篇『泥の銃弾』は、お陰様で多くのご好評を頂いております。  そこでこの度、より多くの読者に本作を届けるため、新潮文庫編集部…