見出し画像

【150万円と15ヶ月の投資】アフリカで見えた人生の勝算|〜僕の過去・現在・未来〜

売り切れ


アフリカを出るまで、残り1週間となりました。

今日はどうしても、みなさんにお伝えしたいことがあります。

そのために、おぐ史上最大クオリティの note を書き上げました。


2020.01 追記。長い期間、更新をお休みしており申し訳ございません。もう少しだけお待ちください。。。


◆ 目次(これから更新予定)

2|現在
2.1|29時間
2.2|渡航2週間で40度の発熱
2.3|密告
2.4|観光気分に浸る日々
2.5|何も価値を生み出せない焦り
2.6|インターン先への不信
2.7|Twitterを始めて1ヶ月でフォロワー1000人
2.8|ケニアから理恵さんがいらっしゃる
2.9|酒ビジネスをやろうと思った。
2.10|東アフリカ一人旅を決意
2.11|初日からビザの危機
2.12|タンザニア - ケニア間のイミグレで逮捕&賄賂
2.13|0:30にナイロビのダウンタウンに到着
2.14|ニューケニアロッジ
2.15|CHEKAFEでの出会いと海外展開のビジョン
2.16|火鍋会とホームステイ
2.17|日本人コミュニティの強さ
2.18|ナイロビ学生会
2.19|笑顔
2.20|ザンジバル帰還を決意
2.21|ナイロビ沈没への終止符
2.22|ウガンダへ
2.23|赤道での反復横とび
2.24|南下
2.25|Airbnbと売春婦
2.26|ブニュニ湖
2.27|ルワンダ入り即ぼったくり
2.28|KISEKI
2.29|出会いと再会とカレー
2.30|コーヒー農園
2.31|人生観(Picさん、Yokoさん、パッションフルーツ)
2.32|ダル(36時間バス、ドドマでのぼったくり、Uber、物乞い)
2.33|ザンジバル帰還(1ドル換金、無一文)
2.34|年越し
2.35|20万円稼がないといけない焦り
2.36|絵
2.37|テロ
2.38|自分に甘くて、それでいい
2.39|今

3|未来
3.1|将来の夢
3.2|帰国後のビジネスビジョン
3.3|僕が今、Twitterをやる理由


◆ この note のテーマ

この note は、全三章の構成です。


第一章のテーマは『過去』。

2017.11 〜 2018.07

僕は大学2,3年生の2年間を、筑波大学の学生代表として過ごしました。

そこから就活を無双したものの、3年生の12月に内定を辞退して休学を決意

・なぜ無双した就活を辞めたのか。
・なぜ休学してアフリカに来たのか。

『普通』という線路を外れた経緯内定辞退&休学までの道のりアフリカへの渡航費100万円を出資してくれたスポンサーとの出会いを語ります。


第二章のテーマは『現在』。

2018.08 〜 2019.01

僕は海外経験皆無の状態から、単身でアフリカに渡航してきました。

多くの逆境を乗り越え、希望と不安でいっぱいの僕に待ち受けていたのは、理想とは大きくかけ離れた日々でした。

・なぜ Twitter を始めたのか。
・なぜ一度、インターン先を出たのか。
・なぜ40日間で全財産18万円を使ってアフリカ旅をしたのか。
・これらで何を学んだのか。

現地に来て初めて体感した淡い理想や重い現実旅に振り切った経緯。そして壊れた価値観と、抱いた想いの数々を語ります。


第三章のテーマは『未来』。

2019.02 〜

過去・現在の15ヶ月間の挑戦を通して、毎日数えきれない成長をしました。

・将来の夢
・これから何をしていくのか。
・将来を逆算して、今Twitterをやる理由は何か。

僕は2月8日にザンジバルを出発し、3月14日に帰国します。

ザンジバルを出てから何をするのか帰国後どうビジネスに展開していくのかについて、僕が今 Twitter をやる理由や、将来の夢と絡めて初めて語ります。



◆ この note を始める前に

僕は今、アフリカ東部『タンザニア』の離島、ザンジバルにいます。日本から12,000km先の小さな島から発信しています。

休学し、プレゼンにて100万円の投資を頂き、アフリカに来て、将来の展望が見え、旅もして、結果としてやりたかったことは達成しました。成功というやつです。

ですが、その背景には幾度とない挑戦と失敗、そして挫折があります。

その過去の全てがあったからこそ、今の僕があります。


非常に長く苦しく、そして一瞬でした。日本でもアフリカでも、一日中ベッドから起き上がれないくらい鬱になる日もあったし、必死に練り上げた計画を頭ごなしに否定された日もありました。友達にはバカにされ、周りの大人には「人生なめすぎ」と揶揄されてきました。毎日が逆境の連続で、何度も何度も挫けそうになりました。


それでも走り続けた15ヶ月を、伝えたい。

「おぐ」という人間のすべてを、多くの人に知ってほしい。

同じ悩みで苦しむ仲間に、想いと希望を届けたい。


不快にさせてしまうかもしれない。
失望させてしまうかもしれない。
正直、語るのがとても怖い。
それでも、ありのままの僕の言葉で伝えたい。


成功も、失敗も、挑戦も、経験も、逃げも、甘えも、見栄も、怠惰も、何一つ包み隠さず話そう


人によっては途轍もなく有益で、人によっては全く無益だと思うかもしれない。

ですが僕はここに、あなたの心を突き動かす文章を綴ることを誓います。

決して後悔させません。

もし目の前の大きな挑戦に足踏みしているなら、
もし今にも挫けそうなくらいの気持ちなら、
もし僕の全力を受け止めてくれるなら、

力になります。
どうか手に取ってみてください。


ーーーーーーーーーーーーー


1|過去

画像1

すべての原点となる休学を決心したのは、2017年11月のこと。

大学3年生の晩秋。
筑波大学の学生代表をしながら、就職活動中のことでした。

まさかこのとき、『普通』というレールを踏み外すとは思っていませんでした。


この続きをみるには

この続き: 33,582文字 / 画像70枚
記事を購入する

【150万円と15ヶ月の投資】アフリカで見えた人生の勝算|〜僕の過去・現在・未来〜

おぐ🇹🇿

1,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
78
アフリカの離島「ザンジバル」に住んでました。

こちらでもピックアップされています

”国際系” note まとめ
”国際系” note まとめ
  • 2891本

This magazine curates notes relating to stuffs between globalness and localness.