見出し画像

FE風花雪月 紅花ルート感想を忘れないうちに書いた

※1周目に蒼月、2周目に紅花をしています。

こんにちは。
るきです。

もうFEがめちゃくちゃに面白くて正月の空いた時間ぜんぶ使って紅花をクリアしました。
勢いのままに感想を書き散らしておきます。ネタバレ何も気にせず書いていますし、なんなら推敲もしていません…さりげなく書き直すかもしれません。


ーーーーーーーーーーーーー


最後の「白きもの」戦がアツすぎる…!!!
計略システムってこの演出のためにあったのか!と思うくらい。今までの戦いでもアツかったけどここでの連携計略は本当ナイス演出…一人では絶対に勝てない巨獣にも、大勢で立ち向かっていく様子はまさにエーデルガルトの思い描く「人の力により切り開かれる未来」が表現されているようで最高でしたね…なぜ最後に天帝の覇剣を使い忘れたのか私は…(最後はアイムールで倒してもらいました)

フェルディアの戦い、単純に敵が強いとかゴーレム多いわりに計略を白きもの戦に残さないといけないとかあるけど、燃える床が移動しづらいっていう表記どこかにありました!?こんなに行動力が下がると思っていなかった…タルティーン平原もそうだけど、せっかくやっとみんなが馬に乗れたころに騎馬が役に立たないマップを攻略させてくる公式さん本当…泣
後から知りましたが、紅花は他よりもストーリーがそもそも短いので、育成も支援も間に合わせるのが結構大変…やっと!やっと間に合ったのに!(ダンッ)

飛行ユニットを全然育てていなかった(ファルコンナイトのペトラのみだった)ので、ゴーレムはどんどん強くなるし事故も何回か起きました(リシテアさんの防御力もHPも紙すぎる)
今回のプレイではカスパルさんがヘタった成長になってしまったので、こんなことならウォーマスターなんかではんくドラマスでもさせておけばよかったと心から思いました。ほんと防御力が物を言うゲームですよね…エーデルガルトがやたら防御も魔防も高く成長するのは、最終戦がああいう設計(弱い方でダメージが通る)だからかぁと納得。

タルティーン平原、自らの意志で兵士が魔獣になった時は思わず「おぅえっ!?」と声が…リンハルトも支援会話で言っていたと思いますが、最後になるとなりふり構わず突撃してくるのは本当つらい…
ドゥドゥーが紋章石に頼ったのは、紋章の力を持っていない自分にできることを考えた結果なのだろうなぁと…(シルヴァンやメルセデスが使っていないのは紋章の力を持っているから、と思っている)

蒼月と違って、ディミトリが帝国に捕まったりドゥドゥーに助けられたり彷徨って帝国兵を殺しまくったりみたいなことをしていないからか、エーデルガルトへの憎悪が全然なんかこう3割ぐらいしか無い。
ちゃんとこう、最期まで祖国や仲間を思いながら、ファーガスの王としていられてよかったなぁなんて思いながら倒しました。
蒼月クリアした時にも思いましたが、ディミトリが一番核心から遠いところにいて可哀想になってしまう…もし国を取り戻したとしても闇に蠢くものたちに翻弄されてしまうのだろうなぁとか…級長たちの中で一番「自分」のことで頭がいっぱい。
ところで俺が死んでもブレーダットの血は残るとレアに語っていましたが、最後のブレーダットの生き残りという説明だったような…?何かの伏線なのか。

個人的にめちゃ良いな〜と思ったのは、アリアンロッドでフェリクスを倒した時のロドリグの反応。フラルダリウスの紋章を持つ息子が倒れたときに、ちゃんとフェリクスへの言葉を向けているところ。大事な跡取り息子が!的な反応ではなく、一人の「フェリクス」として接していたんだなぁと勝手にじんわりきていた。まぁ倒すんですが…泣

紅花ルートのもっとも印象深いところは、帝国についた時のレアの「失敗作」発言ですよね…ちびりそうなぐらい怖い…「私はいま、とんでもねぇ選択をしてしまった…!?」とプレイヤーに後悔させる見事な演出。
レアはあれだけ裏切った「人」に対する憎悪が内心にありながら、何年も大司教として務められたのはひとえに「お母様」に再会するためだったのだろうと思うと、想像を絶する。

FE風花雪月、進めるごとにどんどん新たな人間関係や真相が判明していくのが、そこらのミステリーよりよく出来ていてすごい。
翠風、銀雪がどうなるのか今から楽しみで仕方ない。一気に進めて疲れたので、また休日にちまちま進めます。

もしよろしければ、下のハートをぽちっと押していただけると、励みになります。
(noteはログインなどしなくても押せるのでお気軽に)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります
26
ひとりで消化せず、ちゃんと世の中に発信しようと思い、書き始めました。「スキ」を押すと記事が面白くなる(かもしれない)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。