ラグビーを盛り上げたい!

2

僕がラグビー登山家になるまで 20歳 | 慶應BYBへ入部した話。

僕は医学部を目指し、2浪していた。しかし、入学試験で落ち、結果的に慶應大学理工学部に入学することになった。 3浪も考えたのだが、この時は母親と喧嘩をしてしまっており、精神的に続けることは限界を感じていた。高校の同級生がサークルや合コンでいかにも学生生活を満喫しているのを横目で見ており、華の大学生活というものを一秒でも早く経験したかったのが本音だったのだと思う。 入学式の大学の門を抜け瞬間から、数多くのサークルの勧誘を受けたのだが、現役よりも2つも年上である僕はリア充サーク

スキ
3

僕はラグビー登山家

RWC2019のエンブレムに冒険物語を付与するために、世界中のラグビーファンの中で一番身体を張っており、現役の冒険家の中で一番動いている長澤と申します。 ラグビーボールを抱え過去W杯の出場した全25ヵ国の最高峰にトライする冒険、#WorldTryProjectを手掛けており、残り1年で10カ国の最高峰にトライすることを予定しています。 「ラグビー登山家」で検索をかけるともちろん一番上にヒットしますが、「登山家」「ホームページ」で検索をかけても一番上にヒットします。「登山家

スキ
8