見出し画像

[フィリピン-02]フィリピン第三の都市ダバオはこんな感じ

(龍論 2012/10/01 - 12:01)

コタキナバルからクラークを経由してダバオに到着です。

ダバオはフィリピン南部のミンダナオ島に位置あります。マニラ、セブに次ぐフィリピン第三の都市。

ミンダナオ島と言えばどうしても民族紛争によるテロのイメージが強いですが、ダバオは特別行政区に指定されていることもあり、普通に暮らす分に問題はない程度に治安は安定しているそうです。

(・・というのは渡航当時[2012年10月]の状況。実際に行かれる際は最新の情報を確認してください )

ダバオ空港に到着。

画像1

今回の宿は徒歩では無理な距離だったので、迷いなくタクシーを利用。明朗会計の安心タクシーでした。

画像2

宿に到着。単身者向けの小綺麗なホテルです。

画像3

さっそく散歩してみます。

画像4

ちょっと大きめのショッピングセンターの中。

画像5

厚型テレビが標準です。

画像6

遅めのランチをば。

画像7

これで¥100そこそこだったかな。安い!そして美味い。

画像8

公園はどこでも憩いの場。

画像9

フィリピンではキリスト教が多いですが、ダバオはイスラム教・仏教も多いエリアだそうです。

画像10

ヘイタクシー!

画像11

海に到着。

画像12

生活用の海ですね。

画像13

海辺の集落。

画像14

画像15

バスケットゴールのある広場は若者のエネルギー発散の場。

画像16

海辺の公園。

画像17

どどんとドリアン売ってました。

画像18

晩飯もこれまたウマー。

画像19

といったダバオの街。

一次産業を中心としたシンプルな街という印象です。

それゆえに娯楽的なものもあまり目にしなかったのですが、海辺にはしっかりとダイビングショップがあったので、当然のように翌日のツアーに申込み。

そんな訳で次回はダバオでのダイビング写真の紹介です。


【2021/03/07 追記】
かのドゥテルテ大統領の出身地、ダバオ。ときおりテロの懸念があがったりしていますが、基本的に治安は安定しているようです。と思っていたらコロナが来たりで、やっぱり行きたいところは行けるうちに行っておくの大切。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
ムダが大嫌い。 整理整頓、効率化が大好き。