多様性のある世界は自由な世界 ~ちきりんさんの講演を受けて

(龍論 2011/12/27 – 19:10)

先日ちきりんさん(@InsideCHIKIRIN)の講演を聴いてきました。その中でメッセージとして語られていた多様性を持つ世界というものについて、ちょっと考えてみます。

ちきりんさんは多様性のある世界を豊かな世界だとおっしゃっていました。多様性に富み、選択肢が多くある世界は豊かな世界だ、と。賛成です。これを僕なりに表現するなれば、多様性のある世界は「自由な世界」だと思います。

人はそれぞれに「あるべき姿」を持っており、それが自由に表現された結果多様性に富んだ世界になるんじゃないかと思います。

で、そのあるべき姿を自由に表現するには、思考にとりついている様々な制約を取り外す必要があります(ちなみにこの制約は慣例、規則、経験、常識といった名を語り次々と押し寄せてきます)。その思考の制約を外すのに必要なのが「自分のアタマで考える力」なんだと思います。

多くの人が自分で考え、思考的に自由になり、自分のあるべき姿を存分に表現できる多様性に富んだ世界になればいいな、と思います。

ちなみにこの「全員が考える世界」、個人的にはFacebookに代表されるソーシャルネットワークととても相性が良いのではないかと思っています。(講演の最後に質問させて頂いた話ですが。)

全員が考え、多様性が具現化し、同じ方向へ向かいだした人達がソーシャルネットワークでつながり、社会に対して大きな影響力を持っていく。そんな流れが今後生まれていくのではないかと思います。

楽しみです。


【2020/12/19 追記】
今も昔もちきりん大好き。講演会にはこの回を含めて2回行っています。

当時掲げていた3つの信条「自由・自然・信頼」が、後に「自由・自然・多様性」へとアップデートされるのですが、振り返ってみればそのきっかけとなったのがこの講演だった気がします。

この頃のちきりんさんは完全に謎の女性で、姿はもちろん声を聞くのすら講演会に足を運ばないといけなかったのですが、今やVoicyで毎日声が聞けます。よい時代になったものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムダが大嫌い。 整理整頓、効率化が大好き。