見出し画像

生ゴミ=資源 『コンポストを始めました』

こんにちは、サステナブルな暮らしの実験場"R"の篠崎です。

最近「ゴミは資源だ」といった話をよく聞きます。 ”捨てられるものを使ってアート作品を作って売る。” なんてことは中々真似できませんが ”料理をしてでた生ゴミをコンポストに入れる。” くらいは誰でもできますよね。シェアキッチンの併設されているR-Spaceでは、当然生ゴミが出ます。僕たちは、それをゴミ捨て場に持っていくのではなく、コンポストに入れることにしました。

コンポストに入れて堆肥を作り、その堆肥を使って家庭菜園をしてみる。

とてもシンプルなことですがサステナブルな取り組みとしてとても重要なことの一つだと思っています。コンポストの知識や、堆肥ができた後の家庭菜園をどうするかは、まだどうしていいかわかりませんが、まずはやってみることにします。

小さい事ですが、自分たちがそういう取り組みをする事で、R-Spaceに来てくれる人たちにも伝えていき、広がっていくといいなと思ってます。

そんな私たちが選んだコンポストは、LOCAL FOOD CYCLINGさんのコンポストです。見た目がとてもおしゃれなので、部屋の中にあっても空間の邪魔をしません。匂いも全然気になりません。

「コンポストは見た目がダサいからなぁ」
とか
「わざわざ生ゴミを外にあるコンポストに行くの面倒だなぁ」
なんて思ってる方達にはもってこいです。

さらに、家庭菜園用の種を同封してくれるので、作った堆肥で家庭菜園を始めることもできます。

”サステナブルな取り組み”って言われるとなんか壮大で、自分がやったところで世界が変わるわけない。と思っちゃいますが、このような小さな取り組みの積み重ねがとても大切だと私たちは考えています。

小さなことからコツコツと。

皆様もどうぞお試しください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
R(アーーーーール)は、サステナブルな暮らしを考える実験の場です。