”塗る亜鉛”ローバル
塗る亜鉛防食「浜松のバス停」
見出し画像

塗る亜鉛防食「浜松のバス停」

”塗る亜鉛”ローバル

画像1

バス停の基礎金物にて厚膜ローバルローバルシルバーをご使用いただいています。

【浜松のバス停:静岡県浜松市 バス停「蜆塚一丁目」】
設計:VUILD株式会社
撮影:黒部駿人

画像2

主に木材で構成されたキャノピー型のバス停で、基礎金物と支持金物のさび止め 兼 意匠として厚膜ローバルとローバルシルバーをご採用いただきました。

基礎金物はコンクリート埋設部にも厚膜ローバルを塗装いただいており、露出部分はローバルシルバーにて仕上げられています。

画像3

画像4

ローバルシルバーの低光沢な仕上がりは、コンクリートと木材を違和感なくつなぎ、木材の温かさや自然な風合いを引き立てているように見られます。

また、雨水などの溜まりやすい地面と接する部分では、防食対策として十分に性能を発揮します。

画像5

画像6

自然材料ならではの経年による変化は、木材だけでなくローバルシルバーも色変化として現れ、時間と共に変わる表情も楽しみな物件です。

お近くに寄られた際は、是非足を運んでいただければと思います。

<使用材料>厚膜ローバルローバルシルバー

★場所はこちら


↓↓ 地面と接する部分(地際)でのさび止めについて ↓↓


↓↓ この他の基礎金物での物件はこちら ↓↓


Twitterもフォローお願い致します!

(記事担当:FKD)




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めっき補修にはローバル!
”塗る亜鉛”ローバル
塗る亜鉛コーティング材のローバルです。ほぼ亜鉛の材料ならではの特性や、意匠建築・さび止め用途での実績紹介、検証「〇〇やってみた」、DIYで使える情報などをお届けするローバル株式会社のオフィシャルnoteです。http://roval.co.jp/