見出し画像

雨どいの口径決定計算書を期間限定無料公開します!

先日、Youtube動画にて公開いたしました雨どいの口径決定方法解説動画で使用した計算書を期間限定(2020.8.31まで)にて無料配布いたします!

雨どいの口径決定計算書の使い方

それでは使い方の説明をさせていただきます。

まず、黄色いセルはリストから選択セル、青いセルは入力セルになります。

右側のごちゃごちゃしているのは判定している部分なので触りません。(隠しても良かったのですが、確認のため放置してます)

※触るとエラーになります

まずは、初期設定をします

降雨量設定

上記画像の降雨量を設定してください。(標準は100㎜です)

又、雨どいが長方形の場合は右下の長辺の部分も入力してください。

次に計算書を入力していきます。

サンプル計算書

1.セルの”配管区間”(屋根面積や立管と横管の違いで変えます)をカタカナにてリストで選択します。

2.屋根面積を求める部分があり、各面積を区分したいのでの”対象”のセルで大文字アルファベットにてリスト選択します。

 ※それまでの累計をまとめたい場合は”全”を選択し、雨水槽からの合流がある場合は”ドライ”を選択します。

3.のセルには屋根を平面に投射したときの縦と横の寸法を入力します。

4.露出している壁がある場合は④のセルで”1/2”を選択します。

5.対象の面積に対して何個のルーフドレン(雨どい口)が飲んでいるかの数を入力します。

6.⑥のセルで立管か横管か、パイプの形状はパイプか長方形か、横管の場合は設定勾配を選択します。

7.ここまで入力すると真ん中の自動計算と右側のパイプ口径が自動決定されます。

8.雨水槽からの合流がある場合は下記の表も入力します

雨水槽部分

ドライエリアの縦・横の寸法、ドライエリア上部の高さを入力すれば、屋根面積の自動計算ができます。

尚、立管の参照先はこちらの上の青枠の表から

降雨量設定

横管の参照先はこちらの青枠の表から

横管許容面積

参照しています。

以上の数値は給排水衛生規準・同解説(SHASE-S 206-2019)より引用しておりますが、各自治体の下水道条例に従って変更していただくことをおすすめいたします。

又、細かいデバッグはできてませんので、もしかしたら思うような結果が出ない可能性もあります。(可能でしたら教えてください)

以上のことをご理解いただいたうえで、下記よりダウンロードしてご利用ください。

期間限定無料公開(2020.8.31まで


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
京都の水道屋15年以上勤務。給水装置工事主任術者・1級管工事施工管理技士・排水設備責任技術者など所持。 このnoteでは、日々多忙な水道屋さんが、少しでも楽に事務作業をしていただけるような計算書などを投稿いきます。 ブログ:ろしおログ twitter:@RossyoWater
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。