rmia

絵を描いています。大学3年から高校1年までの、三男一女の母です。ストックイラストやってます。
    • 読書記録

      • 11本

      自分が読んだ本を記録しています。

    • Inktober2021

      • 25本

      Inktober2021に参加したイラストです。全てアナログで筆ペン(主にトンボ「筆之助しなやか仕立て」)で描いています。

    • イラスト

      • 245本

      リアルさを追求しないイラストを集めました。

    • 人物イラスト

      • 41本
      • 92本

      できるだけ本物に近く見えるように描いてみました。

    • すべてのマガジンを表示

[読書記録]2021年11月に読んだ本

11月に読んだ本の中では、noteの読書感想文の課題図書が読み応えがありました。小学校での読み聞かせを頼まれたので、その準備のために読んだ絵本も入っています。今年も残…

アートへの「旅路」を共に歩く(川内有緒『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』(集英社、2021)読書感想文)

とにかく面白い、ものすごく面白い本だ。美術鑑賞のイメージが、堅苦しいものから、気軽に楽しめる易しくて豊かなものへと、ゆったりとひらかれていく。 本の感想を書く前…

生きることが表現

今、『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』という本を読んでいます。感想は読み終わってから書く予定ですが、さっき読んだページに出てきたアート作品が衝撃的だった…

懐かしいファンタジー (あまんきみこ『白いぼうし 車のいろは空のいろ』(ポプラ社、2000)読書感想文)

ふわっとそよ風に乗ってやってくる、どこか懐かしいファンタジー。それがこの短編集『白いぼうし』の印象です。 空色のタクシーの運転手、松井さんのところには、いつも不…

言葉がなくても優しさは伝わる

なんだか最近、ひとつのエピソードを繰り返し思い出してしまうので、今書いておこうと思う。既にnoteにも書いたのではなかったかと思ったのだけど、過去の記事を探しても見…

怒りを取り戻せ!(武田砂鉄『マチズモを削り取れ』(集英社、2021)読書感想文)

読んでいると胸がざわつく。ざわざわ、ざわざわ、と不穏なものが心に迫ってくる。自分が見ているはずなのに見えていなかったこと。どこか当たり前のことになって「おかしさ…