猫とパン屑--村上春樹『猫を棄てる』感想文

読みながらずっと、私と入れ替わるようにこの世を去った祖父のことを考えていた。 数年前に祖母が亡くなった。遺品の中から祖父の従軍記録のような書類が出てきた。そこに…