天上天下唯雅独尊がかっこいいと思った日々~懐かしいバンギャ時代~(高校生前編)
見出し画像

天上天下唯雅独尊がかっこいいと思った日々~懐かしいバンギャ時代~(高校生前編)

凛音

皆様ごきげんよう。この記事の筆者の凛音と申します。この度は私のnoteを拝見してくださりありがとうございます。

この度私のバンギャ時代のお話でも書こうかと思います。全てノンフィクションですが登場人物に一切関係はございません。読みにくい部分もございますが広い心でお読みいただければ光栄です。

ちなみにタイトルの言葉は当時よく雅~miyavi~が使っていた言葉です。

私がバンギャルに目覚めたのは2002年頃たまたま見ていた音楽番組に出ていたPsycho Le Cemu(Cの上のカンマは省略、ここではサイコと呼ばせていただく。)の演奏を聴いた時だった。

その曲を聴いて胸を撃たれたのは今でも覚えている。

高校生時代を語るその前に中学生時代から遡ることにする。
私の中学生時代はフォークグループの19(ジューク)というデュオが好きだった。
高校生になったらライブ行くんだぁ~なんて思っていたらすぐに解散‥受験シーズンなのに勉強が手につかなかった(ただのバカだった)
19のファンをしていた頃B-PASSという雑誌を愛読していた。

画像1

たしか上記の雑誌に当時まだインディーズ時代のサイコが載っていた。
その時の衣装はドッペルゲンガー時代のあのハデハデしいやつだ。(下の写真参照)
私はその当時ヴィジュアル系が大嫌いだった。
小学生の時GLAY、シャズナ、LUNASEA、マリスミゼルが流行ったいた時代・・テレビで見る度『男性で化粧とか気持ち悪い』と思っていたのだ。
上記のB-PASSに載っていた写真が気持ち悪いというか東京タワーの蝋人形館内で撮った写真でものすごく怖かった印象。

画像2

そして高校生時代に戻りテレビでメジャーデビュー曲を歌っているサイコを見て思い出したのだ。あの頃B-PASSで見た気持ち悪い人達だ!!と…名前は読めなかったがなんとなく頭文字が“P”のつく名前という事だけ憶えていた。

私はいつも食わず嫌いな人間だ。見た目だけで判断して嫌いと決めつける‥ヴィジュアル系を毛嫌いしていたけど彼らの歌が胸に刺さって好きな気持ちに変わっていったのだ。

とりあえず近所のCDレンタルショップでCDを借りた気がした。
聞いた途端めちゃくちゃ曲がよかったのだ。見た目の割にはいい歌を歌うじゃないか!なんて偉そうに言えた身分ではないがそう感じたのだ。

そこからファンになろうと調べたが当時はインターネットは今みたいに普及しているわけでもなく、調べようにも調べられない‥ヴィジュアル系のファンなんて怖いし、ヴィジュアル系ファンになっても学校や周りの友達から気持ち悪がられるよなぁ~ファンになるのやめようかなんて考えていた。
そんな話を中学生時代からの友達にふと話してみたら友達は私にサイコを好きになる勇気をくれた。

『好きなものなんだから誰に何を言われても応援すればいいじゃん。』

目が覚めた。バチーンと背中を押された。好きなものは好きなんだ。周りからどう思われても私は私なんだから貫けばいいんだと。

そこから手探りのヴィジュアル系バンギャ厨二病生活がスタートした。

とりあえずKERAを買った。SHOXXを買った。安全ピンをたくさん買った。まずは初ライブに向けてどんな格好で行けばいいのか考えた。

当時ヴィジュアル系のライブに行く子はヴィジュアル系ファッションで行くのが普通?だった。
パンク、ゴスロリ、ロリータ‥etcどれもこれも田舎には売ってねえ!!!!東京行くにも金がかかる!!そんな時はしまむらだ!!!って言ってもヴィジュアル系の服なんて売って…あっ‥これ‥よく男子のお母ちゃんが買ってくるよくわからん文字がいっぱい書いてある服‥使える‥このおばちゃん服コーナーに売っているロングの黒いスカート‥使える‥あっこの黒い日傘‥自分でレース付けたらゴスロリっぽい‥使える‥メイクはとりあえず目の周りは真っ黒か・・アイライン太く塗ろ‥このめっちゃ赤い口紅‥ヴィジュアル系っぽい‥買おう‥とまあこんな感じでヴィジュアル系っぽいのは手あたり次第買っていた。田舎バンギャはあるあるだよね‥

そんな時サイコのファンクラブ『クロノス』というものを知った。ライブチケットが優先的にとれるし、東京ツアーファイナルのチケットもすぐ取れる。
私は申し込みをして郵便局でお金を支払った。そのあとファンクラブ会員になり、初めて地元に来るツアーに行った‥高2の夏だった。

確かアルバムのFRONTIERS夏ツアーが初めてだった。

画像3

その頃地元にヴィジュアル系の友達なんていなかった。
とりあえず目立とうとKERAを愛読し、載っているモデルさんのファッションを参考に髪の毛を自分で染めて金髪にして、SHOOPの赤チェックのスカート、しまむらで買ったヴィジュアル系っぽいTシャツ、しまむらで買った黒の厚底靴、ボーダーの靴下で一人でライブに行った。
ライブハウスにはたくさんのファンがいた。うれしかった。
地元にこんなにファンがいるなんて‥とりあえずヘドバンはできなかったからライブハウスの後ろのほうで暴れていた。
間近で見れたサイコはすごくすごくかっこよかった。
狭くて小さいライブハウスだったんだけど知ってる曲やっただけで感動したなあ~…

その後秋ツアーファイナルはお金がなくて行けなくて、冬に行った西遊記ツアーの今は亡き舞浜の東京ベイNKホールに参戦した記憶がある‥
たしか年末に友達のバイト先でおせち作りのバイトしたお金とお年玉を握りしめ、1月のお正月中に行ったライブだったなあ‥109に福袋を買いに行って、(当時流行っていたギャル服も好きだった。)その後、舞浜に向かった。
大きい会場は初めてでめちゃくちゃ緊張した気がする‥会場は東京ディズニーランドの裏側にあったホールなんだよね。
多分今はホテルが建っているかアンフィシアターのある辺りかな??
当時着ていった服はたしか地元に唯一あるヴィジュアル系の服屋さんで買ったパーカーにシドヴィシャスの愛用の南京錠ネックレス(パチモンだけどめっちゃ使っていた。)とSHOOPの赤チェックスカートでコテコテパンクで言った気がする。

画像4

その後、最初のライブを見に行ってサイコのコスプレさんを見て私はひそかにコスプレしたいな~と思っていた。(当時アニメコスプレイヤーはレイヤーと呼んでいたがヴィジュアル系のコスプレさんをレイヤーと呼ぶのは禁句だった)
衣装はライブverの天使コスのDAISHI‥本命麺(※一番好きなメンバーという意味。私の本命麺はYURA様)のコスプレをしたかったが絶対に合わないからと思ってやめた。

私は春のNHKホールに初コスをするんだと目標をたて、コスプレの準備を開始した。

それから渋谷の今は亡き布屋さんのマルナン(当時めっちゃお世話になった)でサテン生地をかってレッグウォーマーを作ったり、白いシャツとズボンをしまむらで買ったり、天使の羽を作ったり、ひっそりひっそり準備をした。

当時コスプレの為に地元の美容室で初めて金髪に染めた。
ついでにファイバーのエクステを襟足につけてもらって、なんちゃってDAISHIの髪型で東京に向かった。

東京に着いて一番最初にしたことはソロプリを撮った。
渋谷マルキュー②の一番上の階のプリクラで(当時人がいない穴場だった)初めてコスプリを撮った。
恥ずかしいので何度も脳内でシュミレーションして、最速でプリ機の中で着替えてプリ撮って脱いでみたいなことをした(笑)

そしてその日メル友のサイコファンの女の子と初めて会った。
会場の座席は違ったし、会場前だけ会おうってなったんだけど、自分も向こうも緊張しててまともに話ができないまま別れてしまった‥なんとも無念だった。
私の初コスプレデビューはそんな感じ。
会場の何人かに一緒に写真撮ってくださいって言われてめっちゃうれしかった。その喜びがあったからコスプレ続けていこうって思ったんだよな。

その後ライブに行ったのはたしか高3の夏休み前くらいにやったSweetHEART(音楽事務所)の対バンの(いろんなバンドが出るライブ)ZEPP TOKYOに行った気がする。
当時少し人気があったDAIGOが出ていたのをものすごく覚えている。あとPlastic Treeとか出ていた気がする。

その時もコスプレしたくて、マルナンにあったチャイナ生地を手にして、私はパンフレットの衣装を作ろうとした。

画像5

洋服なんて一切作ったこともない私が手探りで1から作った初めての衣装。
ほんとにくそな出来栄えだった。恥ずかしくて着るに勇気がなかった。変なコスプレだと思われたらどうしようって‥

けどせっかく作ったしえいやって着てみたらそうでもなかった。ただ初めてヘドバンとかして暴れたら速攻股の辺りが壊れたが…

ここまで高校生全編をお送りしました。続編はまたの機会に書ければ書きます。

ではここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
プープープー!(どうもありがとう)
凛音
元バンギャ&元二次元腐女子。2getherからアジアBLの世界へこんにちわ。タイ、台湾BLドラマを中心に腐りながら感想書いて生きています。座右の銘『推しは減らさず増やしてけ』最近はHIStory4にお熱。陳立安君LOVE