天上天下唯雅独尊がかっこいいと思った日々~懐かしいバンギャ時代~(高校生後編)
見出し画像

天上天下唯雅独尊がかっこいいと思った日々~懐かしいバンギャ時代~(高校生後編)

凛音

皆様ごきげんよう。この記事の筆者の凛音と申します。この度は私のnoteを拝見してくださりありがとうございます。

この度私のバンギャ時代のお話でも書こうかと思います。全てノンフィクションですが登場人物に一切関係はございません。
詮索はお控えいただきますようお願い申し上げます。
読みにくい部分もございますが広い心でお読みいただければ光栄です。

ちなみにタイトルの言葉は当時よく雅~miyavi~が使っていた言葉です。

前回書いたお話の高校時代後半を書いていこうと思います。

時代は2004年頃、高校3年生からになります。
高3になってくると結構ライブに行ったので記憶的に合っていれば下記のライブに行きました。
間違っているかもしれないがそこはご了承を。

Psycho Le Cemu 春ツアー NHKホール
sweet Heart 対バン Zepp Tokyo
Psycho le Cemu 夏ツアー Zepp Tokyo
雅 メジャーデビュー 日本武道館
アリス九號.×カレンライブツアー 地元ライブハウス
Psycho Le Cemu 冬ツアー Zepp Tokyo
ナイトメア 冬公演 中野サンプラザ
ガゼット DISORDER ツアー 地元ライブハウス
Psycho Le Cemu 地元豆まき(もう地元バレである)


だった気がする。結構バイトしながらお金貯めて参戦したかもしれない。

初めてのバンギャ友達

私は高校生時代吹奏楽部に所属していた。
結構ゆるゆるな部活で、バイトに明け暮れていても練習に出れば特になんも言われないし、入った理由も田舎の学校だから遊ぶところもなくて、放課後が暇だったからという理由w
夏の吹奏楽部の大会に向けてなぜか先生だけが燃えていて、少しでもいい成績を残そう!と頑張っていた。
高3最後の大会だし、ぼちぼちがんばるかぁなんて思っていた。
当時通っていた高校はヤンキーとかギャルばかり集まるような学校だったわけで、(今は違うよw)楽器を演奏できる部員が足りなかった。
そこで先生がスカウトした元吹奏楽部の子で大会までの間、仮入部という形で一緒に大会へ出場してくれる子が数名集まった。
仮入部に来てくれた子を見てピンときた。

めっちゃヴィジュアル系っぽい子が居る!!!

顔はガゼットの葵にそっくりで(本人に言ったら怒られるが)、長い前髪、背もすらっとしていて、一目ぼれみたいな感覚だった。
その子を葵ちゃん(仮名)と呼ばせていただきます。
けど持ち物も特にヴィジュアル系っぽいものを持っているわけでもなく、ピアスも開いていないし、(実は口ピが開いていたw)
雰囲気だけでヴィジュアル系好きでしょ!?と言えるわけもなく‥少しでも葵ちゃんと話すチャンスが欲しくて、人数が足りてない楽器に変更し(葵ちゃん:チューバ、私:トランペット→ユーフォに変更)お近付きになりたくて必死だった。
ある日、手持ちのトートバッグを見て確信した。Kagrraのトートバッグだ!!!

画像1

Kagrra

この子は間違いなくバンギャだ。Kagrraなんて結構マニアックだなと思い、初めて声をかけた
わい『ヴィ、ヴィジュアル系好きなの???それKagrraのトートバックでしょ?Kagrra好きなの??』
葵ちゃん『Kagrraは本命ではないけど好きだよ!』
わい『私サイコが好きなんだ。よかったら友達にならない??』
葵ちゃん『いいよ』
初めてのバンギャ友達ができて舞い上がっていた。
葵ちゃんは私の一つ下の学年で当時高校2年生。
本命盤はPIERROTで、Plastic Treeとかガゼットとかも好きだった。
同じ学校に同じヴィジュアル系が好きな子が近くにいたなんて!!と運命だと感じた。


※当時推し活なんてもんはなったからバンギャやオタクや腐女子はギャルとかに『あいつなんだよーwwきもっ』みたいな感じでよく陰口を言われていた。例外にもなく私もバンギャは隠して見た目はギャルのふりをしつつ、たまに真っ赤な口紅つけたり、(2000年代初期、赤口紅の若者はあまりいなかったんだよ)安ピンたくさんつけたスクバ(スクールバッグ)で登校してたら『きっしょ』と言われた。( ;∀;)
たぶん葵ちゃんもバンギャだとバレないよう必死に隠していたからわかりにくかったんだと思う。
(実は金パで黒ウイッグ被って登校してた時はびっくりした!)

葵ちゃんとは一緒に地元のアリス九號.×カレンのライブに行ったり、ガゼットで一緒にDISORDERのコスプレをした。(※葵ちゃんの本命麺はれいたでれいたコスさんです)
あと地元の集会行ったりとか、学校を卒業してもなんやかんや仲良かった。
自己紹介シートでも少し書いたけど、私は葵ちゃんの事が好きだった。
葵ちゃんは女の子だけど、後にも先にも本気で好きだった女の子は葵ちゃんだけだった。
自分が同性愛で悩んだ時期もあった。当時は同性愛の自分を受け入れてもらえるのかほんとに怖くて、最近見たWBL(台湾BLドラマ)を見てシードの気持ちに共感を持って見てた(友達のままの関係でいたいという気持ち)
けど思っているままでいるのは嫌で告白だけした。卒業式の日に手紙で。
そのあと葵ちゃんからメール来ていたが振られるのが怖くて春休みの一週間怖くてメールが見れなかったw結果はOKだったけど、私が東京の学校だったので遠距離恋愛は嫌だと言われ付き合ったのだが数カ月で別れてしまった(;^ω^)
その後は普通の友達として過ごしているw未練は少しあったけど、今更感だったからそのままいい友達の関係で居た。

画像3

葵ちゃん(仮名)になんとなく似てたThe Gazetteの葵さん(ギター)

初めての集会

当時フールズメイト、バンドやろうぜ!の文通募集記事を本屋さんで所狭しと写メしたり、メモっていた。(※ダメです。犯罪です。)今では絶対ありえないだろうが、当時は普通に雑誌の文通募集欄に送り先の住所が載っていて、その住所に直接手紙を送れるシステムだった。

画像2

当時バンやろでギター練習したでしょ?みんな(私はした)

そこで知り合った人は北海道から大阪まで全国区のバンギャ仲間とペンフレになった。
地元の人で文通募集を探していた人がいて手紙を送った。そこで知り合ったのはLUNA SEAコスを地元でしているお姉様(年齢不詳)
彼女は地元で大きなヴィジュアル系集会をしており、今度集会をやるから来ないかという誘いがあった。
私は浮かれ気分だった。地元でヴィジュアル系の友達ができる!!と。コスプレもOKだったので、春ツアーで作ったDAISHIのコスプレを持って集会をやる場所まで電車で行った。
待ち合わせ時間、ほんとに参加者が居るのか心配だった。けど結構な人数が居て(10人~20人ちょい)みんな初めましてだったけどいい人ばかりだった。
その時に出会ったサイコのコスさん(AYAコス)と仲良くなった。
比較的近い地域に住んでる人で、私とタメだったんだけど、その人がめちゃめちゃ綺麗なAYAコスさんでHPとか毎日見てた(ガチで)
その人に今度地元のサイコファンでユラシクバ(メンバーのYURA様、seekバースデー)やるから来なよ!って誘われて初めて行ったユラシクバで私が18禁同人誌をもらい腐女子となったのは別記事で(※序章の記事を読んでね)
高校卒業するまで4~5回は集会に参加したかな??
集会と言ってもプリクラ専門のお店があって、そこで一日中溜まりながら話をしたり、プリクラを撮ったりするだけである。
当時はそれが楽しかった。
しかもみんないかつい恰好で、ヴィジュアル系のコスプレしたりして派手だったから変にいちゃもんつけられなかったしw(当時迷惑をかけてすいませんでした)

最強のチーム参上

当時コスチームというのに憧れた。

コスチームとは
ヴィジュアル系バンドのコスプレをするのにそれぞれ担当コスが決まっていて、同じ衣装の併せをして、ライブや橋に行く仲間たち。

私はDAISHIコスをやりたかったからDAISHIコスで探してみてもボーカルは大体決まっている。掲示板でたまたまDAISHIコスを募集しているグループがあって応募した。だけど手違いでYURA様枠しか空いていなかった。この際だからYURA様コスにシフトチェンジしようと考えていた。
初めて会ったのは原宿の神宮橋でたしかDAISHIバースデーの時だったかな。DAISHIコスで行ったらLida担、seek担、AYA担が居た。
橋でめっちゃ仲良く外人さんも交えてトランプしててこの子たちは面白い子だなと思ったのが第一印象だった。
AYAバースデー初めてみんな集まった。なんと!一人はまだ中学3年生だった。
話してみたらみんないい人でなんやかんやあれからずっと友達である。
最近はずっと会っていないけど、みんな元気に過ごしている。
もうすぐ出会って20年か(遠い目)

ここまでお読みいただきありがとうございました。

また専門学校編とか書けたら書きます!(いつになるかは不明)

ではありがとうございました!








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
プープープー!(どうもありがとう)
凛音
元バンギャ&元二次元腐女子。2getherからアジアBLの世界へこんにちわ。タイ、台湾BLドラマを中心に腐りながら感想書いて生きています。座右の銘『推しは減らさず増やしてけ』最近はHIStory4にお熱。陳立安君LOVE