見出し画像

なぜ「検査、検査、検査」なのかーPCR検査を考える①

新型コロナウイルスの感染が欧米諸国でも急速に拡大しています。WHOは3月16日の会見で「検査、検査、検査」とくりかえし、新型コロナの感染が疑わしい患者に対する積極的なPCR検査を呼びかけました。

感染拡大に伴う不安感が高まるなか日本では、症状のない人まで全員にPCR検査することを求める議論も登場。「検査、検査、検査」は日本に向けられた批判ではないかとする向きもありますが、本当にそうなのでしょうか。

受ける側のメリットはないPCR検査

この続きをみるには

この続き: 2,409文字
記事を購入する

なぜ「検査、検査、検査」なのかーPCR検査を考える①

村中璃子 Riko Muranaka

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
村中璃子 Riko Muranaka

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
15
医師・ジャーナリスト。命や健康に関わるフェイクニュースに傷つかない、騙されないために。著書に『10万個の子宮 あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか』(2017年2月)『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』(2020年8月)