新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

WHO内でも中国寄りが問題視されていたテドロス氏

アメリカのWHO脱退表明があってから3日後、週明け6月1日の会見で、テドロス事務局長は、「WHOはアメリカの協力が継続することを望む」と語った。

翌6月2日、AP通信は、なぜか突如として、独自入手したというWHOの内部文書と会議の音声記録をもとに、「中国の情報共有の遅れにWHOは苛立っていた」と題した長文記事を発表した。

中国は、12月27日には新型コロナウイルスのほぼすべての遺伝子解析を、1月2日には新型コロナウイルスの全遺伝子の解析を終えていたが、それを1月10日まで共有せず、その後2週間もの間、感染者や流行状況についての詳細の開示を渋ってWHOとデータ共有しなかったというものだ。

テドロス氏の中国寄りの態度が、WHO内部でも問題視されていたことも明らかにされた。

この続きをみるには

この続き: 2,315文字
記事を購入する

WHO内でも中国寄りが問題視されていたテドロス氏

村中璃子 Riko Muranaka

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
7
医師・ジャーナリスト/ 命にかかわるフェイクニュースに傷つかないために。

こちらでもピックアップされています

文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】
文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】
  • ¥3,000 / 月

noteで私が発表する記事がぜんぶ読める基本のマガジンです。継続的に執筆を応援してくださる方、私の書いた記事はぜんぶ読んでいきたいという方にお勧め。引用の際には出典のご記載をお願いします。プラスαを読みたい方、医療関係者には「文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】」がおススメ。