変わらないもの

「変わらないね、アンタは」

レンズの向こう側で目をほそめ、ふわりと笑う彼女とは
小学生のころからの付き合い。

もう3年ほど連絡をとってなかったけれど、「大学を卒業する前にもう一度会いたい」と思いつきで連絡をしたら、すぐに会うことが決まった。

久しぶりに会うというのに、昨日の続きのように話が盛り上がる。
息がぴったり合って、会話のテンポも良い。

地元から都会に出て、スターバックスでお茶をしながら
会わなかった期間の出来事をお互いに話す。

私たちのお決まりのコース。


彼女は昔から勤勉で、高校からは偏差値の高い学校に通っていた。
大学では中国語を専攻し、留学もしたらしい。

「就活はね、語学を生かしてもいいんだけど、広告関連の仕事に応募しようと思ってんだ。」

話をきいていたら、なんだか彼女がとても遠い存在に感じた。

「なんかすごい、知らないうちに大人になったね」

「そうかな?そんなに特別なことはしてないんだけどね。それより、アンタはこの3年なにやってたの?」

「ん?私はね……」

***


この3年間でいろいろなことがあった。

大学での勉強についていけずくじけそうになり

身についていないフランス語を使って、アジアの学生と交流をするためにモンゴルへ行った

付き合っていた恋人には大切にしてもらえず、べつの女の子に乗り換えられ

バイト先では、お客さんからストーカーされたりもした。

たくさんの経験から学びがあって、落ち込んでは立ち上がることを繰り返した。

あらゆる人に支えられて、意見をもらって
考え方だって変わったと思う。

今までの私とは違う……。

何度も荒波を乗り越えて、前に進む船のような感覚。

1つ波を越えるたびに、"大人"になっているつもりだった。

しかし、彼女から見た私はそうではないらしい。

「――っていうことがあってね、でもここは冷静に対処しようと思って我慢したの。」

「ふふふ。そうかー。なんか昔から変わらないね、アンタは」

「え?なによいきなり。結構大人になったと思わない?」

「全然変わってない。安心したわ」

「なによー」

「まぁまぁ、これからもそのままでいてよ。その方がいいから」

「いいや、私はカッコイイ大人の女性になるの!キャリアウーマンになるんだから」

「それは好きにして」

「もー、話ちゃんと聞いてってば!」

風が少し冷たくなったころ、彼女とは別れた。

少しは変わったと思ったんだけどな……。とつぶやきながら、帰りのバスを待つ。
考えても答えはでなかった。

「誘ってくれてありがとう。また会おう」
彼女から連絡が入り、今日会えてほんとうによかったなと胸がいっぱいになった。

ふと、学生時代に「また明日」と帰り道で別れるときの感覚を思い出した。

つぎに彼女に会うのは、何年後だろうか。

そのときまでに話すネタを増やしておかないと。と思いながら、バスに乗った。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
らいむ

webライター/元(現)ダメンズウォーカー 辛い恋愛をやめて、女性が美しく気高く生きられるような情報や クスッと笑って心温まる出来事を発信中。たまに博多弁。アイドルとアニメが大好き。

エッセイとか日記とか、思ったことを自由気ままに。