見出し画像

Monica Isakstuen”Vær snill med dyrene”(動物に優しくしなさい)

Monica Isakstuen”Vær snill med dyrene”(動物に優しくしなさい)を読みました。Brage賞受賞作です。Monica Isakstuenは詩人でもあり、そのことが読み取れる技巧に満ちた文章が魅力です。随所に散りばめられたショートセンテンスも効果的に使われていて、唸らされました。

母親という役割に縛られる苦しみを感じている女性が、自分と母親との関係性と、自分と娘との関係性を重ね合わせながら子どもをただかわいいと思うだけでなく、同時に嫌悪してしまう思いが赤裸々に描かれています。

現地では離婚小説と呼ばれていますが、夫と主人公の女性の間に具体的に何が起きたのかはあまり詳しく書かれていませんでした。恐らく日本人の関心はもう少しわかりやすい毒親や、モラハラ夫、家事を全くしない夫ではないかと思うので、内容的にちょっと日本で出す時は工夫のいる作品ですが、筆力のある作家で要注目です。

生きやすいと言われている国でも女性は役割という重圧に苦しんでいるのですね。日本はさらに女性が働きながら子育てしにくい国ですね。

この続きをみるには

この続き: 595文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

文フリ東京に出す北欧フェミニズム入門の原稿 紙版はこちらで買えます。北欧フェミニズム入門(2019年11月24日文学フリマ東京) | ho…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

北欧語の翻訳者枇谷玲子です。北欧の書籍について書きます。 https://twitter.com/trylleringen https://www.huffingtonpost.jp/author/reiko-hidani/ http://reikohidani.net/

この記事が入っているマガジン

#文フリ東京 北欧フェミニズム入門 #文フリ #私の仕事
#文フリ東京 北欧フェミニズム入門 #文フリ #私の仕事
  • 22本
  • ¥300

文フリ東京に出す北欧フェミニズム入門の原稿 紙版はこちらで買えます。北欧フェミニズム入門(2019年11月24日文学フリマ東京) | hokuoufeminism https://booth.pm/ja/items/1697358 #booth_pm 文学 #詩 #本 #フェミニズム #ジェンダー

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。