連作20首「プロトコル」

清潔なふりをしている灰色の空気を深く吸い込んでいる

教室の言語に対応していない僕のノートを埋める文字化け


騒がしいクラスメイトの視線から安全に取り外されている


ディスプレイだけが明るい「ようこそ」と迎えてくれる野戦病院


受け取った以下同文は特別ではないと思い知らせる装置


情熱を持った自分の「次回から表示しない」にチェックを入れる


満員の銀河鉄道いつまでも機械の体は手に入らない


歯車が噛み合ってないわけじゃない歯車なんて持ってなかった


死んじゃうと喘ぐ女を見たあとで命を救う僕のクリック


終わらない充電期間 眠っても赤いランプが消えてくれない


折れている操縦桿を大切に握ってどこへ向かうのだろう


人生をリセットすると間違ってセーブしたところから始まる


適当にスマートフォンを見渡せば救えない人ばかり目につく


苦しみの比較サイトで並んでる僕と途上国の子供ら


間違った選択を責めるみたいに何度も表示される広告


唐突に鳴った電話で意味もなく見続けていた画面が消える


気が付くとずっと喫煙席にいたようでさっさと出ればよかった


五年ぶりに開いたメールボックスで動く絵文字がまだ生きている


薄暗い部屋で干す洗濯物が指を濡らしてちゃんと冷たい


コンビニのコーヒーマシンを扱える程度に何とか暮らしています

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
僕だけがインターネットの亡霊で他のみんなは居酒屋にいる

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。