誰が悪い?全員悪者?#1
見出し画像

誰が悪い?全員悪者?#1

REGATE 金城貴士

こんにちは。
㈱REGATEの金城です。

ネタ切れネタ切れと言いながら
昔々の記憶がちょいちょい思い出されるので
なんやかんやで更新ができていますwww


さて、今回の案件は誰が悪いのか?がメインテーマ。
読み進めながら誰が悪者なのかを推測してください。


登場人物全員クソみたいな案件。

今回は少し登場人物が多いので頑張ってついてきてください!
とある映画を思い出せば登場人物の顔を思い浮かべながら読めるかも♪

最後には豪華景品が当たるクイズをご用意しています!


ではど~ぞ~


◆退職者の引継ぎ


その日は急に訪れた。
「金城さん。会社辞めます。あの部長もう無理っす!」


木村がいきなり告げる。
まあ昔から加藤部長との折り合いがつかない感じだったから
そのうち言い出すとは思っていた。。。

いつか辞めるだろうと想定していたもんだから驚きが全くない。

「なんでだよ?」
「もう少し頑張ろうぜ?」
「せっかく今まで頑張ってきたのにさ」

というありきたりの引き留めワードも出てこない。


なので
「了解。じゃ、引継ぎ事項まとめようか」
こんな感じで淡々とした返事しか出せなかったwww


もともとこの木村のサボり癖に辟易していたし、常に誰かのせいにして自分が努力しない事を棚に上げる性格に嫌気がさしていたという事もある。
ビラ配りも自宅の押し入れに捨てるだけ。
外回りをさせたらすぐにエアコンの効いた喫茶店で居眠り。
日中はサボり、わざと残した残務を夕方から始める。
それで毎日残業して頑張っているアピール。
会社や同僚の文句を言わせば一級品。
ちょっと詰めたらすぐに涙目になって逆切れする。
そんな奴だった。

だから私だけではなく部長はもちろん社長、事務員、後輩たちとか全ての社員が「やっぱりね」という感じで誰にもねぎらわれる事もなく辞めていった・・・


最後に会社を出ていくときは

「なんで誰も止めないんだよ!冷たい奴らだな!」

という捨て台詞を大声で発して去っていった。。。


さて、こんな奴が辞めたもんだから引継ぎは大変。

顧客のデータや台帳をしっかりと管理しているわけもなく、
過去の案件の進捗状況とかの履歴も全てない。

とりあえず目に付く案件に後輩を連れて同行しながらオーナーさんに木村の退職の連絡と新しい担当としての挨拶を済ませる。

これまたびっくりする事に全てのオーナーさんが口を揃える。

「担当者変わるの?よかった~♪」

・・・だ。


難易度が高そうなやつは上司として私が引継ぎ、比較的簡単な案件は全部後輩たちにばら撒いた。


◆管理会社の協力


自分が受け持った案件を一つ一つ整理しながら物件を売り出す準備や段取りを仕切り直す。

一通り案件の目途が付いたところで一番きつそうなヤツに取り組む。

オーナーの大友さんは建ててすぐに離婚したのでこの物件に思い入れもない。離婚後に手っ取り早く賃貸に出すという安易な考えで貸し出しをしたらしい。
もちろん残債もしっかりと残っている。。。

大友さんに会った印象は淡々としていて感情があまり表に出ないタイプ。


△△市の築30年 RC造 二階建て 駐車場1台

場所もいいとは言い難い。
木村が付けた物件の査定価格も相場よりアホみたいに高い。
あと、何よりも物件の状態がひどかった。

普通なら担当者の退職のタイミングで手放したい案件だが、木村が大友さんをそそのかし稟議書を誤魔化しながら既に物件に100万円を超える金額を投下していたことが判明。
敷地内の産業廃棄物の撤去などに使ったらしいが、全額それに使用したかは怪しい。どこかで木村がピンハネしていた形跡もあるが証拠がない。

大友さんの財務状況ではこの100万円は物件が売れないと回収ができない。

つまりこの物件を売る以外の選択肢は選べない。
手を引くにも引けない理由がこの100万円だ・・・クソが。


また、直ぐにリフォームしてクリーニングして売り出せばいいというわけにはいかない。


最悪なことに20年くらい住んでいる賃借人がいるのだ。。。

敷地内の廃棄物もほとんどこの入居者が出したらしく、時間がかかればまた大きな廃棄物を集める可能性が高い。いわゆるゴミ屋敷の住人でごみ収集癖がある人らしい。
そして肝心の賃貸借契約書は大友さんの手元にない。



幸い賃貸管理会社が間に居て、契約書の控えもあるらしいので管理担当者に退去の協力を要請するが地場の二桁のガラスにマイソクを張り巡らした老舗業者。

一筋縄ではいかない。

この物件の担当は池元という初老のおっさん。

「え~?退去?しないんじゃないかな~。あの人は昔から住んでいるし・・・」

いや、昔から住んでいようが退去してもらわんと100万の回収ができない。
今の賃料で投資物件として売り出したら商品にならん。

オーナーさんには残債を割って手出しをして売るほどの資金もない。

頼むから協力してほしいと頭を下げる。


だが、池元は何かと退去に対して否定的。
入居者に退去費用を支払う旨を伝えてもなかなか重い腰を上げない。

イライラして直接入居者と話を付けると言うと
「でも借地借家法で保護されているからね~。滞納もしないし」
とわかり切ったことを平然とのたまう。

家賃の滞納があればそれを理由に正当事由をぶつけて退去させることもできるが今回は無理。。。クソ。


この池元をすっ飛ばして入居者との退去の連絡を取れない事もないが、管理会社がへそを曲げたら連帯保証人や緊急連絡先なども教えてくれなくなり、退去をしないでもいいようにと促して入居者側につく可能性もある。。。
こっちの売買取引を阻害する事は管理会社なら容易な仕事だ。くそ。


のれんに腕押しのような押し問答を繰り広げて最終的には池元に個人バックを支払う事で契約書やそのほかの資料を出してもらう事が出来た。

このバックを求める時に絶対に自分からは言い出さないあたりがもはや輩の仕草だ。。。

クソが。。。。

木村もクソだがこの池元もクソだ。


木村が加藤部長にどやされながらもこの物件の売却を進めなかった理由が分かった気がする。

ていうかこんな状態の物件を預かって100万円も投下すんなよバカ。。。


◆退去交渉


「入居者の情報や契約書は金を出すのが先でしょ。先に情報だけもらって後で売れなかったから払えませんとか言われても困るしね。前払いって事で・・・」


池元のニヤつき顔を心の中で踏みつけながら10万円を渡す。


指をペロペロなめながら金を勘定するクソ。。。
中の金にヒ素でも塗りたくって△×〇〇◆◇×


勿論このバックは会社が出すはずもなく個人的に出した。
この事情をオーナーの大友さんにも話したが
「それはそっちが管理会社と勝手にやった約束で私は関係ないよね?」
とのこと。。ちくしょう。



上手く売れたとしても歩合とトントンかマイナスだ。
やる気が失せた。


だがどうにか次のステップだ。
賃貸借契約書が取得できた。

RC二階建てにおっさんの独り暮らし。
連帯保証人は空欄??
緊急連絡先は20くらいの娘?
緊急連絡先の日付だけ最近更新したっぽい。


なんか嫌な予感。。。

まともな入居者であれば話し合いや立退き交渉でどうにかなる。
だが相手にする親族もいない独居老人で連帯保証人もなし。
保証会社も使われていない。
20歳の娘しか緊急連絡先が居ないゴミ屋敷の主。。。

先が思いやられる。。。


まずはダメ元で正攻法の手紙だ。
「退去のお願い」を郵送。


もちろん無視される。


次は直接ポストに投函。



これも無視。


ドアに張り紙。




無視。



まあ、予想はしていたが直訪して話すしかない。
大きなゴミが撤去されたとはいえ敷地内からは得も言われぬ異臭が漂う。
待ち伏せをするしかない。


日中は外出しているらしく、異臭の中での張り込み。
どこからか糞の匂いが漂う。。。くそ。

入居者が帰宅したのは夜の8時過ぎ。

どうにか玄関口で話をすることが出来た。

玄関のドアを開けると異臭の威力は数倍になる。
吐きそうだ・・・・

入居者と話をすると口臭から体臭からいろんなにおいが鼻腔を襲ってくる。
う○こを生で食べたの?と思うくらいの口臭といえば想像がつくはず。
いや、調理して食べた事も無いからわからんか。。。

耳が遠いらしく顔を近づけてくる。
いや、臭いから離れて欲しい。本当に勘弁。。。


もちろん最初の対面は何の進展もない。。。

毎日のように缶ビールを差し入れながら待ち伏せをすることで
だんだんと話を聞いてくれるようになった。


◆心を開く


何度目かの訪問でようやく心を開いてくれた入居者。
名前は水野さん。

一週間通い詰めたおかげか水野さんは差し入れたビールとつまみを手に取りながら室内に招き入れてくれた。

いや。室内はきつい。。。。が行くしかない。
息を止めることもできないので本当に死ぬ覚悟で入るしかない。


みなさんの予想通りだが、初めて入った室内は予想を超える汚れ方。

あれ?廊下に落ちているこれは人糞?
あ?やっぱりそうだよな。水野さんのお尻茶色くなってるし。。。

あれ?キッチンの上にある鍋で魔女の薬品でも作っていた?

ん?弁当箱の上の黒いのはカビじゃないよな。
あ、ゴキブリの大群か。

え?これ畳間?畳が全部腐っているし・・・

は?トイレ?これトイレ?水流れるの???

お風呂場?
もう聞かないで欲しいです。


招き入れられながら今後の売り出しの補修箇所をチェックしたが途中で見るのをやめた。

これ、スケルトンにしてリフォームしないと。。。。

ってことは売り出しの値段やばくない?
え?オーナーの大友さんの残債だと買取出来ないよな。
てことは水野さんを追い出してからさらにスケルトン工事をして、その上で購入者を募る仲介をするの?

ざっと売り出しまでのハードルを頭の中で整理したが途方もない工程で頭がくらくらした。。。



「ほれ。ここに座って」

水野さんがニコニコとどこから持ってきたかわからない座布団の形をした湿った茶色い布を差し出す。

よくみたら濡れた段ボールのようなもの。

え?何で室内で段ボールが濡れる?
んでこれに座るの?誰が?

はい?え?俺???
ここに座るの??



もう私の思考回路はショート寸前。


さて、ここから退去の相談。



長くなったので続きは次回。

次回予告

水野さんの家から生きて帰れるか?
スーパーヒーロー現る!(現れない)
ちゃんと売買まで行けたのか??

乞うご期待!

次回:誰が悪い?全員悪者?#ビヨンド

では〜

HPでは不動産に関することとか沖縄の不動産あるあるについてのコラムを公開しています!
ご興味がある方はそちらもお読みください♪
沖縄不動産あるある→REGATEコラム
不動産テックのこととかそんな感じ→REGATEコラム


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
REGATE 金城貴士

沖縄の不動産という独特な世界に迷い込んでいます!明るい外の世界の事は忘れました!これからも深海をはいずります!

おめでとうございます!大吉です
REGATE 金城貴士
沖縄不動産クラスタハブマン所属。御茶ノ水ブツ上げ電話屋さんで不動産デビュー。実需不動産〜軍用地、1Rまで幅広くカバー。とある街金屋さんのファン。沖縄県南部の不動産屋さん HPのコラムはこちらhttps://regate-okinawa.com/column_list.php