見出し画像

上場企業へメディアを売却しました

2021年4月2日より、moto株式会社は上場企業であるログリー株式会社の100%子会社となることが決まりました。詳細はこちらのリリースをご覧ください。

今回の売却額は7億円+アーンアウトによる成功報酬3億円、合計10億円(最大)です。

個人の成果としては十分な金額ですが、これがゴールではなく、今後も代表取締役として経営に携わって事業拡大に取り組んでいきます。

僕はこれまで複数回の転職を経てキャリアを積み上げてきましたが、次のキャリアは“転職”という形ではなく“事業売却”がきっかけとなりました。

2019年に『転職と副業のかけ算』(現在6万部)を出版しましたが、転職や副業という手段を通じて、このようなキャリアを築けたことは僕にとっても新たな学びとなりました。これもまたキャリアにおける一つの“解”なのではないかと思います。

せっかくなので、今回の話をnoteにまとめておこうと思います。

売却に至った理由

今回、僕が事業を売却した理由は2つです。転職アンテナを継続的な事業にするため、そして自分の事業への投資を行うためです。

今回の売却に伴って、moto株式会社は会社分割を行いました。

転職アンテナ_決算

決算公告を見てもらえばわかる通り、会社自体は非常に順調で、利益体質な会社です。ちなみにこの法人は僕一人でやっている個人会社で、過去のメディアの取材にあるように役員報酬は年収で1億円を超えています。

これまで「転職」や「副業」をという手段を使って自分の力を伸ばし、それを売り上げや利益という形にしてきましたが、扱うお金が大きくなればなるほど、やれることの幅や見える景色、関わる人たちが変わっていくのを実感するようになり、同時に「個人で出来ること」の限界も感じるようになりました。

より大きなお金を使って、もっと規模を拡大したい。でも、お金を稼ぐには時間がかかる。しかし、時間には限りがある…。

僕はmoto株式会社だけでなくHIRED株式会社という会社も経営しているため、この2社をより早くかつ大きくしていくにはどのような選択をすべきか悩んでいました。昨年の9月くらいのことです。

こうしたモヤモヤを色々な経営者に相談し、キャリアや考え方、彼らの経験談などを聞く中で「事業売却」という選択肢を考えるようになりました。狙いは2つです。

・moto株式会社のメイン事業である「転職アンテナ」を成長させるために資本力のある会社へ譲渡し、僕以外の資本を使いながら事業を拡大させていく。

・僕自身は売却で得た資金を基に自分の事業へ投資を行いつつ、売却先企業と親和性の高い事業を展開し、双方で売上拡大を目指す形を実現する。

今回は売却額に拘るより「moto株式会社とその買主、そして僕が務めるHIRED社の3社でシナジーを生み出せる形を、一緒に考えてくれること」を第一条件に交渉を開始しました。

売却から今日までのこと

昨年の10月に動き始めましたが、おかげさまですぐに複数社の買い手が見つかり、11月には企業を絞って検討に入りました。

大きな金額かつ自分が作った事業を売った経験はないため、色々と戸惑いましたが、自分の事業が市場で評価を受ける点は転職活動に近いものを感じたため、転職と営業の経験を活かしながら交渉を進めていきました。

そして出会ったのが、ログリー株式会社です。

事業だけでなく僕個人に対する理解を示してくださり、事業におけるシナジーや親和性、今後の取り組みとしてHIRED社の未来も含めて検討してくださいました。

初めてお会いしたときから、非常に和やかな雰囲気で、あっという間に打ち解けたのを覚えています。

金額だけでなく、次に展開する事業の展望についても早々に話し合うことができ、事業だけでなく、僕自身も含めてご一緒させていただくことになりました。

動き始めてから今日のリリースまで、DDなども含めて約6ヶ月間かかりましたが、無事にこうした形を実現できたことは素直に嬉しく思っています。

丁寧かつスピーディーで真摯に対応してくださったログリーCEOの吉永さん、CFOの岸本さん、COOの池永さんには本当に感謝しています。これからよろしくお願いします。

今後について

今後はログリー株式会社の傘下となったmoto株式会社で代表取締役を勤めながら、自分の会社であるHIRED株式会社の代表もやっていきます。

HIRED社は昨年の12月にASP事業『AdAntenna』をリリースし、既に黒字化しています。現在は新しいプロダクトとなる『転職note』の企画・開発も粛々と進めています。

今回の事業売却を経て、34歳という起業家としては遅咲きのキャリアを歩んでいきますが、引き続きmotoとしてSNSやメディアでの発信は続けていきます。

代表取締役という立場上、今までよりも「本業での成果」が求められることになるので、いい意味でプレッシャーを感じながらこれまで通り組織と事業を通じて自分の市場価値を高めていきます。

転職メディアを立ち上げてから約3年が経ちましたが、本当にに多くの方に支えていただき、お金で買うことのできない経験や人との繋がりを築くことができました。

SNSで支えてくださったフォロワーさんにも本当に感謝しています。SNSは売却しないので、今後も僕がやっていきます。

これからも、自分の経験値や人との繋がりを増やしながら、価値提供を通じて次の景色を見るための努力をしていこうと思います。あくまでこれは通過点に過ぎないので、まだまだ自分なりにキャリアを作っていこうと思います。

今後はログリー株式会社の一員として、そして一経営者・起業家として頑張っていくので、motoを引き続きよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
moto / 戸塚 俊介

転職や副業、営業ノウハウについて実体験から書いています。サポート頂けたら嬉しいです🥺

🥺
458
moto株式会社の代表取締役。『転職と副業のかけ算』著者。地方ホームセンターへ入社後、リクルートやSMSなどに在籍。転職メディアを作って上場企業へ売却しました。ブログ→https://tenshoku-antenna.com/ 書籍→http://amzn.to/2Zc2naD