視察ならぬ、サ察。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

視察ならぬ、サ察。

今回は久しぶりに旅の記録。

コロナ禍で旅しづらい日々が続いたけれど、秋田につくろうと思っているサウナの視察ならぬサ察ができればと、地元兵庫から秋田まで軽トラックでのんびり旅。

◉10/18(月) 神戸→名古屋(車で約3時間)
そんなに遠くない名古屋ですらいつぶりだろう? 名古屋はなんといってもかのウェルビーの本拠地ゆえ、サウナ天国だ。しかし今回の名古屋はnoサウナ。まずは、自然食品を取り扱う、りんねしゃのさちえさんに会いに名古屋高島屋で開催されている催事「ナチュラルビューティー展」へ。明らかにサスティナブルな未来へとむかっていることを感じる。そんななか、薄利な小売の大変さと小さな幸福の積み重ねをしみじみ立ち話しつつ、美味しそうな焼菓子と一緒に、FB投稿でいいなぁと思ってた みやもと糀店の黒麹染めTシャツを試着購入。これが抜群にいい!

画像1

黒麹の生産過程で種麹(たねこうじ)をふって胞子を蒸米(むしまい)に落とした後に残る黒麹種。その捨てるだけであった黒麹種を染料として、染め職人が何度も試行を繰り返し、ついに出来上がったTシャツです。

というこのTシャツが絶妙なグレーで超素敵。ベースのTシャツもオーガニックコットンが使われていて、まさに買うことで地球環境に貢献できる点もNICE。綿花の害虫駆除は手作業と昆虫の力で、そして落葉剤を使用せず自然と葉が落ちるのを待るので。何倍もの時間と手間がかかる栽培方法だそう。それでいてシンプルにかっこよくて。しかもそんなに高くない。

すでに予約期間は終わってしまっているけど、きっとまた機会があるはず。

さて、夜は時短営業解除されたばかりの名古屋の街で、主催しているオンラインコミュニティ「Re:School」の東海メンバーと『ドメ』というお店で、つつましくお食事会。普段オンラインで会ってるからみんな初対面だとは思えない。不思議だけど、これからこういことがどんどん当たり前になってくんだろなぁ。

画像2

◉10/19 名古屋→長野・戸隠(約4時間)
この日は長野に。サウナ好きとしては、よっしゃ〜 The Saunaへ! と行きたいところだけど、いまや大人気なThe Sauna。流石に急な予約は取れず、最近サウナ小屋が出来たばかりという、戸隠高原ホテルのサウナを初体験することに。だけどこれが抜群に良かった!

画像3

画像4

画像5

画像6

スキー場の近くということで、この時期はほんと誰もいない。
てことで、完全貸切サ活。

雨予報で心配だったけど天気も持って一安心。せっせと自分で薪をくべ、セルフロウリュでガンガン熱くなるサウナ小屋から、シングル近くまで冷えたキンキンの地下水汲み上げ水風呂にダイブ。そしてイスに座れば抜群の景色が歪むほどに朦朧として、ハイととのい〜。
そりゃあ最高だろ。

宿泊もしつつ、別料金のサウナ小屋を2回も予約したからか、夕食の際に、りんご酵母を使った長野市の『積善』純米酒を頼んだら、同じく積善のさくら酵母純米吟醸と超辛の二種までサービスしてくれて、まさかの積善三種飲み比べ。ご飯の味も量も程よくて、サ活後なのと酔いが相まって即寝。

◉10/20 長野→新潟・湯田上温泉(車で約2時間半)
朝8時から再びサ活。と思ったら、まさかの雪! だけどサ活に雨も雪も関係なし。朝からガンガンロウリュして火照った身体で雪舞う水風呂にイン。今朝のととのいは、また一つ次のフェーズにいけた気がする。寒いのに冷えないってシンプルに不思議。

画像10

ちなみに秋田につくるサウナは男女共用と女性専用の二つをつくりたいと思っていたので、ここはポツンとある環境も含めて、サウナに抵抗のある女の子も入りやすそうでとてもよかった。

画像7

画像8

アシスタントのはっちもガッツリととのい。

画像11

さて今日は新潟にサ察予定なんだけど、その前にランチ限定のバーガーだけでも食っとくべと、THE SAUNAを擁する野尻湖LAMPへ。ラムマーボーが載ったLAMPバーガーと、野菜たくさんなLAMPデリバーガーの美味いこと!ホンキのジンジャーエールがまるで水風呂のごとしで、美味さの温冷交互浴。そりゃあ人気だ!

画像18

画像9

画像12

画像13

画像14

画像15

画像34

画像35

画像36

ということで一路新潟へ。

あっという間に新潟県。燕三条インターを降り、目的の湯田上温泉に行く前に少し寄り道。前から欲しかった爪切り買おうと三条市の諏訪田製作所へ。自由に工場見学出来てカフェもあって居心地最高。

画像19

画像20

画像21

そしてこんなの見せられた後に、その切れ味体感したら、そらもう買うてまうやん。一生もん。大切に使い倒します。

画像22

ということで藤本智士47歳、4,000円の爪切り買ったぞ!

さらに新潟県田上町にある『道の駅たがみ』にも。

画像24

なんだかかわいいオリジナル商品が多くて、お土産が増えちゃう。

画像25

画像26

画像27

缶入りのお米は初めてみたなあ〜。

画像28

画像29

すこし小腹も空いたので、甘いものでも食べようかなと食堂コーナーに。

名産の梅を使った、綺麗な緑の 梅ソフトクリームがなんだか美味しそうで、食券買おうとしたらこんなボタンが。

画像23

見習いソフト ?

50円安いこともあって迷わずそれにするも、とは言え、いま居る人が見習いさんとは限らないし、普通のソフトが出てくるんだろと予想してたんだけど見事に違った。

この続きをみるには

この続き: 731文字 / 画像6枚
記事を購入する

視察ならぬ、サ察。

藤本智士(Re:S)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日、きっといいことあります!
編集者。1974年生まれ。『Re:S』『のんびり』『なんも大学』編集長。著書に『風と土の秋田』『魔法をかける編集』『アルバムのチカラ』。その他『ニッポンの嵐』『るろうにほん 熊本へ』(佐藤健)など手掛けた書籍多数。 http://bit.ly/satoshifujimoto