見出し画像

照れの美学は、もういらない。

毎日何かしらのyoutubeを見てる。

仲里依紗ちゃんみて陽気な気持ちになったり、野爆のくーちゃんで笑ったり(ロッシーのチャンネルは超癒される)、ひたすらおじさんが穴掘ってるMr. Tfueにハマったり、日々、色々みているなかで、昨日、カジサックさん(キングコング/梶原雄太)と千原ジュニアさんの対談動画を見ていたら、ここ数年の自分の気持ちと共鳴した部分があったので、そのことについて書いてみる。

まず大前提として、僕と千原ジュニアさんは同い年(46歳)だ。

なので世代としては、カジサックさん(39歳)よりもジュニアさんに近い。まさにそんな世代差についてお二人が話しているときのこと。

ジュニアさんが突然、
「やっぱりそうか」という表情をした後、こんな内容のことを語り出した。

芸歴や年齢の差で言えば、ジュニアさんとカジサックさんとの差よりも、例えばカジサックさんと第七世代の人たち(霜降り明星やEXITなど)との差の方が大きいけれど、感覚の違いという意味では、ジュニアさんとカジサックさんの間にある差の方がとても大きく感じる、と。そして、その「差」とは

「照れ、やねん。」

とジュニアさんは言った。

うん、これだけでは何が何だかわからないと思う。さらにジュニアさんはこう言う。

「ネタ合わせやってるとこ絶対に他の芸人に見せへんとか、まだ俺らは、照れが美談、美学としてあった時代やねん。」

つまり、良いもわるいも自分たちは「照れの美学」がある世代だと。一方、カジサックさん以降の芸人さんたちは、それがない人が多いという。

カジサックチャンネルを観たことがある方はわかると思うけれど、奥さんがヨメサックとして動画に登場したり、また、そんな奥さんに対して「可愛い」を連発するなど、奥さんや家族への愛を照れることなく言葉にする彼の姿に、多くの好感と共感が集まるからこそ、200万人を超える人がチャンネル登録しているのだろう。

そしてジュニアさんはこうも言う。

「照れって結局あんまええことない。」
「なんでも言葉にせんと伝われへんねんから。」

ジュニアさんの言葉は、多くの若者にとって当たり前のことなんだろうし、いまさら? と笑われるかもしれない。だけど、そのことに最近気づいたというジュニアさんの言葉が、僕にはとてもリアルに響いた。

「何も言わずに食べてるけど
一粒も残さずに食べた。
これが、“美味しいですよ” という
あらわれやん って思てたけど
それでは伝わらへんのやな」

ジュニアさんは一流の芸人さんだから、こうやって自分の気づきを面白みに変えて表現してくれるけれど、実はこれってとても切実な問題だと思う。

ちなみに僕が常に心掛けているのは、さまざまな事柄に対してすぐに「済印」を押してしまわないことだ。それはもう過去にやった。ではなく、同じことでも大切であれば、何度でもやればいいし。何度でも見返せばいいし、何度でも引用すればいい。

この続きをみるには

この続き: 580文字
記事を購入する

照れの美学は、もういらない。

藤本智士(Re:S)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ラッキーカラーはブラウン!
17
編集者。1974年兵庫県在住。『Re:S』『のんびり』編集長。著書に『風と土の秋田』リトルモア、『魔法をかける編集』インプレス。『アルバムのチカラ』(共著:浅田政志)赤々舎。その他、『ニッポンの嵐』『るろうにほん 熊本へ』(佐藤健)など、手掛けた書籍多数。

こちらでもピックアップされています

Re:S note(りすノート)
Re:S note(りすノート)
  • ¥500 / 月
  • 初月無料

2006年に創刊した雑誌「Re:S(りす)」編集長の藤本智士が、いまあらためてお届けする、あたらしい“ふつう”のnote「Re:S」。 日々のこと。旅のこと。地方のこと。編集のこと。 記事アップは月4回以上かなぁ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。