伝達効率だけを考えれば、情報はデジタル・オープン・一斉送信に越したことはない。但し、あえて伝達の階層構造を作って、メンバーにいつどんな情報を出すか、リーダーに裁量を持ってもらうことは、チームを運営しやすくする観点で役に立つ。効率だけを追い求めてはダメ。全ては目的ありきでの判断。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お時間あればコメントも是非!
2
宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録