多様性は強靭性につながる。少数精鋭にすることで品質向上や効率化は図れるが、環境の変化によって少数全てがダメになることもある。アーキテクチャとしては、整然とした人工物的な美しさを目指すのではなく、混沌として有機物的な逞しさ・力強さを目指すこと、それが今の最適解なのかもしれない。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
😙😙😙
宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録