緊急で重要な仕事は、もはや負け戦。

またブログから足が遠のいている。理由は簡単で、緊急で重要な仕事という第一領域が片付いてないからだ。ここが片付いていない状態では、緊急でないが重要な仕事という第二領域には行けない。

第一領域の仕事は、言わば負け戦だ。重要だと分かっていながら、緊急になるまで着手できなかった、この仕事が存在すること自体がいけない。時間管理が悪いのか、意識が低いのか、予防するシステムが機能不全なのか、普段の自分の在り方に問題がある。

長いスパンで、広い視野で考えれば、第一領域の仕事が発生しない環境を作ることが理想のはず。第二領域にいるうちに仕事を退治できるような、そんなマインドセットやシステムを構築していきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お時間あればコメントも是非!
4
宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。