得意分野でチームに貢献できる実感を持てると、その活動には強烈なモチベーションが湧く。逆に、不得意分野でチームに迷惑をかけないかビクビクしていると、活動自体が非常に億劫になる。人材の成長には「成果を出させてあげる」のが一番効果的だな、と所属団体のスポーツ交流会を通じて感じた。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです☆
1
宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録