千厩のセブンイレブン、吉浜のローソン、最近はコンビニの閉店をいくつも目にする。復興事業の完了を受けて、土木作業員の方々が続々と帰任し、目に見えて需要が減ってきたんだろうな。地元に住み暮らす我々は、地方衰退の流れに身を任せず、新しい動きを作り出して行かなくては。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキの多いテーマはまた書きますね^^
1
宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録