リーダーが評価を言葉にしないと、メンバーは自分や周囲を勝手に評価する。行動を改めて欲しい人の改善が進まないこと以上に、じっくり育って欲しい人が周りと自分を比較して気落ちする、という弊害は大きい。1on1で拾い上げるのも一手だが、明確に言語化して風土へと昇華することも大事。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

良い一日になりますよう♡
宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。