Raynyan Funifuni
ANAインターコンチネンタル別府リゾート & スパ 全客室 全施設 最速 館内完全ガイド
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ANAインターコンチネンタル別府リゾート & スパ 全客室 全施設 最速 館内完全ガイド

Raynyan Funifuni

2019年8月1日の開業日に合わせて行ってきました。

前フリと到着まで

実は3月(2019年)の末に大分へ出向く用事があったので、事前に現地下見をしております。
かなり山の上にあるロケーションで、東九州自動車道を走っていると車窓から結構至近に見ることができます。福岡から大分方面へ車を走らせていたら車窓に建設中の建物が飛び込んできたので、急遽別府インターで降りて事前下見をしてみた次第です(笑)

画像1

勿論、中に入れる訳も無く、外から眺める程度でしたが。

画像2
画像3

アクセス

別府ICからは勿論、別府駅からも結構距離があります。タクシーだったら2000〜3000円は覚悟する必要があると思います。
ですが、ホテルで別府駅までのシャトルバスサービスを用意してくれています。
メルセデスVクラス220での送迎ですって!これで大分空港からのアクセスも空港から別府駅までのリムジンバスを使えばトータル1500円で済ませる事ができますね。

なぜか水戸ナンバーですが(笑)

画像4

9月には大分ナンバーに変わっていました(笑)

画像313

ホテル提供のシャトルバスは昨今の情勢下、定期運行を現在停止しています。ホテルへの事前リクエスト制となっておりますので、お問い合わせ願います。また、乗車前日までにホテルへ依頼する事で別府駅間片道2300円の定額タクシーを予約することが可能です。料金は部屋付となります。

自家用車やレンタカーで向かう場合は別府インター出口の信号を右折し、陸上自衛隊別府駐屯地を横目に県道11号を北上し、坊主地獄先交差点を左折(ローソンが目印)して後は道なりにひたすら山を登るだけです。

画像6

一応、路線バスのバス停(ANAインターコンチネンタル別府前)も開設されましたが、ホテル入口を50m程過ぎた場所にありますので、ご注意願います。別府駅西口5系統 野口原経由APU線と41系統 サファリ線で行くのがお勧めです。本数少なめで時間もちょっとかかりますが、別府駅東口から24系統 新港町経由APU線でも行くことができます。

時刻表は以下、亀の井バスのWebサイトでご確認願います。

【別府駅西口発5系統と41系統時刻表】

http://www.beppuni.com/bus/time_k/184_3.pdf

【別府駅東口発24系統時刻表】

http://www.beppuni.com/bus/time_k/183.pdf

【ANAインターコンチネンタル別府前 発時刻表】

http://www.beppuni.com/bus/time_k/276.pdf

今回はホテル最上位のPanorama Two Bedroom Suiteに滞在するので、ホテルと大分空港間の送迎が付いています。(Suiteのみですが、送迎サービスが付帯しているレートやパッケージが用意されています) 空港に到着すると、ゲストエクスペリエンススタッフの方にお出迎え戴きました。

画像7

空港送迎用の車はヴェルファイアです。他にもレンジローバーを用意されるそうです。インターコンチネンタル大阪 (以下、IC大阪) でも送迎用にレンジローバーを採用していますが、全く同じ車種です。ここインターコンチネンタル別府リゾート&スパ (以下、IC別府) の開業準備に当たってはIC大阪のスタッフの方々が相当数サポート業務に就かれており、何名かはそのままIC別府に移籍されています。その為、IC別府はIC大阪のサービススタンダードに則った事前準備がなされてきました。

画像8

到着。今回開業日のテープカットとかがあると期待して早めに来たのですが、なんと何も無し。静かな船出となりました。地元自治体、デベロッパー、サプライヤー、IHG関係者を集めてのレセプションイベントは8月7日に行われたそうで、この日は全館貸切の満室となっています。89室しかありませんし、バンケットの準備など考えるとこういう形になるのは致し方無いのですかね。すでに開業しているのにテープカットを後日行うのも奇妙なので、おそらくパーティーだけなのでしょうね。

追記: テープカットならぬ『注連縄カット』が行われたようです。

画像9
画像10

ーーーーーここから先は有料で…した!笑ーーーーー

とは言いつつも、ちゃんと総支配人(当時)のステファン・マッサリーニ(Stephane Massarini)さんと宿泊部長(現総支配人)の高良真理さんが玄関で出迎えてくださいました。今回はIHGANAホテルズグループ・ジャパンのCEO(当時) ハンス・ハイリガーズ(Hans Heijligers)さん、IC大阪の総支配人(当時)、マイケル・マクベイン(Michael McBain)さんも来ておられました。

玄関には各航空会社を含む多数のお祝いの花が飾られていましたが、JALの花だけはありませんでした(笑) 

エントランスとホテル概要

エントランスからロビーに入ると高い吹き抜けと竹細工の大きなオーナメント、そして別府市内を見渡す大きな窓が眼に飛び込んで来ます。

画像12
画像13
画像14

このエントランスロビーにはフロントカウンターは無く、到着したゲストはソファに座ってチェックインするか、クラブラウンジにてチェックインする事になります。

画像15

読者の皆さんはここでANAスーパーフライヤーズカードやANA株主優待が使えるのか気になっているのではないでしょうか。大丈夫、使えます。ここはANAインターコンチネンタルです。レストランでの利用も会計時に優待適用を申し出れば、ちゃんと割引が適用されます。

画像16

チェックイン時にウェルカムドリンクとしてTWG製のお茶、『INTERCONTINENTAL BEPPU』が提供されます。ホテルオリジナルブレンドの様ですが、IC大阪の様にティーバッグや茶葉缶で販売はされていませんでした。今後後述するホテルブティックで購入できるようになるものと思います。

ロビーからの眺めも見事です。

画像17

カードタイプのルームキーはシンプルなデザイン。他のグループホテルですと裏面はその街のアイコニックな風景写真なのですが、こちらでは地元名産の竹細工を模した模様だけという実にシンプルなものでした。

画像18

建物は4階建てでロビーは2Fに位置します。この2Fにロビーラウンジ、ホテルブティック、リゾートセンターが。ジム、プール、大浴場とスパは1Fに。クラブラウンジとボールルーム (ザ・ギャラリー) は3Fに。レストランとバーは4Fに設置されています。

エントランスロビーを中心にEast WingとWest Wingに建物が分かれます。
クラブインターコンチネンタルルームとプレミアムスイート、パノラマスイートは別府湾ビューでデラックスツインルームとプレミアムルームの一部、そしてジュニアスイートは裏手のマウンテンビューになります。客室への温泉供給が行われているのはEast Wingのみで、専用露天風呂付き客室の中でプレミアムスイートだけは露天風呂は沸かし湯となっています。温泉水利用権(使用可能湯量)の関係で全客室に温泉を引く事はかなわなかったようです。

画像19

IHG Rewards Club および InterContinental Ambassadorメンバーへのアップグレードポリシーですが、全89室という少ない客室の為、非常に限定されています。

IHG Rewards Club Spire, Platinum メンバーの場合
(Depends on availability)
デラックス ツインからプレミアム ツインへのアップグレードのみ

InterContinental Ambassador Spire, Platinum メンバーの場合 (Guaranteed)
デラックス ツインからプレミアム ツイン or キングへのアップグレードのみ

InterContinental Royal Ambassador メンバーの場合 (Guaranteed)
デラックス ツインからプレミアム ツイン or キングへのアップグレード + クラブインターコンチネンタルラウンジへのアクセス

Royal Ambassadorについては通常最低でも2カテゴリのアップグレードが提供される事が規約上明記されていますが、ここIC別府では前述の通り89室しか無い為、2カテゴリのアップグレードは事実上不可能で、規約上もこのホテルのSuiteへのアップグレードは原則として対象外となっています。デラックス ツインからクラブインターコンチネンタルルームへのアップグレードもDepends on availability で、基本的にはプレミアムルームへのアップ+ 10000リワーズポイントの加算になる物と考えられます。また、アップグレードもRoyal Ambassador優先で、繁忙期にはSpire AmbassadorとPlatinum Ambassadorはアップグレード無しの代わりに10000ポイント加算の補償規定が適用されるケースが多々出てくると思います。なお、IHG Rewards Club にしか加入されていない方には補償規定は適用されませんので、ご注意願います。

Suiteとクラブカテゴリの客室はクラブインターコンチネンタルラウンジ (以下、クラブラウンジ) でチェックインです。クラブラウンジやジム、プール、大浴場にはセキュリティがかかっており、カードキーが無いと入れません。クラブラウンジの中については後述します。高良さんの案内でクラブラウンジへ向かったのですが、この事が後ほど気付いたある事の伏線となります。

ロビーフロアを左手に曲がって進むとザ・ラウンジ(ロビーラウンジ)、ホテルブティックリゾートセンターを抜けて客室フロアになります。

the LOUNGE

営業時間 10:00~20:00

ザ・ラウンジではTWG製の紅茶やコーヒー、ホテルメイドのケーキやアフタヌーンティーが楽しめます。

画像20
画像21
画像22
画像23

変わったデザインのトレイですね。

画像24

ホテルブティック
(現在はペストリーショップに変わっています)

ホテルブティックでは地元別府名産の竹細工や木工工芸品を始め、ホテルのロゴ入りグッズ、客室で実際に使用している小物類なども販売しています。お値段は結構お高め。(笑)

画像25


現在のペストリーショップ

画像323
画像324

リゾートセンター

いわゆるコンシェルジュデスクです。地元観光情報や各種予約の代行、後述する温泉家族風呂の受付をここで行なっています。また、ライブラリ機能を有しており、数多くの日本文化、伝統工芸等の書籍をソファに座って読む事ができます。

画像26
画像27
画像28
画像29
画像30
画像31

そして客室へ…

エレベータで4階へ向かい…

画像32


廊下を右奥へと進みます。カーペットや壁に掛かっている絵画は別府の温泉地獄の躍動感がモチーフとなっているそうです。

画像33
画像34
画像35
画像36

そしてお部屋まで辿り着きました…

画像37
画像38

Panorama Two Bedroom Suite

今回滞在した、ホテル最上位のパノラマ 2ベッドルーム スイートです。
まずは動画をご覧ください。Note先行公開です。

それでは客室を一つずつ解説していきましょう。

まずはエントランスの竹飾り。螺旋状に編み込む形で太陽の様な円形を作り込んでいます。下にある銀色のオブジェはテーブルでは無く、竹飾りを際立たせるためのオーナメント、装飾ですね。

画像39

そして目に飛び込んでくるのがリビングです。

画像40
画像41
画像42

コンテンポラリ・ラグジュアリーなインテリア。カーペットは全て別府の温泉地獄をイメージして作られた特注品です。8人掛けのダイニングテーブルとソファエリアに分かれています。テレビはソニー製の65インチOELD 4KTVが設置されています。アーチ状になっている細長い立体物はLEDライトです。オシャレ。窓から見えるテラスには露店温泉風呂が確認できます。

客室にはインルームダイニングのメニュー以外は書類上のガイド、例えば宿泊約款などのホテルディレクトリは一切無く、全てテレビでチェックするスタイルです。IC大阪の開業時も同様だったのですが、結局1年後には普通のハードコピーが置かれるようになりました。さて、ここではどうなるか。

画像43

ダイニングテーブル上に置かれているウェルカムフルーツをカットしていただきました。

画像44

リビングに入ってすぐ左手にある黄金色の家具はミニバーです。小さい流しも付いているウェットバーですね。ネスプレッソのコーヒーマシンと数多くのグラス類、そして冷蔵庫らしきものが2台…。

画像45
画像46

片方は普通の冷蔵庫でしたが、もう片方はワインセラーでした!

画像47
画像48

ミニバーの価格表。ワインセラーのアイテムはソコソコの物をソコソコのお値段で販売しています。思った程ぶっ飛んだアイテムとお値段ではありませんでした。

画像49

ミニバーの扉を閉じるとこうなります。こちらも竹細工テイスト。

画像50

そして270度パノラマを楽しめる46sqmのテラスです!

画像51
画像52
画像53
画像54

テラスに設置のプライベート露天風呂は常時かけ流しでは有りませんが、ボタンひとつで新しい温泉湯が供給されます。湯質は単純泉。お湯を入れ替える際、浴槽の栓は毎回ハウスキーパーにお願いして専用の器具で抜いて頂く必要があります。自分では抜くことができません。これだけは滞在中唯一不便に感じました。

(2020年1月追記)
栓にチェーンが付き、自分自身でお湯を入れ換える事が出来る様になりました!

画像55
画像56


2020年COVID-19による休業期間中に、お湯張りのシステムが入れ替えられました。アナログな感じになりましたが、こちらの方が直感的で良いと思います。

画像320
画像314

源泉はホテルのすぐ横にありました。

画像57

テラスからの270度パノラマビュー。まさに絶景です。
『別府湾を、一望!』この景色でございます (笑 ← 判る人には解るネタ)。

画像58

早朝なら、こんな風情ある美しい光景が。

画像59

バスルームはテラスとも直結しています。内風呂は沸かし湯ですが、嬉しいジャグジー付き。最近はジャグジーを撤去するホテルが多い中で、これは嬉しい。

画像60
画像61

シャワーには打たせ湯機能も付いています。

画像62

ベッドルームです。シモンズ製最高級ポケットコイルマットレスのクイーンベッドが2台のツインベッド仕様です。ベッドルームにもデイベッド付きのテラスがあり、リビングルームのパノラマテラスと合わせたテラスの総面積は61sqmにもなります。ちょっとしたSuite並みですね。

画像63
画像64
画像65
画像66

ウォークインクローゼットです。かなり広いですが、扉が重かったです。

画像67
画像68

このドライヤー、プロ仕様の5万円以上する代物です。お値段もさることながら、髪がサラサラになる魔法のドライヤーです。このドライヤーはこのホテルの目玉の一つだと思います。

画像69

ランドリーサービスは白洋舎に委託しているようです。お値段は…まぁ、こんなものでしょう。場所柄かつリゾートホテルだけあって、エクスプレスサービスには対応していません。

画像70

パントリー。ここでちょっとした料理も可能です。
冷蔵庫があるのは持ち込みするのにありがたい(笑)

画像71

そして、このSuiteがTwo Bedroomと冠されている所以の部屋へご案内します。

画像72
画像73

茶室です。畳中央部の正方形部分を外すとコンロが装備されており、ここで茶を点てることが可能です。そして、ここに布団を敷くことで、2つ目の寝室となる体裁です。

画像74

客室の電源スイッチは特徴的なデザインです。右2つはカーテンの開閉、左2つは調光機能付スイッチで時間帯に応じた明るさに調整可能です。左から2番目の何か不思議な絵のスイッチはテラスの照明スイッチです。

画像75

電話機はワイヤレスで実にシンプル。基本的にインスタントサービスボタンしか使いませんので、これはこれでMake senseしているのかも。

画像76

と、いうことでPanorama Two Bedroom Suiteについてはこれで全てです。
この部屋はやはり別格。これまで滞在した様々なSuiteの中でも別格の素晴らしさですね。閑散期でしたら1泊20万円台で滞在可能です。

画像77

Panorama One Bedroom Suite

East Wingの2Fと3F、Panorama Two Bedroom Suiteの真下となる各階13号室(213、313)がPanorama One Bedroom Suiteになります。

まずはビデオをご覧ください。こちらもNote先行公開となっております。

画像78

Panorama Two Bedroom Suiteと比較するとリビング部分の面積はほぼ同じな感じですが、ダイニングテーブルがありません。それ以外の家具やTVはPanorama Two Bedroom Suiteに準じた仕様となっています。

画像79

ベッドルームは竹細工をインスパイアした格子戸に囲まれる感じです。格子戸は全方位開放可能です。ベッドルームの100%プライバシーは保たれない感じですね。事実上のスタジオスイートです。

画像80

テラスは天井とソファのレイアウト以外は完全コンパチです。

画像81

露天風呂の大きさもPanorama Two Bedroom Suiteと同じです。

画像82

ミニバーはPanorama Two Bedroom Suiteと似たような造りですが、ワインセラーはありませんでした。

画像83

ベッドルームはハリウッドツイン仕様。

画像84

ダブルベッドが2台の構成です。

画像85

リビングから隠すものは一切ありません

画像86

バスルームはTwo Bedroom Suite同様にテラスからもアクセス可能です。バスタブはIC大阪のそれと同じものですね。

画像87

洗い場一体型です。シャワーについては他の客室と同じものでした。

画像88

パウダールームはクローゼットと一体型になっています。広さの割には収納は多くありません

画像89

パウダールームも格子戸を開ける事が可能です。そういう意味ではかなり開放感のあるセットアップも可能です。

画像90

以上がPanorama One Bedroom Suiteです。145sqmはあまり感じないかな。実効面積は100sqm程度に感じます。テラスからの眺望はやはり最高です。

Premium Suite

West Wingの1Fから4Fまでの各階15号室(115、215、315、415)がPremium Suiteのカテゴリとなります。この客室にはテラスに露天風呂が設置されていますが、前の項でも触れた通り、West Wingには温泉が供給されていないため、沸かし湯となります。

まずはビデオをご覧ください。こちらもnote先行公開となります。

画像312

Suite共通アイテムのアーチ型LEDライトとアーチ型のソファ、リビングとベッドルームは中央のテレビウォールで分割されています。引き戸で完全にセパレート可能

画像300

ワーキングテーブルは用意されていますが、コンセントやWired LANはソファ横のスツールに用意されています。写真ではわかりにくいかもしれませんが、スツールの横が扉付きのゴミ箱となっています。

画像301
画像302

ベッドルームは基本的にハリウッドツイン仕様ですが、2台をベッドパッド併用でワイドキング仕様にすることも可能ですので、ご希望の方は予約後にホテルまで相談してください。

画像303
画像304

バスルームがベッドルームから丸見えな構造です。実はバスルームガラス横の壁は引き戸になっていて、ここからバスルームへダイレクトに入ることも可能です。この引き戸でバスルームの目隠しはできますが、100%の目隠しにはならないため、ご注意願います。

画像305
画像306

テラスの露天風呂ですが、前述の通り、この部屋だけは沸かし湯で温泉ではありません。West Wingには温泉は一切引かれていません。ここがこの部屋の微妙な所。

画像307
画像308

バスルームとクローゼットですが、これが実に広い!ちょっと無駄に広すぎる位です。

画像309
画像310
画像311
画像312

広い割には収納は少なめ。96 sqm の内客室部分が66 sqmでバスルームとクローゼットで30 sqmはあると思います。印象としてはPremium Room2つ分の広さという感じ。

以上がPremium Suiteとなります。

Junior Suite

East Wingの2Fから4Fまで、Panorama Suiteの裏手に位置する各階14号室(214、314、414)がJunior Suiteのカテゴリとなります。この客室は位置的にマウンテンビューがメインになりますが、その代わり、Premium Suiteより広く、温泉露天風呂も完備されています

まずはビデオをご覧ください。こちらもnote先行公開となります。

画像91

玄関の竹編細工はPanorama Two Bedroom Suite と同じものが。

画像92
画像93

ソファや椅子の数は少なめですが、Panorama One Bedroom Suiteと広さ的には大差無い??

画像94

ベッドローム周りの作りもPanorama One Bedroom Suiteに似ています。格子戸で仕切る形なので、リビングとベッドルームを完全に分割したSuiteではありません

画像95
画像96

このお部屋の残念なところはテラスからのビュー。マウンテンビューというか、駐車場と源泉ビュー…。

画像97

露天風呂は温泉を引いているのですが、ちょっと女性の方は駐車場が近い(と、云うか駐車場から丸見え…。) ので、昼間はかなり恥ずかしいかなぁ…。

画像98

ミニバーは Panorama One Bedroom Suiteと同じ仕様。

画像99

ハリウッドツインっぽいベッドですが、台座が完全に分離されている為、2台のベッドをくっつけてキングサイズとして使用する事は出来ない様です。

画像100

ビューはそのほとんどがマウンテンビューなのですが、ベッド横の窓から別府湾を望む事が可能です。結果、眺望は思ったほど悪くない条件が辛うじて保たれています。

画像101
画像102

リビングからベッドルームを遮るものは一切ありません。格子戸を通して中が見える造りです。

画像103

バスルームはパウダールームと一体型で、独立したシャワーブースが用意されています。

画像104
画像105

シャワーブースが独立しているのは、全てのカテゴリの中でもこのJunior Suiteだけとなり、他の客室はバスタブと洗い場が全て一体型となっています。

画像106

全客室中、最も広いウォークイン・クローゼットがこの部屋の特徴です。Panorama Two Bedroom Suiteより多い収納には驚きです。

画像107

この扉を開くとエントランスに通じます。エントランスとパウダールームの両方からアクセスできる構造になっています。

以上がJunior Suiteとなります。

Premium Room / Deluxe Room

Premium Roomが最も客室数が多いカテゴリとなるため、この部屋がこのホテルのスタンダードになると考えて良いでしょう。ちなみにDeluxe Twin Roomとの差はテラスの面積とベッドがツイン仕様のみと言う点だけで、内部や設備にはまったく違いは無いそうです。

このカテゴリの客室はそのほとんどがWest Wingにあります。つまり、温泉は客室内に引かれていません。East Wingにも15室 (内3室はDeluxe Twin Room 扱い) のみあるのですが、全て北向きで山側の眺望になり、別府湾は望めません。温泉も引かれていません。West Wingの客室は全て別府湾/市街地ビューとなります

画像108

まずはビデオをご覧ください。キングベッド仕様の部屋となります。

画像109

CG通りの造り。

画像110

テラスはこんな感じ。

画像111

一応別府湾は見渡せますが、やはりWest Wingの眺望はどうしてもEast Wingに劣りますね。コレは仕方ない。

画像112

夜のイメージはこんな感じ。

画像113

ミニバーの設備はワインセラーを除いてほぼ一緒です。

画像114
画像115

冷蔵庫はちょっと変わった構造に。

画像116

バスルームです。この造りは既に公開されているイメージCGの通りですね。

画像117

バスタブはイメージCGでは円形に見えたので嫌な予感がしていた (筆者は真円のバスタブが嫌いなのです) のですが、コクーンタイプの物で安心しました。

画像118
画像119

トイレはTOTOのウォシュレット。筆者はLIXILのシャワートイレが嫌いなので、これは嬉しい。

画像120

Club InterContinental Room 

Premium Room、機能的には申し分無いのですが、やっぱりWest Wingは眺めが…。という場合はClub InterContinental Roomに。全てEast Wingの別府湾側に面し、露天温泉風呂が楽しめます!

パッと見、Premium Roomと違いがありません。ハイ、物理的な違いはテラスと眺望だけです。室内については100% Copy Exactly です。

画像121
画像122

温泉露天風呂がある分、テラスが広めになっていますが、それ以外は室内の広さも全く同じです

画像316

広い分だけテラスのソファも大きめに。

画像124

温泉露天風呂。これがあると無いとではテンションも違いますよね。

画像125
画像126

そして、East Wingならではの眺望!

画像127

夜のイメージはこんな感じ。

画像128
画像129

こちらはコネクティング仕様のツインベッドルーム。ミニバー周りのデザインがちょっと違います。

画像321
画像322
画像323

バスルームも全く同じなので写真は割愛。
以上がClub InterContinental Roomとなります。

じゃあ、泊まるならどの客室がオススメ??

筆者の個人的オススメは以下の通り。

1: Panorama Two Bedroom Suite (そりゃあもう…。当然ですよね。)
2: Junior Suite (コストパフォーマンスは一番高い!リピーター向け)
3: Panorama One Bedroom Suite
4: Club InterContinental Room
5: Premium Room / Deluxe Room (West Wing)
6: Premium Suite (コストパフォーマンスは一番悪いかも…。)
7: Premium Room / Deluxe Room (East Wing)

もうハッキリ言います。
泊まるなら最低でもClub InterContinental Roomから!
やはりこの温泉と眺望は代え難い。Premium Roomとの価格差は結構ありますが、どうせ元から料金は高いんですから、満足度の高い滞在にする為に全力で行った方が良いと思います!

個人的にPremium SuiteとJunior Suiteのカテゴリは逆にすべきだったんじゃないかなぁって思います。眺望以外はJunior Suiteの方が圧倒的にスペックが上だからです。

次に館内設備をご案内しましょう。
まずは別府湾を一望するインフィニティプール屋外ジャグジーです。

インフィニティプールと屋外ジャグジー

営業時間は09:00-21:00です。
IC別府では宿泊者以外の外来日帰り入湯やプール利用を受け入れていますが、13歳未満のプール利用については宿泊者のみで、日帰り客には開放していません。また、浮き輪の使用も禁止で、浮き輪が必要な利用者には浮き輪代わりのアームバンドを貸し出しています。日帰り利用の料金は1名平日2000円、土日祝日は3000円(税サ別)となります。

画像130
画像131
画像132

フィットネスジム

24時間営業のフィットネスジムです。IC大阪の様に広くはありませんが、最新の機材が勢ぞろい。楽しくワークアウトできそうです。

画像133
画像134
画像135
画像136
画像137
画像138

AQUA

営業時間 10:00~20:00

スイミングやワークアウトで疲れた身体を休めるラウンジAQUA

画像139
画像140
画像141
画像142

このAQUAにもライブラリの要素が取り込まれています。

画像143
画像144
画像145
画像146
画像147

AQUAに鎮座ましましているJBLのオーディオParagon。もう絶版品で入手不能。各チャネル別にMcIntoshの真空管アンプを奢っているオーディオマニア垂涎のアイテム。まるでDJブースみたいですが、残念ながら滞在中にこのオーディオ一式からの音色を聴く事は叶いませんでした。

画像148
画像149

そして、AQUAを奥に進むと温泉大浴場が待っています。

画像150

大浴場入口前には竹細工のオーナメントが飾られています。これは温泉の泡をモチーフにしているそうで、同じモチーフで木工細工のオーナメントがロビーラウンジ近くに飾られています。

画像151

温泉大浴場

営業時間は05:00-24:00 (最終受付 23:30)

手前が女湯、奥が男湯です。これが基本設定ですが、日替わりで手前と奥が入れ替わります。実は手前と奥でお風呂の造りが異なっているのです。

画像152

下駄箱は最初ちょっと開けるのに戸惑います。扉の下部に持ち手があるので注意してください。上から手を伸ばしても開ける事は至難の業です。

画像153
画像154

脱衣場の給水器。おしゃれなデザインですね。

画像155

まずは奥のお風呂から。

美しい檜風呂風の内湯です。

画像156
画像157
画像158

内湯にはスチームサウナと打たせ湯も備わっています。

画像159
画像160
画像161

素晴らしい眺望の露店岩風呂

画像162
画像163
画像164
画像165

この立派な大きな岩は地元の石材屋さんが「此処ぞ」という所に使うために長年温めていたものだそうで、やっと日の目を見ることになった逸品です。

画像166

続いて手前の岩風呂風の内湯です。

画像167
画像168
画像169

こちらの大浴場には打たせ湯の代わりに寝湯が、ミストサウナの代わりにドライサウナが設置されています。日替わりで様々なスタイルのお風呂を楽しめるのは良いですね。

画像170
画像171
画像172

こちらの露天風呂も素晴らしい眺望です。

画像173
画像174
画像175
画像176

朝湯だとこんな美しい光景を楽しめますよ。

画像177

温泉家族風呂

そして残るもうひとつのお風呂は『温泉家族風呂』です。
こちらはリゾートセンターでの事前予約が必要で、宿泊者でも1時間10000円の料金が別途発生します。利用前には鍵をリゾートセンターで借りて、利用後に返却するシステムです。

筆者、家族風呂を舐めていました。家族風呂はあまり大々的にアピールされていない印象でしたが、間違いなくこのホテルのキラーコンテンツのひとつです。

プール左手に見える小さい小屋が家族風呂です。

画像178
画像179
画像180
画像181

さぁ、中に入ってみましょう。

画像182

これ、泊まれますよね!?

画像183
画像184


TVもミニバー用の冷蔵庫もあります。スレート造りの壁と床、そしてシルバーの箪笥がミニマル感を強調する非常にセンスの良いデザインです。

画像185
画像186

天井も高く開放感抜群。肝心のお風呂も広々としていて眺望も最高です。

画像187
画像188
画像189
画像190
画像191

シャワーもトイレも備えていて、これ完全にここに泊まれます。

画像192
画像193
画像194

1時間10000円って事は24時間換算で、1泊24万円。宿泊用に販売はされていませんが、オープン当時の1時間5000円換算で1泊12万円なら筆者的には大アリです!皆さんはどう思われましたか?

さて、温泉でリラックスした後は女性の皆様お待ちかねのスパをご案内します。

HARNN Heritage Spa

営業時間 12:00~20:00

独特なボタニカルフレーバーが人気のタイの高級ブランドHARNN(ハーン)が展開するHARNN Heritage Spa。日本初上陸です。

画像195
画像196

Void = 空(くう)、無限、深淵 と名付けられた細長い廊下を歩いて行くと
その先にSpaのレセプションが待っています。
高良さん、積極的にモデルを志願されました(笑)

画像197
画像198

レセプションではHARNNのボディケア、ヘアケア製品も販売されています。

画像199
画像200
画像201

施術室です。カップルや友人同士でセラピーを受けることができます。

画像202
画像203
画像204
画像205
画像206

このベイシンは別府名産の小鹿田焼(おんたやき)だそうですよ。竹細工に限らず、地元の名産品を館内に取り込み、モチーフとしていることが判ります。

画像207

こちらはおひとり様向け施術室。

画像208
画像209

扉の竹細工も全て手作りです。

画像210


HARNN Heritage Spaの利用料金は以下の通り。(2019年8月現在)
・オリエンタルローズ・アロマティック・ボディトリートメント 90分
ゆっくりと筋肉を和らげるアロマセラピートリートメントです。
90分/税金・サービス料込 31,120円

・オリエンタルフット・マッサージ 60分/90分
ひざ下からの足裏をほぐす足のトリートメントです。
60分/税金・サービス料込 17,086円
90分/税金・サービス料込 24,408円

・ボディスクラブ5種類 
45分/税金・サービス料込 17,696円

・ボディラップ3種類
45分/税金・サービス料込 17,696円

施術が終わった後はこちらで緑を眺めてしばしリラックス。

画像211
画像212
画像213

elements

朝食ブッフェ 06:30 – 10:00 (L.O 09:40)
ランチブッフェ 11:30 – 14:00
ディナーコース 18:00 – 21:30 (L.O 21:00)

ホテルにとって宿泊を除いた最も大切な施設はレストランとバーでしょう。
レストランがヘボいホテルに良いホテル無し。

画像214

elements ATELER + BARはオールデイダイニングのelements、ファインダイニングのATELIER、そしてオーセンティックバーのThe BARの3つの顔を持っています。

まずはelementsから。

画像215


画像216
画像217
画像218

elementsではテラス席も完備しています。真夏は私には厳しいですが、春と秋の美しい季節には雄大な別府湾と鶴見岳の風景を楽しみながらオープンエアで食事を楽しむことができるでしょう。

画像219

こちらのテーブル席からは美しい山並みの風景を楽しむことができます。

画像220
画像221

ここからはブッフェ台をご紹介します。

画像222
画像223
画像224
画像225


画像226

East Wing側のエントランスにある竹籠細工を模したブッフェ台は朝食時にはフルーツ、ランチタイム以降はデザートブッフェの専用台となっています。

朝食

画像227

ランチ

画像228

The BAR

日曜日 〜 木曜日 : 18:00 - 23:00
金曜日 〜 土曜日 : 18:00 - 24:00

West Wing側入口を入って右手にあるオーセンティックバーがThe BARです。
タヒチのインターコンチネンタルから異動してきた陽気なバーテンダーさんがカクテルを作ってくれます。

画像229

ノリノリでポージングしてくれました(笑)

画像230

テラス席も用意されています。

画像231
画像232

夜になるとムーディーに。

画像233

シグネチャーカクテルの『Flourishing Forest』を頂きました。ショートカクテルなのですが、爽やかで飲みやすい一杯でした。

画像234
画像235

ウイスキーの品揃えも頑張っていました。サントリー響30年もメニューリストに。ただし、ボトル売りのみでお値段90万円(税サ別途)!

ATELIER

営業時間 17:00~21:30 (L.O 21:00)

ディナー営業専門のファインダイニングです。

画像236

カウンタースタイルのフレンチフュージョンといった感じでしょうか。
地元大分を中心に九州の食材を使った地産地消料理を提供しています。

画像237
画像238
画像239
画像240

アイランド型キッチンには炭火焼グリルも備わっていますが、煙とは全く無縁(無煙?笑)です。最近はオール電化で直火焼きができないホテルのレストランも結構増えている中で、炭火による直火焼きを導入しているところは評価できます。

オープン記念ということで、比較的リーズナブルな料金でコース料理を提供していました。

熊本県産トマトとコンソメ セイロンの香り

画像241

湯布院サーモンとビーツのマリネ アボカド

画像242

シマアジのタルタル かぼすジュレ

画像243

佐伯産真鯛とヒオウギ貝 ヴィエルジュソース

画像244

かぼすのグラニテ

画像245

九州産ビーフステーキ アトリエスタイル (供する前に燻蒸します)

画像246
画像247

バジルのパンナコッタ 桃のコンポート 柑橘のキャビア ペリエのジュレ
シナモンスティック添え

画像248

食後のお茶とピエール・エルメのチョコレート

画像249

どれも美味しかったのですが、ポーションがどれも小さすぎて、カナッペを食べているような気分でした。メインのお皿は量を選べるようにされると、もっと良いかと思いました。

ここで重要なお知らせを。館内は敷地含め禁煙で、喫煙はelements内にある喫煙所以外は禁じられています。勿論、客室のテラスも禁煙です。指定場所以外での喫煙は高額なペナルティ(清掃費用)を課されますので、ルールとマナーを守って頂けますようお願いします。なお、喫煙所はelementsの営業時間 6:30~21:00の間しか利用できません。

画像250
画像251

インルーム ダイニング

いわゆる「ルームサービス」ですが、ワゴンサービスとテーブルサービスが選択できます。ワゴンサービスは一般的なルームサービスですが、テーブルサービスの場合は、料理をデリバリーしてくださったスタッフさんが客室内のテーブルにテーブルセッティングを行いレストラン並のサービスを提供してくれます。これは新鮮でした。

インルームダイニングのメニューはelementsのアラカルトメニューと共通です。

スパゲティ・ボロネーゼ

画像252

和牛バーガー

画像253

鴨南蛮そばとおにぎり(じゃこ)のセット

画像254

THE GALLERY

宴会場・会議室エリアの総称をこのホテルではTHE GALLERYと名付けています。大規模なカンファレンスや宴会場と言うよりはミーティングルームやショーケース(展示会)的な利用を想定した造りです。何故ならば、このホテルにはチャペルが無い。婚礼部門がまだ無いからです。今後、二期工事(後述します)にて宴会場やチャペルなどの増築が見込まれますので、これからと言ったところです。

ホワイエ

ここでもミーティングとか展示会ができそうですね。こちらにはスモールキッチンと冷蔵庫が設けられており、会議や展示会の休憩スペースとしてドリンクやスナックを提供する事が可能になっています。

画像255
画像256
画像257

Azure

THE GALLERYの中で一番宴会場っぽい造りの部屋です。
この部屋からは別府湾・別府市街地を一望できます。広さは77㎡で、パーテーションを使って2部屋に分けることも可能。ビルトインタイプの65インチモニターを2台備えています。

画像258
画像259
画像260

Emerald

オーバルルームのようなミーティングスペースとラウンジスペースに分かれた変わったスタイルのお部屋です。こちらも77sqmで、ミーティングスペースとラウンジスペースはパーテーションで分割可能です。

画像261
画像262
画像263
画像264

ボードルーム

こちらはセミナースタイルの小規模カンファレンスルームです。Azure、Emerald同様に中央部分でパーテーションによってボードルーム1と2に分割可能です。写真はパーテーションを開けてひとつの部屋として利用した状態です。

画像265

Club InterContinental Lounge

『ホテルの中のホテル』と言えばクラブインターコンチネンタル。クラブインターコンチネンタルルームとSuiteの滞在客、そしてRoyal Ambassador メンバーのみがアクセスを許されています。デラックス ツインルームとプレミアムルームの一般滞在者は混雑状況によっては20000円の追加料金 (税サ別) でアクセス権を購入可能です。

画像266

ドアにはオートロックが掛かっています。カードキーをドア右側のセンサーにタッチして解鍵しますが、カギが開くまでに少々時間を有しますので、慌てず待ちましょう。

画像267

クラブインターコンチネンタルラウンジの営業時間は午前7時から午後9時までとなっています。

画像268
画像269

ドアを開けると左手にレセプションデスクがありますが、チェックイン・チェックアウトはソファやダイニングチェアに座って飲み物を戴きながらの手続きとなります。

画像270

レセプションデスク正面は2人掛けテーブルが4セット、6人掛けソファが1組設置されています。広々とスペースを使っていますね。

画像271
画像272
画像273
画像274

ソファはこの1組しか無いのですが、ダイニングチェアの座り心地がかなり良いため、ソファの少なさはそれほど気になりません。

画像275

レセプションデスクを横目にまっすぐ奥へ進むとブッフェゾーンと4名掛けテーブルが2セット、2名掛けテーブルが4セットあります。このラウンジの座席数はトータルで30席です。

画像276
画像277
画像278

ブッフェゾーンはそれほど大きくはありません。そもそも89室中、アクセス権がある客室は21室しか無い上に、アクセス権のあるゲストはelementsで朝食を摂る事もできるのですから、それほど大きくする必要はないのかもしれません。

画像279

クラブインターコンチネンタルラウンジにはトイレが2ヶ所あるのですが、うち片方はシャワーブースも完備されています。

画像280
画像281
画像282

アフタヌーンティーセットは基本的にIC大阪を踏襲したスタイルです。

画像283

カクテルタイムは飲み物のセレクションはIC大阪並みで申し分ありませんでしたが、フードの方は品数的に物足りなさを感じました。ワンプレートにホットカナッペとコールドカナッペが2つずつ。後はチーズとベジタブルスティックにクラッカー。これは物足りない。これからに期待します。

カクテルタイムは13歳未満の年少者は入場できません。13歳未満の年少者連れのゲストは代替措置として、elementsにて前菜ビュッフェとクラブインターコンチネンタルラウンジと同等のドリンクメニューを楽しむ事が可能です。ただし、elementsでの代替サービスは18:00-20:00となりますので、ご注意願います。

画像284
画像313

シャンパンはIC大阪同様、ルイ・ロデレールでした。

画像286

クラブインターコンチネンタルのシグネチャーカクテル、かぼすダイキリ

画像287

朝食はIC大阪に準じた形でアラカルトメニュー(4種から選択)にサラダバーとコールドカット、乳製品を組み合わせる程度です。全体的にシンプルな構成です。elementsで朝食を摂る場合でもアラカルトメニューとブッフェの組み合わせ、かつアラカルトメニューはクラブラウンジと同一ですが、ブッフェの種類はelementsの方が選択肢が多いため、朝からガッツリ行きたい人や大食漢の方は、朝食はelementsで摂った方が良いかもしれません。

画像288
画像289

クラブインターコンチネンタルのメニュー

画像290
画像291
画像292
画像293
画像294
画像295
画像296

(2020年1月追記) 朝食のアラカルトメニューが強化されました!また、冬季間は8:00-20:00 の短縮営業となっています。

画像319
画像318
画像317
画像318
画像316

滞在こぼれ話

こぼれ話1
滞在中、ありとあらゆるスタッフさんが笑顔で『Raynyan様、おはようございます。昨晩は良くおやすみになられましたか?』『Raynyan様、こんにちは』と挨拶してくださいました。一人ひとり全員をご紹介頂いたわけでも無いのに何故?なシチュエーションですが、到着直後、宿泊部長 (現総支配人) の高良さんに館内を案内していただいている際に全館スタッフに『今からRaynyan様をご案内します。皆さんちゃんとお顔を覚える様に』と無線で指示が飛んだそうです。いや〜コワイコワイ(笑) おかげさまで快適に過ごす事が出来たわけですが、ここのホテルグループを使い倒すと、どこへ行っても似た様な状況が発生します。海外では『記念写真を撮りましょう』と撮られた写真が館内に共有されます。体調不良があった場合やレストランで何を食べたのかも、みんなスタッフさんたちは知っています。こういった状況を『インターコンチにプライバシー無し』と一部のFrequent Guest、特にRoyal Ambassadorメンバーは自嘲気味に呼んでいます(笑)

こぼれ話2
滞在最初の朝、8月2日の朝6時に火災警報が鳴り出すトラブルが発生しました。勿論、火災など発生しておらず
、『あーあ。開業最初の朝からやっちゃった?こりゃ、マネジメント大激怒かな?(笑)』とベッドの上で笑い転げていたのですが、真相は大浴場で備え付けの扇風機を使おうとされた宿泊客の方が、扇風機のスイッチがどこか判らず (ちょっとオシャレなデザイン)、謝って火災報知器のボタン (これまた、ちょっとオシャレなデザイン) を押してしまった事が原因でした。

画像297
画像298

現在は火災報知器のボタンに大きく注意書きがされる様になりました(笑)

画像324

その日の午前中はこの話題 (もちろん、笑い話として) で館内は持ちきり。誤って火災報知器のボタンを押してしまった御仁はエレベータ等で会う人会う人へバツが悪そうに平謝りだったそうで、それがまたゲスト、スタッフ皆が笑い話として済ませる事ができた要因だと思います。寛容なゲストばかりで本当に良かったと思います。

ここで非常に貴重な火災警報のアナウンスをお聞かせします。訓練放送などはこれまで他のグループホテルで聞いた事があったのですが、それはあくまで『これは訓練です』との前置き放送があってのこそ。今後二度と聞くことは絶対に無いだろう貴重な放送です。本note限定で公開します。

今後の拡張計画

まだ公式に発表されたものではありませんが、2018年4月20日付大分合同新聞 朝刊に掲載された運営企業のGHS株式会社 近藤智 社長のインタビュー記事では第二期工事として一軒家スタイルの客室、ヴィラを増築し、第三期工事では宴会場やレストランを増築するプランが語られています。チャペルなどのウエディング施設もこの時に建設されるものと思われます。まだまだ発展するANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ、楽しみですね!

4日間の滞在を通して

開業直後で色々とサービスがこなれていない感は若干ありましたが、開業直後としては極めて優秀なスタートを切れたと感じました。温泉リゾートとしてはハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパが外資系高級ホテルの代表格だと思いますが、間違いなく超えたと思います。本当にパノラマスイートの270度のビューは比類無き絶景で、翌日に仕事が無ければ延泊したかった位です。

マネージャークラス以上のスタッフは経験者ばかりですが、現場のラインスタッフさん達は全員新人・未経験者ばかりだそうです。ですから温かい目で見守り、彼らが成長しホテリエとしてこの仕事に喜びを見出せるような環境づくりにゲスト側も配慮すべきと思います。ホテルを作るのはスタッフであり、ゲストなのですから。

この4日間お世話になった現場スタッフの皆さんだけでなく、開業前から予約と各種アレンジのサポートを下さったセールス&マーケティングチームの皆さん、IHGANAの皆さんにこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。そして、開業本当におめでとうございます!

(了)

ANA InterContinental Beppu Resort & Spa
ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ
〒874-0000 大分県別府市大字鉄輪 499番地18

代表番号
Tel: 0977-66-1000
Fax: 0977-66-1002
Email: info.icbeppu@ihg.com

宿泊予約 Tel: 06-6347-1202
Email: reservations.icbeppu@ihg.com

レストラン予約 Tel: 0977-76-8258

リゾートセンター Tel: 0977-76-8215
Email: concierge.icbeppu@ihg.com

公式Webサイト: https://www.anaicbeppu.com

総支配人: 高良真理
デベロッパー: 東京センチュリー株式会社
運営会社: GHS株式会社
オペレーション・マネジメント: IHG・ANAホテルズグループジャパン合同会社
(インターコンチネンタルホテルズグループ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Raynyan Funifuni

頂戴いたしましたサポートは画像やビデオの向上の為の機材や編集関係の充実に使わせていただきます。

Raynyan Funifuni
Be a beloved resident. 愛される住人を目指します。ホテル暮らしの日常と食い倒れ話(主に鮨、フレンチ、焼肉、カクテル、シャンパン)を。マイラー・ホテラー・クレジットカードマニアではありませんので、マイル・ポイント情報とは一切無縁です。実家は溜池山王某ホテル。