見出し画像

大人気土曜ドラマ『その女ジルバ』原作は?ドラマだけじゃ足りないアナタへ

放送初回に「オトナの土ドラ」シリーズ最高視聴率を獲得!

連ドラ9年ぶり主演の池脇千鶴の等身大の演技が共感を呼んでいる

『その女、ジルバ』ですが、原作は小説?漫画?

ドラマを見て原作に興味をもった方の為に調べてみました。

その女ジルバの原作は・・・・

『その女、ジルバ』は2011年6月10日 - 2018年8月10日にかけて

小学館のビッグコミックオリジナル増刊で連載されていた

作者:有間しのぶ先生の作品で、

全45話、全5巻で完結しているコミックス。

Amazonでは2021年2月15日の段階では完売在庫なし。

単品でもプレミア価格がついている状況なのだが・・・

画像1

実は楽天市場では、【新品】その女、ジルバ (1-5巻 全巻) 全巻セットが

価格3,250円 (税込)送料+700円で購入が可能だ。商品購入はコチラから

なので今すぐ全巻購入したいと言う方はこちらで購入しましょう♪

その女、ジルバのあらすし

伝説のママ・ジルバの店 BAR OLD JACK & ROSE。

終戦直後から夜の世界で生きてきたホステスたちの高齢BAR。

当然、ホステスの平均年齢は70歳以上と高齢。

そんな人生の酸いも甘いも知り尽くした女たちが最高のおもてなしで、

常連客たちを迎える伝説のママ、ジルバのお店。

そこへ飛び込んだ一人の新人キャストの笛吹 新(うすい・あらた)、40歳。

大手スーパーの倉庫で働く彼女は、恋人なし、貯金なし。

老後の安心なしの崖っぷち人生。

リストラで希望の職場も追われ、夢も、仕事も、結婚も、

すべてあきらめかけた彼女が、BAR OLD JACK & ROSEで

笑い、歌い、踊り、いつの日か忘れていた何かを取り戻していく。

昼と夜、二足のワラジで働くことになった、見習いホステスの

彼女のシングルライフに、いったいどんな変化が訪れるのか!?

ドラマファンも十分楽しめる作品だと思いますよ♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よかったらシェアしてなぁ
ぽにょぼにょ。お得な情報を配信