見出し画像

『真ん中の歩き方』はじめに

電子書籍『真ん中の歩き方』の「はじめに」より転載

はじめに 真ん中の歩き方

まっすぐ歩くのは、簡単そうで案外難しいものです。

目をつぶって歩み出せば、すぐに逸れてしまうでしょう。耳をふさいでしまえば、自分の足音すら聞こえなくなります。

もし、目を開き、耳を澄ませても、ノイズが多い場所ではあてにはなりません。私たちを道の隅っこに誘い込む情報は山ほどあるのです。

人は、フラフラする生き物です。

命令通りに業務をこなすコンピュータとは違います。心の内側には矛盾や弱さがいつでもあります。それを否定することも、無視することもできません。

ついつい、端の方に引き寄せられてしまうこともあるでしょう。

「そんな弱さなんて、無くなってしまえばよいのに」

そう感じること自体が、端への誘いです。

勇気と無謀は違います。

勇気は弱さを認め、そこから一歩を踏み出します。弱さを無視して猛進するのは、無謀でしかありません。隅っこに一直線です。

右に逸れたら左に戻り、左に逸れたら右に戻る。その繰り返しが、フラフラしてしまう人間にできる唯一のことです。

もしかしたら、まっすぐ歩くことなんて、いつまでたってもできないかもしれません。でも、真ん中を歩くことはできます。この二つは、似ているようで、やっぱり違います。

常に目を見開き、耳を研ぎ澄ませる。そして、考え続ける。

それが真ん中を歩くために必要なことです。

きっと、それは簡単ではありません。少なくとも楽なことではないでしょう。でも、不可能なことでもありません。人間に与えられた、一つの能力でもあります。

本当に怖いのは、まっすぐ歩いているつもりで、どんどん真ん中からずれて行ってしまうことです。そんなとき、人は不思議なほどの高揚感に包まれるか、逃れがたい絶望感に覆われてしまいます。隅っこというのは、そういう場所なのです。

バランスよく生きるためには、考えることは欠かせません。でも、考えているだけでも足りません。自分の足で歩いて行くことが必要です。それが、生きるということの意味です。

本書は、あなたに答えを与える本ではありません。あなたが考えるための本です。答えは、この本ではなく、あなたの頭の中にあります。

本書には直接的に問題が提示されたものもあれば、抽象的に示唆されているだけのものもあります。メタファーを使いすぎて、問題の本質が見えにくいものもあるかもしれません。突飛すぎて、理解を超えるものもあるでしょう。

でも、人生とは、そういうものです。

誰かがわかりやすく問題を提示してくれることは、本当に稀です。何について考えるのかすら、自分で見出さなければいけません。しかし、逆に言えば、何をどう考えるのかは、まったくあなたの自由でもあります。

本書が、あなたの考えのきっかけになってくれれば、著者としては望外の喜びです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

(>_<)/
2
物書きです。ビジネス書とか、ライトノベルとか、ブログとか、有料メルマガとか書いています。 Blogは http://rashita.net/blog/ メルマガはhttps://note.mu/rashita/m/mca89ee3c2e93 です。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。