ラニノレ

Wanna be Beat Maker and Blues Guitarist.

ラニノレ

Wanna be Beat Maker and Blues Guitarist.

    最近の記事

    Ex-wanna-be BeatMake編⑥(あとで見るリスト消化 "DTM全般"編)

    生活リズムが変わったので全然更新できなかったのです。 DAWとかも全然いじってない…。 でもやらないよりやるんだ…。 youtubeであとで見よーってwatch listに追加しまくってたら大変なことになってたので少しづつ消化。 DTMって言葉、微妙にダサくて使いたくないけど動画タイトルがそんなだしまあいいか。 19-独学でDTMが上達する方法!おすすめYouTubeチャンネルも紹介 DTMは独学で上達できる?→出来る 心構え:アウトプット前提で勉強しよう 方法1

      • Ex-wanna-be Guitar編②

        ~この記事は5月下旬に書かれています~ 3-Intro to '60s Blues Rock for Beginners | Tones, Techniques & Riffs | Fender Play LIVE | Fender あんまりブルースロックって詳しくないんだよな…。ストーンズとかヤードバーズとか?(聴いたことないや…)でもブルースってつくんだからそういう要素もあるんじゃないか?って感じで視聴。(したんだけど途中からあんまりちゃんと聞いてないです…) me

        • Ex-wanna-be BeatMake編⑤(今後の方針を考える)

          いままでに学んだこと(特にスローテンポな曲の)ドラムビートの組み立て方。 各パートの周波数分布。 課題&これから何を学ぶかドラムビート キックの典型的かつ具体的なパターンなどがわからない。なんとなくで音を配置している。 また今まで見てきたチュートリアルはFlyLoの比較的穏やかな楽曲のビートのつくり方だった。よりアップテンポであったりアグレッシブであったりする曲ではどのようなビートの組み立て方がされているかが不明。 ↓ 好きな曲を分析してパターンを見つける&組み立

          スキ
          1
          • Ex-wanna-be BeatMake編④(How to, Flying Lotus)

            How to, Flying Lotus10-飛ぶような音楽を作る方法[無料サンプル] サムネがYOUREDEADな時点で期待度高い。と思ったら前に見た動画の人のまえの動画じゃん。まあ見る。 memo Vinyl noise:複数レイヤーする。 shaker:少しグリッドから遅らせる。 clap:複数レイヤー。グリッドからから少しずらす。レイヤーも少しずつずらす。複数の人が部屋でクラップしてるように。 kick:グリッドからずらす。 foley sound lo

            Ex-wanna-be BeatMake編③ (Bitwigの基本編)

            Bitwigの基本編道具の使い方には習熟しないと。 学んだメモ。 6-【DTM】Cubase 初心者講座 総集編|たった1動画で基礎が分かる【使い方】 Cubaseの初心者講座だけど、どのDAWでも出来ることって基本的に同じなんじゃね?ってことでここで紹介されていることを自分がBitwigで出来ているかを確認するために見た。(長すぎ。二倍速かつ飛ばし飛ばしで見た) memo Drum Machineでハイハットのオープンとクローズが同時にならないようにするのどうやっ

            スキ
            2

            Ex-wanna-be BeatMake編②(How to, Flying Lotus)

            How to, Flying Lotus[検索] How to Flying Lotus 2-宇宙飛行のような宇宙ビートを作る方法 いや、日本語タイトルがこうなってるねん。 英語はあんまり聞き取れないけど真似してみる。 memo Kick。spacyなキックをsaturateさせて"harder hitting"にする。(OTTについてはなんて言ってるかわからなかった)  hIghはパーカッションのために削る。8分裏をグリッドから少し遅らせる(アナログフィールのため)

            スキ
            1

            Ex-wanna-be Beat Make編① (FlyLoのMoreについてちょっとだけ分析)

            1-Flying Lotus Breaks Down His Song “More” ずっとyoutubeのあとで見るリストに入っていた動画。 解説はイントロ終わって以降のラップパートについて。 まずはドラムパート。 ”これを聴くだけでいい曲だとわかるようなグルーブ”と自信たっぷり。 コピーしたらこんな感じ。頭はジャストだがそれ以降の音符が微妙に(64分音符弱くらい)後ろにずれている。これがMoreのドラムの基本パターン。ここからKickが動いたりスネアがちょっとだけ

            スキ
            1

            Ex-wanna-be Guitar編①

            1-Fender Play LIVE: Learn Funk Guitar & Bass: James Brown to Parliament | Fender Play | Fender いきなりBluesではないけど見てみる。 memo ブーツィーコリンズのビデオが見たいよ(ダウンビートの強調!) Funkはベースが原動力 音価を”良い感じに短くすること”(シンコペーションやスタッカート) ベースは大事 ブーツィーコリンズ、ラリーグラハム、ジェームスジェマー

            おれはwanna-beをやめるぞ!ジョジョーーッ!!(その2 (Blues) Guitar編)

            ジョジョは第二部が好き。 その1に続いて。 ジミヘンになりたい。 それも現代的なジミヘンに。 そこまで高望みしないとブルースギターでアドリブが取れるようになりたい。 高望みするとブルースをメインにR&Bやネオソウル的な要素を加えつつブラックミュージックを自由に弾きこなしたい。 果てしなく遠い道のりである。 最初に書いておくと自分のギター暦は ・中学生でギターを購入 ・高校で受験勉強がはじまるまで邦楽やアニソンなどのコピーバンドでプレイ ・大学に入るとほとんどギターを弾

            スキ
            1

            おれはwanna-beをやめるぞ!ジョジョーーッ!!(その1 Beat Make編)

            ジョジョは第三部までしか知らない。 FlyLoやD'Angeloみたいな作品が作りたい。 ジミヘンみたいなギターが弾きたい。 という思いを胸に秘めて幾千の時が流れた。 そんな時見つけたこの記事。 似たようなことをやっていこうかなという感じです。 ・現在地を知る。(Beat Make編)DAWは五年くらい前からぼちぼち触っている。 最初はAudio I/Oの付属だったCubaseのフリー版、次にMidi keyについてきたLive Lite、途中waveformに浮

            スキ
            1