見出し画像

変わろうとしなくていい

「私は産まれてきてはいけなかった」


そんな風に思いながら生きてきて
38歳の時、「幸せに生きたい」と願う様になってから
【変わらなきゃいけない】という言葉に縛られてた

自分が選んできた人生
自分が創ってきた現実

いつしかその言葉が呪いになってしまって
今、幸せを見つけられないのは感謝が足りないんだ
と自分を責めていた

ネガティブな感情、ネガティブな言葉が出る度に
私はまだダメだと裁いていた

画像1

子供の時に
「産まれてきてはいけなかった」と思う事しか出来ず
それでも生きていかなきゃいけなかった自分を
それでも愛されようと頑張っていた自分を
ただ、抱きしめてあげれば良かったんだね

本当の自分も、本当にやりたい事も
探す必要なんてない

今感じている感情をそのまま感じてあげる事で
自然に本当の自分に還って
自然に本当にやりたい事がやりたくなる

自分を奮い立たせる必要もない
笑ってなきゃいけないこともない

はやし立てる言葉に惑わされないで

画像2

命は有限であるけれど
全ての人に充分に時間は用意されていて
【足りない】事はないんだから

自分で抱きしめる事に不十分さを感じるなら
誰かに抱きしめてもらえばいい


画像3

加美さんの言葉に出逢ってから
子供の頃から抱いていた感情に気づく事が多くなりました

それは泣き叫ぶ時もあるほど、とても苦しいもの

とても自分ひとりでは受け止めきれなくて
壊れてしまいそうな時
いつも支えてくれてるのは1番近くにいてくれる彼

本当の自分も本当にやりたい事も探さなくなった私は
やる気のなくなったナマケモノの様に感じる事もあるけど

とても穏やかでゆっくり流れる時間を感じる事ができてる


これを読んでくれている人の中で
誰かが
「それでいいんだ」とホッとしてくれたら嬉しいな


是非、加美さんの言葉を感じてみてください♡




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
【魔法の教室】認定講師 量子場師 自分なんか生きてる価値がない……パニック障害と鬱で長い間「自分を大切にする」事が分からなかったけど、2人の娘ちゃんから愛され、大切にしてくれるのパートナーと共に、さらに【もっと自分らしく】生きていくために日々「自分」と奮闘中♪