iOS_の画像__3_

【PUSH SONG】2019.09.22~2019.09.28

毎度恒例、小鳥遊の個人的PUSH SONGのご紹介!

できるだけ各ジャンルに分けてご紹介しますが、パッと分けているので、多少誤りがあるかもしれません。ご了承ください。

今週は11曲です。


◆ ポップ(4曲)

今週は言わずもがなの世界的ヒットメーカーから始めます。

曲自体は7月リリースの曲ですが、『Ed Sheeran』らしさも残しつつ、流行りも取り入れ、落ち着きのある曲に昇華させています。

さすがの一言。


Ed Sheeran - South of the Border


心の底からカッコ良いと思い、音ではなく歌と声でここまで揺さぶられたのは久しぶりでした。

昔から実力は、ピカイチでしたが、改めてまじまじと見せつけてきたな、と。


Little Glee Monster - ECHO


『AmPm』らしいチルダンスサウンドに『eill』のおしゃれなクセのない歌声が綺麗にマッチしています。

『AmPm』は小鳥遊が大注目している覆面アーティスト。

日本から世界へチャレンジし、風穴を開ける可能性のあるアーティストの一人だと思っています。


eill - ONE LAST TIME


ポップ部門、最後は洋楽です。

ほんとに甘い声してますよね『Lukas Graham』は。

でも高音域に入ってくると若干かすれてスモーキーボイスになるのも素晴らしい。


Lukas Graham - Lie


◆ ロック(1曲)

声からは想像できない力強い曲を提供してくれます。

またアイドルのような声にロックとの掛け合わせが面白い。

ただ、まだまだ歌唱力は伸ばさなきゃいけないと思います。

少し、声に厚みが足りない。

そこが伸ばせればもっと羽ばたけるバンドだと思います。


ЯeaL - Unchain My Heart


◆ ダンス(2曲)

日本にこの才能がいることが一昔前では考えられなかったな、と素直に思います。

日本の音楽市況がアイドルに席捲された時の若者たちが、その時に感じた「これじゃない。これだと終わってしまう」と本気で挑み、努力を重ねてきた一端ではないでしょうか。

日本人アーティストにしては珍しく本格的なポップEDMです。


banvox - Why


こちらも日本人DJが作っている本格的なポップEDMです。

土曜日の朝に聴きたくなるような、柔らかな日差しに包まれる感覚を与えてくれる一曲です。


phin - bright stars feat. Shel Bee


◆ ヒップホップ(2曲)

もはやこれはヒップホップなのか、ポップの要素もラテンの要素もR&Bの要素も入っていて、一概にヒップホップだと断言できない部分はありますが、彼のルーツは間違いなくヒップホップなので、敢えてここにカテゴライズします。

でもね、そんなカテゴリ理論で縛られて、良い曲を認められなくなるようなエセ評論家にはなりたくない。

全ての垣根を取っ払って、この曲は良いです。

明るい気持ちにもなれるし、頑張ろうという気持ちにもなれる。

何か些細な事で悩んでいる中高生に是非聴いてほしいです。


Rude-α - It's only love


この曲は、ぶっちゃけこれからの期待も含めての選曲です。

若干、すべてが中途半端に折り重なっている感があり、完成度としてはまだまだ。

とはいえ、ポテンシャルはすごく感じられます。

特にリリック。

わりと斬新な言葉の運びをしているので、あとは曲のクオリティをあげていってほしいと思います。


ぜったくん - sleep sleep


◆ アイドル(2曲)

正直、今回のこの曲は小鳥遊的にはあまり刺さっていません。

が、世界に通用する日本のアイドルの最先端というわけで、マーケターとしては紹介したいな、と。

あ、刺さってないだけで曲の完成度は毎度の如く高いなと思います。

欧米だけでなく、国内での地位を確立できるような曲が一曲欲しいですね。

マス受けしないのは分かっていますが、、、


BABYMETAL - Shanti Shanti Shanti


少し前の曲ですが、このタイミングで。

TWICEやBLACK PINKとは少しジャンルをズラして攻めている印象のある『Red Velvet』

その顕著な違いが最も現れた一曲ではないでしょうか。


Red Velvet - Umpah Umpah


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。