iOS_の画像__3_

【PUSH SONG】2019.09.29~2019.10.05

毎度恒例、小鳥遊の個人的PUSH SONGのご紹介!

できるだけ各ジャンルに分けてご紹介しますが、パッと分けているので、多少誤りがあるかもしれません。ご了承ください。

今週は10曲です。


◆ ポップ(4曲)

今週の一曲目はかなり意外だった一曲!

『香取慎吾』のソロシングルなんですが、こんなに歌上手かったっけ、というか、こんなに声に特徴あったっけ、と驚きました。

曲調は間違いなく最近の流行りのテイストですが、その音に声が合っている、、、!

「意外」以外の言葉が見つかりません。


香取慎吾 - 10%


来ました!

小鳥遊が大好きなアーティスト『SawanoHiroyuki[nZk]』の新曲!

この人の曲は本当に外れがない。

一度も「今回はちょっと・・・」と思ってことがありません。

また、この音に合わせられるゲストボーカルのレベルの高さに毎度、感嘆します。

過去には『Aimer』も参加していましたね。


SawanoHiroyuki[nZk]:Anly - Tranquility


三曲目は小鳥遊がハマりそうな声質の持ち主『THE SxPLAY(菅原紗由理)』。

曲調は1つ上で紹介した『SawanoHiroyuki[nZk]』のような劇曲チックなテイストです。

そして過去の楽曲も聴いてみたんですが、ただただ良い!!!

ハマりそうな予感しかありません。

※事実、仕事中このアーティストの楽曲を永遠リピートしています。


THE SxPLAY(菅原紗由理) - 漂流


ポップジャンルの最後はガラっと雰囲気が変わりまして、落ち着きのあるおしゃれな洋楽ポップです。

邦楽には合わないであろう曲展開が素晴らしい。

ため息が出るほどカッコ良い仕上がりになっています。


Kennedi - better


◆ ロック(1曲)

正直『凛として時雨』は高校生の時にチャレンジして、一時自分の中で流行ってたんですが、ある時から急に声が合わなくなって、聴かなくなっていました。

今回の新曲も聴かず嫌いで終わりそうだったんですが、仕事の兼ね合いもあり冒頭とサビだけ聞いてみると、「あれ・・・良い!!」

正直、仕事でも、『ヨルシカ』の文字が入っていなければ聴いていたか怪しいのですが、すべてを手のひら返ししてこの曲は良いです。

2人の声質の良さが際立っています。


TK from 凛として時雨 - melt(with suis from ヨルシカ)


◆ アイドル(2曲)

さて、とんでもないモンスターアイドルがK-POP界に誕生しました。

業界ではSMの本気だと言われていますが、それに相応しい完成度です。

本気度が高すぎて、曲からもMVからも熱量がビシビシと感じられます。

各グループのスターを集めた『SuperM』

是非、低音を強めて、MVをご覧ください。


SuperM - Jopping


引くほどカッコ良い曲で、目も耳も若干気疲れした後は、キャッチーでカッコ良い曲をどうぞ。

『TWICE』の大ヒット曲『TT』を彷彿とさせるほどキャッチーで完成度の高いカッコ良い曲がリリースされました。

これはかつてのように流行るのではないでしょうか。


TWICE - Feel Special


◆ ヒップホップ(3曲)

曲自体は新しくないのですが、今週一番耳が嬉しくなった一曲です。

知れて良かった、と心の底から思いました。

声や歌い方は特徴的ですが、音の構成は本質的に素晴らしい。

チャレンジもしています。

こういうアーティストがもっと評価されるべきなのではないでしょうか。


電波少女 - NEWTON


最近、『ちゃんみな』や『さなり』のお陰で若い世代を中心に、ポップなヒップホップが流行っているように思います。

そこを追随する新たな一組になり得るアーティストです。


空音 - Hug


今週の締めくくりの一曲は洋楽です。

音楽とは耳、心、体で楽しむものだと思っていますが、3つとも楽しませてくれる曲はなかなかありません。

この曲は「言葉が分からなくても、耳心体、音を楽しむことができる」と再認識させてくれました。

素晴らしいの一言。


blackbear - hot girl bummer




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。