見出し画像

ツエーゲン金沢 垣田選手「角野さんが言ってくんないと」

MROラジオ「達洋・まさひこのアディショナルタイム」(10/5(土) 12:10)にて、前節徳島戦の敗戦後、練習場での選手インタビュー。
MC:角野達洋
MC:大平まさひこ

生まれつきの能力


角野:さ!続いてはとにかくね、インタビューしてほしそうだったんですよ…
太平:なんかこうチラチラみて。
角野:ええ。
太平:ちょっと俺にきて、っていう感じですか。
角野:はい。
太平:ああ。
角野:この選手です。
太平:たぶんこの人やろね…

<選手インタビュー>

垣田:あ、垣田です、よろしくおねがいします。
角野:おねがいします(笑)
垣田:スペシャルゲストです!
角野:スペシャルなんだ(笑)
垣田:はい!
角野:えらいテンション高いですね、なんか理由あるんすか。
垣田:いやいやいや、そんなことないすよ、ぜんぜん。
角野:(笑)
垣田:最近モテ、モテるから…ふあ?って感じすかね、まそれはいつもの事なんスけど。
角野:ははは、モテキなんだ今、
垣田:モテキはまあ、生まれつきっす。
角野:あーそうなの、ずっとそうなんだ(笑)
垣田:生まれつきくっついてる能力っす。
角野:これなんすか、このシラーっとした雰囲気どうにかしてくださいよー…
垣田:はい?
角野:ははは(笑)
垣田:いやちょっとダメっすね、ま、あいつあんなとこで寝っ転がってるし、アホやから。
角野:寝っ転がってるの、あれ誰ですか。
垣田:永遠っす。
角野:あー山根選手だ。
垣田:はい。
角野:戻ってきた感じで。
垣田:はい。
角野:早いですね、手術した後。
垣田:けっこう、思ったより早かったっす。
角野:同じポジションで、脅かされるじゃないですか。
垣田:まあ、競争あったほうがいいんで。
角野:おおー。
垣田:いっぱいいていいんじゃないですか、FWが。
角野:そうですねー、どうですか前節徳島戦、ご自身のプレーどうだったですか?
垣田:いやー、まあミス多いですし、まあ納得いく内容では、なかったですね、まあやっぱりもっともっとやならきゃいけないっていうのは、ありますね、だいぶ、はい。
角野:徳島だからちょっとやりにくさはあったんですかね。
垣田:まあそうっすね、やっぱり技術レベル高いですし、みんな、動きもこう流動的にやってきて、掴むのもむずかしかったし、まあもっと、マイボールの時間とかも増やせればよかったんですけど、まあもっともっと、やっぱりそれは徳島と俺らの技術の差は少しでてたんじゃないかなとは思いますけど。
角野:公式記録では、シュート0でしたね、垣田選手ねー…
垣田:そうっすね、まやっぱりFWなんで、そこは常につらっていかないといけないすけど、ま試合の流れがあることやし、チャンスメークにまわる試合もありますし、ま守備にまわる試合もありますし、それはいろいろあると思うんで、そこは一概には、あれですけど、まあ常にゴールは狙ってかなきゃいけないなってのはありますね、それは、はい。
角野:あんまり、前線でプレスはかけなかったですかね、徳島の試合みてましたけど、そんなにガツガツいかなかったですよね。
垣田:まあいったらはがされるっていう、アレもありましたし、チームとして、こうひきこんでやろうっていう戦術だったんで、まそのへんはチームで統一してやってました。
角野:それ途中で変わりました?なんとなく、
垣田:そうっすね守備のやり方あんまハマんなかったんで、少し、こうプレスのかけ方とか、少しいじった感じはありますね。
角野:で、カウンターからま1失点、2失点目はああいう残念なかたち、PKだったんですけどもねー…
垣田:そうっすね、はい…


J通算100試合目

角野:あの、J通算100試合目だったんですよね。
垣田:ああ、そうです、100試合目です。
角野:それ知ってました?
垣田:知ってました、もうずっと言われてたんで。
角野:あ、誰から?
垣田:みんなから言われてました。
角野:あ、ほんとですか宮原さんから。
垣田:はい。
角野:ふーん、それは知ってたんですね。
垣田:はい。
角野:なんか実況でも全然いってなかったんで、
垣田:ほんとすか、まあアウェイだからじゃないですか?
角野:(笑)
垣田:角野さんが言ってくんないと。
角野:そうですよね。
垣田:次言ってくんないと。
角野:あの明日の試合でいいますよちゃんとそれは、そうですか、それは意識しました?100試合目っていうのは、別に?
垣田:いや別にそんな(笑)、ただの普通のいつもどおりの一試合、って感じでしたね、別に。
角野:へー。
垣田:そんなに意識することはなかった、全く。
角野:一応今シーズン中にはJ2通算100試合目っていうのもね、
垣田:そうすね、あと3試合かな、はい、まあそんなにそこは別に意識してないんで、まあまずは試合んいでたら、しっかり自分のやれることやって、まあ順位上を狙って、勝点3をとれるようなプレーができたらいいんじゃないかなって思いますけど。


君がとればいい

<スタジオに戻って>

太平:…ねえ?
角野:えー、という垣田選手、正直良くなかったですよね。
太平:あー
角野:徳島戦は、ほんっとに、
太平:うーん。
角野:この明るさはなんだろうな、あえて、そうやって、
太平:そうですね、あのー、ま、ひきずってないという部分では切り替え早いってのはいいんですけどね。
角野:そうですね。
太平:最後のコメント、勝点3をとるには、って言ったら、もう僕ら今ツッコみましたけど、
角野:ツッコみましたね。
太平:「君がとればいい」っていう…
角野:それにつきます(笑)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

まてみてくださいね!
1
Jリーグクラブのラジオ番組を聞いています

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。