見出し画像

近況と雑感

えらいことになってから随分と経ちますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

日々の暮らしも、えらいこと仕様になったことと、なかなか上手くいかないことが交錯し、まぁしゃあないな、という諦めにも似た清々しい気持ちと、まだまだコレは序の口で、ホンマモンの地獄はここからやってくる、的なネガティブ・シンキングに苛まれたりもしますが、基本的に気楽に考えるようにしています。

色んな人たちが色んなこと言うので、それに一喜一憂というか、振り回されてるのもしんどいから何となく、情報に対する感度みたいなものを下げながら暮らしていたりはするのですが…。

ニュースやSNSなどを観ていると、なんかもう色々ひっくり返って一度グチャグチャになるんちゃうか、と思わざるを得ませんね。普段から心乱れずに居りたいところです。

感染症だけではありません。気候変動や、それに伴う世界中の災害は、いよいよ現実的なものとして実感を伴います。我々の世代はムードではなく現実的課題として、そうしたものごとに向き合っていくことになるのでしょう。

まぁ自分程度の者がが生きているだけで素晴らしい有り難い、と思えることがほんとうに何よりなので、今後の新しい世界で朗らかに生きていくためには、この社会の中において人々は、嘘や身勝手を排すことがデフォルトになるでしょう。

物事を測るときや。人の気持ちや立場を慮るときには、それ以上でもそれ以下でもない、新しい誠実さのような価値観が必要になっていくだろうと思っています。

岸田繁こと「めめめめ」は、京都精華大学の3回生ゼミと、2回生実習を担当していて、月曜日と火曜日は、唾を飛ばしながら前途ある学生たちに指導している筈なのですが、取り敢えず前期いっぱいはオンライン授業、とのことで、LINEをコレでもかと駆使しながら、学生たちに色んなことを教えています。

そんな傍ら、有り難いことに、こんな世の中ではありますが音楽の仕事もほんの少しずつ、素晴らしい企画などもいただき、マイペースにやらせていただいております。

くるりも、先日発売しました『thaw』が好評で、色んな人が褒めてくれます。聴いてもらえて嬉しいです。

週末にはスペースシャワーTVさんとの共同企画『LIVE WIRE』で、くるりは京都の磔磔で無観客演奏の生配信を行います。どうなるかは全く分かりませんが、貴重な機会になるように思います。

くるりは新作を作っています。まだ5から6合目ですが、出来るだけ早く完成させたいと思っています。真価が問われる、非常にアナーキーな作品群だと思っております。

私は数年間、大した夢や希望を持たずに暮らしてきましたが、この時代の状況、夢や希望と言えるかどうかはわかりませんが、ボンヤリとやってみたいことなんかが定まってきました。

色んなところに行って、ぷらぷら散歩して、色んな人に出会って、とびきりの美味しいもの食べたいです。

そして、まるで恋をするように出会った人たちと、エネルギーに満ち満ちた音を一緒に奏でたいなぁ、と思うのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
667
【くるり official note】ロックバンド・くるりのnoteです。

こちらでもピックアップされています

岸田手帖
岸田手帖
  • 19本

岸田の公開手帖です

コメント (4)
素敵な夢ですね(*´◡`*)
ここのところ近づいてたような希望が、押しつぶされてぺちゃんこになった気分でした。でも気持ちの持ちようなんですかね。
めめめめさんのように、音を奏でることはできませんがそこの部分を「生き生きとした会話」にすると、私のしたいことでもあるなと思いそしたらなんか泣けてきました。
“まるで恋をするように”というフレーズにぐっときました。それを忘れがちになるこの頃。またぽっと熱くなるような瞬間に、出会えるといいなと、久しぶりに思いました。とりあえず今から1時間後を楽しみに、画面の前でお待ちしています。
ライブ配信観ました。思っていたより画も音もきれいで、手のひらサイズでしたが、久しぶりのライブ楽しかったです。長めのアウトロと長めのMCはくるりのライブの醍醐味だと思います。ライブで聴く「Morning Paper」は格別です。でもやっぱり、ライブハウスで見たいというのが正直なところです。余計に生でくるりを見たい気持ちが強まってしまいました。不安だらけの未来の中で数少ない希望は、また再び会場に行ってライブを見ることです。早く会いたいです。新作とオンライン音博楽しみに待ちます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。