電車の花道

1
記事

不定期特集 岸田繁の「電車の花道」第3回:日本初のオールステンレス車両たちを追う〜電車界の山本昌〜

最近の鉄道車輌は、殆どがステンレスやアルミなど軽合金ボディーの車輌ばかりである。特にステンレスは錆びることがなく、鋼鉄に比べ軽量なのである。

ひと昔前は鋼鉄製の車両が殆どで、色とりどりに塗装されていた。今も阪急や京阪、近鉄など関西私鉄の車両や、新幹線車両なんかは新型車両であっても塗装されているけれど、実はアルミ合金製のものが殆どだ。

ステンレス製車両は、ほぼ塗装されることなく、地肌むき出しで使

もっとみる