11/16(土)Carton/島津冬樹氏 special day!!【photo gallery】

画像1 11/16限定、島津氏のワークショップと「旅するダンボール」上映会が開催されました。サインの縁取りのガムテは、島津さんから到着した荷物に貼られていたHARIBOのガムテがかわいかったので、きれいに剥がして再利用してみました。
画像2 Carton picking time!洋服を選ぶ感覚で、自分好みのダンボールを選ぶ。
画像3 パターンに合わせて使いたい部分をカット。「こわれもの」シールの部分も生かすなんて上級者です。
画像4 ただ切って貼るだけではない。一度剥がして水を含ませて、なめす。
画像5 持ち込みのリンゴ箱。
画像6 過去の青森ねぶた祭りの「ねぶた」の和紙をダンボールに貼り付けてご持参くださった方も。
画像7 大人も子供も夢中。
画像8 店内ダンボールだらけ。
画像9 「先生できました!」Before:ケーキ屋さんのキルフェボンの箱
画像10 Before:リンゴ箱。トップスとの相性抜群の赤で、カワイイ!
画像11 島津さんサイン入りのペンケース。
画像12 の、Beforeは、北海道中川町の「KIKORI」と、長崎の「sumiya kickass」。どちらもPurveyorsで取り扱いのブランドのダンボール。
画像13 Before:THE NORTH FACE、KEEN、VANSなどのシューズ箱に魂が再度吹き込まれました。
画像14 ダンボールが宝物に変わるこのワークショップと、かつては鉄工所で今はPurveyorsとして生まれ変わったこの場所というのはリンクする部分があり、とても自然な光景でした。
画像15 廃校になった図工室で1日限りの授業を行っているようでした。
画像16 夜の部「旅するダンボール」上映会。フード協力は、桐生市内のJu the burgerさん。
画像17 華やかな女子スタッフの皆さんが、昼間の店舗業務を終えて駆けつけてくださいました。
画像18 メキシカンアボカドバーガー。めちゃくちゃ美味しかったです!
画像19 ミネストローネスープ。
画像20 上映会はPurveyors初。島津氏ご自身のドキュメンタリーということで、登壇してくださいました。
画像21 終わりには質問にも答えてくださったり、サインにも応じてくださいました。
画像22 帰り際のお客様から、「感動しちゃいました。」「良い夜をありがとうございました」という嬉しいお言葉もありました。いわゆる最近の映画館だけが映画館ではなく、こんなユニークなアットホームな映画館があってもいいのかな、と。
画像23 Carton/島津 冬樹氏 ご自身が制作した商品のPOP UPは〜11/24まで。ダンボールコレクションの写真集は、残りわずか!
画像24 ロングウォレットや、
画像25 カードケース。中には、このダンボールがどこでピックアップされたのかが記されているカードが入っています。
画像26 Beforeが何かわかりますか〜?実物をご覧いただくチャンスなので、ぜひお越しください!
画像27 最後に、島津先生のワークショップ道具を。勝手に撮らせていただきました。
画像28 文房具とか、道具箱とか、どれも素敵だったので。
画像29 旅するダンボールピッカーの私物は、無駄がなくやっぱりベースはダンボールでとてもカッコよかった!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
群馬県桐生市にある、旅とフィールドワークのコンセプトショップ。  http://purveyors2017.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。