noteを消耗せずに楽しむヒント

14

データは見せ方が9割

ブログやテレビ、ニュースにおいて、データって実は数字がどうかはあまり重要ではありません。それよりもどう見せようとしているかの方がはるかに大事です。

逆にこの事を知らないと既にデータに騙されてるかもしれません。

今回はデータがどれだけ脆いものか紹介します。

もっとみる

KDPサロンは入った後より入る前の準備の方が大事

8月3日から始まったKindle Unlimited。

当日に無料体験を初めて週末に読書三昧だった人も多いのかも。

ちょうどその時に情報が入った「KDP研究サロン」

8月3日に日本でも公開された、Amazon Kindleの電子書籍読み放題プラン「Kindle Unlimited」が話題です。

Kindle Direct Publishing(KDP)の仕組みを使って電子書籍出版を行ってい

もっとみる

ロールモデルには賞味期限がある

何か新しいことを始めたとき「ロールモデル」を参考にした人はいるだろうか?

noteだとイケダハヤトさん、はあちゅうさんと応える人が多いと思う。私もその一人。

お二人が2016年2月から2ヶ月限定で開催された「ちゅうハヤサロン」は大盛況。あの2ヶ月は私にとって非常に有意義な2ヶ月になった。

私のように「すぐに登録した!」という人がいて、逆に「いや、必要ない」と入らなかった人も多くいる。しかし「

もっとみる

どんな意見であっても「noteはもっと盛り上げた方がいい」たった1つの理由

2016年2月から始まったnoteブームが始まった時の記事です。

最後にマガジンを購入してくださった方の為に、有料部分に今の本音を語りたいと思います。

===

先ほど上のトークを出しました。ところすぐにスキの反応が!!!!

ちゅうハヤサロンが始まって1週間。初日から入会しましたがすごいエネルギーを感じています。

私が感じたのは・・・()はわたし自身がその時感じたこと

31日:初日で20

もっとみる

マガジンを整理します

この記事は最後まで無料で読めます。

メグルです!

今までの記事とマガジンを見直すことにしました。

これまでnote関連の有料記事をいくつか書いてきました。それをまとめて有料マガジンという形でまとめるとにします。

ブログ未経験者がnoteで消耗せずに楽しむヒント
https://note.mu/ptmitti/m/me74a84b93235

月額は今のところ考えておらず、「買い切り」にしま

もっとみる

note1ヶ月の振り返り~③ブログ未経験者でも自分らしく続けることができた、「6つの工夫」と「実績公開」~

この記事は有料マガジン購読者は無料。単品記事では350円です。

ブログ未経験者がnoteを始めて1ヶ月が経ちました。

数回にわたって1ヶ月の振り返りをしています。

①自分の記事を振り返る(無料)
https://note.mu/ptmitti/n/nd677b2c63272

②noteやサロンを眺めていて感じた1ヶ月の変化(無料)(https://note.mu/ptmitti/n/n

もっとみる

「トーク」「イメージ」と「テキスト」の距離感・読みやすさの違いについて

前回投稿した人生初のエッセイ「四半世紀ぶりの母のプリン」ですが、今までの投稿の中でも多くのスキやコメントを頂きました。

もちろんとても嬉しかったのですが、同時に疑問もあがりました。

エッセイ・写真の方がスキやコメントの方が多いぞ・・・?

目次

1.ダッシュボードからデータを確認してみる

2.読みやすさについて

3.実際に質問してみた

4.学んだこと

もっとみる

わたしのサロンの使い方〜私はサロンで消耗してません!むしろ充実しています!〜

この記事は有料マガジン購読者は無料。単品記事では250円にしています。

ララムリ武蔵さんの記事に対して私なりに考えてみました。

記事を読んでごもっともと感じました。

基本的に成功するための武蔵さんの言うところに集約されていると思います。多分どのサロンも本質的には同じ事が言われていると思います。

それでもあえてサロンで学ぶことについて、そして「サロンで消耗していませんよ」という記事を書いてみ

もっとみる

「こんな内容なら出さないほうがいいんじゃないか・・・?」と思わなくても大丈夫!

メグルです!

noteを始めた頃、悩んでいたことがあります。

・記事を書いていたら他の人に先を越されてしまった・・・
・有名な人が似たようなことを書いているのに、自分も書く意味があるのだろうか?

しかしあることがきっかけで「こんな内容でも、出さないより出したほうがいいんだ!」と思える貴重な体験を得ることができました。

出すと「出す前には考えてもいなかった新たな価値」を得ることができます。

もっとみる